FC2ブログ

弓月誠「僕だけの若未亡人 憧れの女は管理人」

弓月誠「僕だけの若未亡人 憧れの女は管理人」(フランス書院文庫、2011年6月、表紙イラスト:川島健太郎)

ネタバレ有り。御注意下さい。

【あらすじ】

優柔不断が取り柄の苦学生の祐二は下宿先の管理人・文絵と相思相愛だが言い出せずにいる中、そこへ後輩の恵理香も絡み悩ましい下宿生活を続けている。

【登場人物】

笠井祐二
22歳。大学4年生だが就職先が内定しておらず苦労している。文絵の亡き夫が祐二の父の元部下という関係から下宿させて貰っている。文絵に恋愛感情を抱いているが、恵理香の誘惑を撥ね付けられないなど優柔不断を絵に描いたような青年。

緒川文絵
29歳。学生向けの下宿を営んでいるが、現在祐二の他に学生は居ない。5年前に夫と死別している。祐二に好意を抱いており、時々祐二を訪ねて来る恵理香を見掛けるとあからさまに拗ねてご飯をお茶漬けにするなど可愛らしい面も。

川嶋恵理香
20歳。祐二と同じゼミに所属する1年下の後輩。父親は会社を複数経営しており、いわゆるお嬢様。明らかに祐二に好意を抱いているのだが本人は気付かない。祐二が文絵に恋心を抱いているのを知りつつ、二人の関係に進展が無いと見るや積極的に誘惑してくる。

【レビュー】

本作の内訳は第1章は恵理香と文絵それぞれの口唇愛撫、第2章は文絵の手コキと恵理香とのペッティング、第3章は文絵との初体験、第4章は恵理香の処女喪失、第5章では文絵とめでたくゴールインとなります。

未亡人で有る管理人と相思相愛なのに互いになかなか踏み出せずもどかしい想いをする物語は何処かで聞いたような話ですが、恐らくその作品のオマージュでしょう。
文絵は亡き夫との操を立てつつも何処かで祐二への想いを成就させようとしています。泥酔した祐二のを口唇愛撫する位なら…と思いますがもどかしいものです。

恵理香は一見するとお邪魔虫のように見えますが、初めてはムードの有る場所で祐二とと決める辺りなかなかの意地らしさが有ります。後半で祐二にフラれてしまいますが、それでも文絵と祐二それぞれに降りかかる難題を父の力で解決してあげるなど良い人っぷりを見せています。

祐二は弓月作品お馴染みの優柔不断な主人公です。本作以降主人公の年齢がぐっと上がって青年が多くなりますが、個人的には年齢が上がるとその駄目っぷりに笑えなかったりするのですが…。

本作のラストで文絵には女の幸せの一つと言える出来事が有ります。個人的には高校生主人公では無責任と言わざるを得ませんが、青年なら許される話でしょう。弓月作品では初となりますが、そこは察して頂ければと。

恵理香の時にも述べましたが、祐二と文絵に降りかかる難題は結局恵理香が父の力を借りて解決してあげます。但し無償という訳では無く、恵理香が社会人になった祐二の送り迎えをするのが条件です。
果たして彼女は単に良い人なのか、それとも実はしたたかだったのかこのラストは色々と想像を逞しくさせています。
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

僕だけの若未亡人-憧れの彼女は管理人(著:弓月誠、フランス書院文庫)

今回もトラックバックさせていただいてまーす。よろしくお願い致しまーす。 僕だけの若未亡人 憧れの彼女(ひと)は管理人 (フランス書院文庫)(2011/06/23)弓月 誠商品詳細を見る ★★★★★ 可愛い嫉妬が胸キュンなラヴコメ全開作品, 2012/8/27 一言で申せばラヴコメ。それも思いっきり全開なラヴコメである。プロローグの9頁で舞台設定から人物相関、管理人のメインヒ...

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR