FC2ブログ

弓月誠「【甘密】下町三人娘」

弓月誠「【甘密】下町三人娘」(フランス書院文庫、2010年5月、表紙イラスト:山本重也)

ネタバレ有り。御注意下さい。

【あらすじ】
地元商店街で人気の幼なじみ・春美に恋する真治。そんな中で勝ち気なお姉さんの玲香や頑なな態度を取る理由を知った葉子と立て続けに関係を持ってしまう。

【登場人物】
中西真治
17歳。高校生で隣人の春美に対し、姉のように憧れている。

日向春美
23歳。真治の隣人で弟のように思っている。地元の信用金庫で窓口を担当。商店街では根強いファンが居る程の美人だが、やや抜けた所も有る天然系。その一方でお堅い所も有るので男性経験が無い。

仁科玲香
19歳。小学生の時にこの下町に越して来た。春美と町内で人気を二分する程の美人で、モデルの仕事をする活発なじゃじゃ馬娘。真治が春美を好きな事を知りつつ、積極的にアタックする。Fカップ。

南條葉子
26歳。証券会社のトレーダーと言いつつ実は失業し、商店街から離れたスーパーでレジ打ちのアルバイトをしている。気位が高く商店街では敬遠されているクールビューティー。3人の中で最も豊かなバストの持ち主。

【レビュー】
本作の内訳は第1章は玲香との初体験で童貞喪失、第2章では葉子に脅されての情事、第3章では葉子との関係が発覚し一悶着も春美からお口とおっぱいでの前戯、
第4章は玲香と葉子の3Pから乱入して来た春美も交えるが喧嘩別れ、第5章は春美と仲直りで処女喪失という流れです。

春美は真治の想い人ですが、出だしの天然過ぎる登場と思い込みの激しさにどうしても感情移入しづらいヒロインでした。かなりの焼きもち焼きの持ち主でも有りますので、そこが可愛らしいとも言えます。

玲香はしつこいようですが、弓月作品における典型的なアンチヒロインです。真治の事が好きで猛烈にアタックしますが、本人の気持ちが春美に有るのを知って身を引いてしまいます。

葉子はそんなアンチヒロインがもう1人増えた感じですが、初めはとりつく島の無い位真治たちにきつく当たります。彼女の事情を知るに付け納得は出来るのですが、玲香の良い人ぶりに比べるとどうしても負けてしまいます。

本作もラブコメというか非常に緩い物語です。そう思って読むと微笑ましい場面も有るでしょうが、全体的に物語として読むのには突っ込み所は多いです。
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

甘蜜-下町三人娘(著:弓月誠、フランス書院文庫)

甘蜜-下町三人娘(2010/5/24) → Amazonはコチラから。 → ハイブリッド書店【honto】はコチラ。 僕が住む町には男の目を釘付けにする三人の美女がいる。 勝ち気なくせに甘えん坊のFカップ、19歳のじゃじゃ馬娘。 子供の頃から憧れていた隣りのお姉さん、23歳の純潔娘。 頑なな態度の裏に寂しがり屋の躯を隠す26歳の生意気娘。 三つの女肉に誘われて、真治はオトナの階...

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR