FC2ブログ

宇北洋一「人・妻・中・毒 五人のデパートガール」

宇北洋一「人・妻・中・毒 五人のデパートガール」(フランス書院文庫、2006年11月)

ネタバレ有り。御注意下さい。

【あらすじ】

憧れの隣人・有沙子を頼りデパートへ就職した郁也だが、初日からウブな反応を見せる彼に有沙子は女性の扱いに慣れさせようと人妻たちに彼を誘惑するように頼み、エッチな戯れはしても本番はという彼の固い意志を知り、抱かれようと決意をする。

【登場人物】

高梨郁也
23歳。有沙子の隣人で彼女を慕い、都内の中堅デパートに入社した。中学生の時に家庭教師をしていた有沙子に興奮し、遺精してしまったのがトラウマになって女性恐怖症になっている。童貞。

山城有沙子
38歳。夫と娘がおり、貞淑でグラマラスな体型の女性。郁也の配属された管理部門の課長で彼が入社すると知り、自分の元へ呼び寄せた。郁也の女性コンプレックスを治そうとデパート内の女性たちに彼を誘惑して慣れさせようと考える。

新山洋子
27歳。1階の化粧品売り場を担当。昨年ひとり娘を産んだばかりだが、独身時代はかなり浮き名を流していたらしく、妖艶な雰囲気を漂わせている。

益岡由紀恵
35歳。ランジェリーショップの店長。漆黒でウェーブ掛かった髪を肩に垂らし、長身でスタイルの良い女性。夫と2人の子供が居り、小学校に上がったばかりの息子が成長した姿を郁也に重ね、「ママさん」と呼ばせている。有沙子と同じ位の巨乳。

北村弥生
29歳。デパートの受付嬢。5つ年上の夫とは暫くご無沙汰気味で、有沙子からの申し出に渡りに船とばかりに郁也を誘惑する。

渡部絵梨香
31歳。フィットネスショップの店長で、痩身器具の実践販売をする為、タンクトップとホットパンツという露出の多い服装でいる事が多く、有沙子に度々注意を受けている。5歳下の夫が居るが子供は居ない。

【展開】

入社初日に早めに出勤して来た郁也は屈んだ姿勢で落とし物を探す有沙子のヒップに興奮し、勃起に気付いた彼女から優しく手コキで射精に導かれると、デパートの職場の女性から誘惑されても怖がらないでと告げられます。

挨拶回りで化粧品売り場へやって来た郁也を見掛けた洋子は新作の口紅をチェックして欲しいと彼の指をリップに触れさせ挑発し倉庫へ誘うと、ファーストキスを奪われ裸になった体を郁也に密着させながら手で射精させます。

下着を万引きした女子高生を見掛け本能的に追い掛けた郁也が逆に万引き犯に開き直られ窮地に陥っていたのを助けた由紀恵は閉店後の店へ誘い、息子に扮した郁也を胸の谷間に跨がらさせてパイズリ射精に導きます。

有沙子の頼みで郁也を誘惑する事を受け入れた弥生はある日、迷子の扱いに戸惑う彼に近付きスカートの奥をちら付かせ、駐車場に停めている車の中で誘惑するも本番は出来ないという彼の意思を尊重してシックスナインで相互絶頂に至ります。

有沙子から絵梨香の服装を改めるように注意するよう頼まれた郁也は、あっさりと承諾した彼女から年下の夫が浮気したので見返したいと求められ互いにオナニーを見せ合いますが、その後で実は有沙子から依頼されたと打ち明けられ彼女に告白するようにアドバイスします。

郁也が人妻たちと関係しているとの噂を聞き、自分で仕組んだ事とは言え次第に落ち着かない気持ちになった有沙子はある晩普段はしないオナニーに浸ってしまい、彼への想いの強さを意識します。

翌朝早めに出勤するように命じやって来た郁也から自分への想いを聞いて感激した有沙子はここで抱いて欲しいと告げ、後背位で交わりすぐに彼は達してしまいますが、自分が童貞を卒業させたのだと喜びに浸ります。

【レビュー】

本作が出版された当時のフランス書院文庫は凌辱や調教ではない作風でかつヒロインが多く登場する作品だと個々の攻略がメインで、ハーレム描写が有ったとしても最後にほんのおまけ程度だった事が多かったように感じます。

本作は主人公が本命の有沙子と結ばれるまでの物語で、他の4人とは有沙子が予め頼んでいたのも有ってエッチな戯れと射精は有るものの、本番ありきの読者に取っては終盤まで「お預け」のままで焦れったいかもしれません。

テーマが女性恐怖症の主人公が女性を一人前に扱えるようになるまでの成長物語と捉えれば決して悪い流れでは無いのですが、有沙子と関係を結んでその先は…を見せればより濃厚な話になったかもしれず勿体無い気がします。

人妻と付くだけにヒロイン全員に夫が居り、それぞれに郁也と火遊び程度に関係を持ちますが、夫に不満を抱きつつも夫婦生活を破綻させる考えまでに至らないのは、いかにも当時の誘惑作品らしい気がします。

しかしこの作風は2006年まで黒本で多数出版されていた大ベテラン作家の作風と酷似しているように思えますが、あまり深読みはしない方が良いかもしれませんね…。
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

人・妻・中・毒-五人のデパートガール(著:宇北洋一、フランス書院文庫)

2006/11/22 発売 人・妻・中・毒-五人のデパートガール著:宇北洋一、フランス書院文庫 → Amazonはコチラから。 → Kindle版はコチラから。 → ハイブリッド書店【honto】はコチラ。〈電子書籍〉 → ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉 → 総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。 「郁也君の×××、私がいただいてもいいかしら?」 白い指...

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR