FC2ブログ

河里一伸「浴衣の熟妻【混浴】」

河里一伸「浴衣の熟妻【混浴】」(フランス書院文庫、2011年3月、表紙イラスト:松原健治)

ネタバレ有り。御注意下さい。

【あらすじ】

骨折して足を痛めた淳也は、兄嫁の沙緒里の友人である佳苗が若女将を務める温泉旅館で厄介になる事に。閑散とした旅館に泊まっていた英梨と初体験を迎えたのをきっかけに、佳苗や沙緒里とも関係を結ぶ事に。

【登場人物】

平野淳也
20歳。大学生で両親は海外赴任で不在。バイクで転倒事故に遭い骨折して痛めた足の療養で沙緒里に連れられ、佳苗が若女将を務める温泉旅館へやって来た。沙緒里に強い想いを寄せている。童貞。

平野沙緒里
27歳。淳也と8つ離れた兄と結婚し鹿児島へ赴任した為後を追うつもりでいたが、怪我した淳也の為に予定を遅らせて看護していた。スレンダーな美人で夫と強く結び付いているせいか、淳也の想いに全く気付いていない。

佐藤佳苗
35歳。沙緒里の友人。温泉旅館で板前に就いている夫は結核にかかり、長期療養を余儀無くされている為、現在は姑と旅館を営むが開店休業状態。鍼灸マッサージの資格を持っており、おしとやかで和装のよく似合う女性。

矢作英梨
29歳。佳苗の旅館に先に宿泊していた女性。以前勤めていた職場で知り合った男性と結婚したが、出向先の若い社員との浮気を知り出奔した。浴衣の上からはっきりと膨らみが分かる程豊かなバストを持ち、童貞の淳也をあからさまに誘惑する。

【展開】

佳苗の旅館に着き露骨に誘惑して来る英梨と知り合った淳也は先に露天風呂に入浴していた彼女の裸に反応し勃起したのを知られ、口や胸を使って2回精を放った後騎乗位で交わり初体験を果たします。

日課の佳苗のマッサージを受けた淳也は不意に英梨との初体験を佳苗に置き換え妄想し、タオル越しに勃起した逸物を見た彼女は動揺して転倒しそうになり、淳也に支えられると抱いて欲しいと求め体位を変えて何度も交わります。

相次いで2人と関係を持った罪悪感からぎこちない態度の義弟に不審を抱いた沙緒里は佳苗と英梨に連れられて散策に出た淳也の後を追うと、森の中で交互に2人を貫く姿を目の当たりにして動揺し部屋へ逃げ帰ります。
それに気付いた淳也は仕組まれたと知るも佳苗たちから悪い結果にはならないからと告げられ部屋で待っていると、暫くして遠慮がちにやって来た沙緒里から一度だけ抱いて欲しいと求められ何度も抱く事になります。

ところが関係を持つ前よりよそよそしくなった沙緒里に疑問を抱いた淳也が問い質すと、夫が予定を早めて戻って来ると連絡が有り自宅に帰ると告げられます。
帰宅を決めた淳也は露天風呂に入っていると彼女からもう一度だけと露天風呂へやって来て体を求められ、それに合わせるかのように佳苗や英梨も雪崩れ込み4Pになります。

夏休みに佳苗に誘われ旅館を訪れた淳也は、そこで沙緒里や英梨も待ち受けているのを知り、夫に満足出来ずに欲求不満の3人と代わる代わる繋がる事になります。

【レビュー】

黒本4作目となり2作目の 「未亡人女将の宿【陶酔】」 に続く温泉旅館作品になりますが、本作ではヒロイン全員を人妻の設定にしたのが大きな違いです。

しかしヒロインとウブな青年の年齢差を意識し過ぎたのか、人妻たちは性に淡白な夫とは違って逞しい主人公の逸物にだけ惚れているように読み取れますし、セックスに至る描写も頻繁に趣向を変えたりする割にはヒロインの反応はワンパターンです。

人物の背景や舞台設定に苦心したのか説明に頁を割いている割には肝心の官能描写では既に夫婦仲は冷え込んでいる英梨はともかく、夫に対する愛は貫くけれどセックスは主人公にベタ惚れという沙緒里や佳苗の部分はやや理解に苦しく感じました。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR