FC2ブログ

東雲理人「60日間同居人 未亡人母と隣のお姉さん」

東雲理人「60日間同居人 未亡人母と隣のお姉さん」(フランス書院文庫、2009年5月、表紙イラスト:川島健太郎)

ネタバレ有り。御注意下さい。

【あらすじ】

実母の佳乃と2人で暮らす真琴は、ある日従姉の舞夏から告白され初体験を迎える。それに気付いた佳乃もその晩に関係を結んでしまい、舞夏との関係を大事にしたい真琴は悩みつつも母親との関係も続けてしまう。

【登場人物】

宮内真琴
14歳。童貞。母の佳乃と2人暮らし。小柄で未発達な体つきと精神的な幼さから小学生に見られる事も有り、本人もそれを気にしている。

宮内佳乃
33歳。真琴の実母で夫を10年前に亡くした。現在は絵本作家で生計を立てている。天然でマイペースな性格の持ち主。

桐条舞夏
24歳。佳乃の兄の娘(姪)で真琴の従姉に当たり、真琴の通う中学校でクラス担任を勤める教師。佳乃・真琴母子の自宅のそばのマンションに独り暮らし。元々過保護に育てられた為世間の事情に疎く、母子が足しげく通い面倒を見ている。処女。

【展開】

舞夏の家を訪れた真琴は、帰りのコンビニで彼女に似たグラビアアイドルが写った青年雑誌を見掛け立ち読みしていた所を佳乃に見付かります。その晩に入浴していた真琴は後から入って来た佳乃の裸体に思わず勃起しますが、佳乃は優しく奉仕し何度も精を放たせます。

ある日舞夏と共に買い物へ出掛けた真琴はその晩に彼女に預けられる事となり、舞夏は添え寝する真琴の様子に気付くと告白し結ばれます。翌日息子が姪と結ばれたのを知り満足した佳乃は、自宅に真琴を連れ帰ると積極的に誘惑し関係を持ちます。

互いに知られないように苦労しながらも母や従姉と関係を続ける真琴は夏休みに彼女たちと旅行へ出掛けたその晩に、舞夏の振りをして夜這いを掛ける佳乃やその情交を見てしまった舞夏と相次いでアナル性交に至ります。

翌日露骨な程の取り合いになる2人にヒヤヒヤする真琴ですが、佳乃に隠れて舞夏とセックスしていたつもりが途中で佳乃が現れて動揺します。しかし舞夏の取りなしで佳乃も仲間に加える事を提案され、その晩に寝室で3Pに至ります。

【レビュー】

「誘惑第四世代」と銘打たれ、神瀬知巳さんの推奨文を付けられた東雲理人さんのデビュー作品です。始めて読んだ時にはその甘過ぎる作風に、時代の変化を感じたものでした。

私はあまりラノベを読んだ事が無いので確証は有りませんが、この作品は何かしらのラノベ作品の影響を受けたのかなと推測します。全体的に受けるテンポの良さの割りに、何処か引っ掛かりを感じる文体に正直読みづらさを感じました。

天然で奔放という言葉が似合う実母の佳乃に、終始文語体で丁寧語の口調の従姉の舞夏の2人の癖の強さに読んでいてどうしても引き摺られてしまうし、
主人公の真琴に付いても甘えん坊の反面、暴走しがちの2人に強烈な突っ込みを入れたりとどうしたいのかよく分からず、中途半端な立ち位置に終わった感じがしました。

それぞれのキャラクター設定は既に巽飛呂彦さんを始めとする作家さんで描かれていて別に目新しさは無いけれど、何でも取り込んでおこうというデビュー作品ならではのごった煮感が却って悪い方向に出たように思います。

肝心の情交場面に付いては一通りこなしておりヒロイン2人の個性を活かしたやりとりに始めは多少の目新しさが有った筈なのに、次第に気障りに感じてしまいました。随所に盛り込まれたギャグがよく理解出来ず、そこは私の勉強不足の一言ですが、度を超した多用も考え物ではと思います。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR