FC2ブログ

巽飛呂彦「隣人【二組の母娘】」

巽飛呂彦「隣人【二組の母娘】」(フランス書院文庫、2011年1月)

ネタバレ有り。御注意下さい。

【あらすじ】

幼馴染みの遥やクラスメイトの香菜と賑やかな毎日を過ごす侑斗は、香菜の自宅に泊まった晩に彼女たちの母親同士のレズプレイを目撃し、2人と関係を持ってしまう。娘たちの想いを知った母親たちは、侑斗と結ばれるように手筈を整えるが…。

【登場人物】

神山侑斗
17歳で高校2年生。母親は侑斗を産んで間も無く亡くなっている。父親が仕事で不在がちの為、近所に住む御崎家に預けられる事が多かった。童貞。

御崎遥
侑斗と同い年で快活な少女。成績優秀で剣道部主将も勤めている。Cカップの処女。侑斗に想いを寄せる香菜とくっ付けようとあれこれ口うるさい所がある。

御崎知夏
36歳。遥の母親で侑斗の乳母代わりの女性。夫は遥が産んで間も無く家に寄り付かずに離婚した。美菜子とは中学・高校と同級生だった。現在は個人トレーダーで生計を立てている。男勝りの性格と容姿でスレンダーながらもEカップと魅力的な肢体。

渡瀬香菜
侑斗や遥と同い年のクラスメイト。引っ込み思案で大人しくイジメの対象になりかけた所を2人に助けて貰っている。母親の美菜子同様、年齢にしてはEカップと巨乳。処女。

渡瀬美菜子
36歳。香菜の母親。知夏とはレズカップルの関係に有った。夫は香菜を産んで間も無く亡くなっている。おっとりとしてやや間延びした口調で話すが、海外の医学技術の専門書の翻訳をこなす才媛。Hカップ。

【展開】

遥や香菜と共に渡瀬家に向かった侑斗たちは美菜子や知夏の提案で泊まる事になり、その晩浴室で侑斗が母2人のレズシーンを見たのをきっかけに知夏、美菜子と相次いで結ばれ、娘たちの想いを知っている2人は娘たちと侑斗との仲を取り持ちます。
香菜は自宅で母親に手解きされながらスンナリと結ばれたのに対し、遥は道場でやや強引ながらも侑斗と結ばれたものの、知夏も関係にあるのを知らない遥はある日2人が自宅でセックスに及ぶのを見てしまい一悶着になります。
渡瀬家に身を寄せ香菜と一緒に侑斗に抱かれた遥は取り敢えず自宅に戻り、母親との仲直りを願う彼の命令で寝室で知夏と相互レズをする内に邂逅し、2人で侑斗に奉仕します。
一方図書室で侑斗に抱かれた香菜は、自分の居ない所で他の3人を抱くのは耐えられないと母娘4人で交わりを持つ事を提案し、ある日ホテルの一室で壮大な5Pプレイを繰り広げます。

【レビュー】

タイトルは「隣人」なのに、実は侑斗やそれぞれの母娘は隣に住んでいる訳ではなく、単に比喩で用いただけか、或いは「両隣」とダブるのを避けつつタイトルはそのまま残ったのかなと思われます。

母親も娘も互いに友人同士、全員が侑斗を想う気持ちから知夏と遥の一件を除けば特に揉める事も無く、比較的穏やかな展開ながらも母親同士、娘同士、そして母娘とバリエーション豊かですが、それにより官能描写が薄まる訳では無く良いバランスだと感じます。

作品内では知夏と美菜子、知夏と遥とのレズビアンの相互愛撫のシーンに結構ページを割いていますが、主人公そっちのけとまでにはいかずあくまでも演出の1つとして使われており、なかなか良かったと思います。

少し気になったのは、知夏は主人公の乳母代わりなのに対し、美菜子はあまり関わりを示す描写が無かったので何かエピソードが有れば良かったのかもしれません。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR