FC2ブログ

本藤悠「三人の女英語教師と僕【プライベート・レッスン】」

本藤悠「三人の女英語教師と僕【プライベート・レッスン】」(フランス書院文庫、2013年8月)

ネタバレ有り。御注意下さい。

【あらすじ】

英語の成績不振に悩む貴史の為に母親の教え子2人の女教師がレッスンする事になったが、重度のマザコンを知った麻美が貴史と関係を持ち、不審に思った早智枝や典子とも相次いで関係を持つ事になる。

【登場人物】

木場貴史
18歳。大学受験に失敗した浪人生。母親の典子に強い憧れを持ち、中学生の頃から下着を使ってオナニーしている。

木場典子
39歳。貴史の実母で公立高校の英語教師。学生結婚したが、恋人を交通事故で失ない1人で息子を育てて来た。ロングヘアで若々しく上品なイメージの女性。Fカップ。

杉下早智枝
30歳。貴史の通う予備校の英語講師。セミロングのストレートヘアに日本人離れした顔立ちで、生徒からも人気が有る。Eカップ。
典子の教え子の1人で、自分を不登校から救い出してくれた恩師の1人息子の為にと貴史の勉強の面倒を見る事になった。

水島麻美
23歳。貴史が高3の時の副担任で英語教師。清純でキュートな印象の知的な女性。トップ86cmのDカップ。処女。
早智枝と同様に典子の教え子という事から、貴史の勉強の面倒を見る事になった。

【展開】

貴史の成績不振で四者面談をした後に彼が自室で母親の下着に何度も精を放つのを見た麻美は、夜の学校に彼を呼び出し悩みを聞くと互いに初体験へ至ります。
翌朝自分の下着に悪戯されていないのを不審に感じた典子は早智枝に依頼し貴史を追わせると、学校で情事に及ぶ麻美を見付けます。
まだ経験の少ない麻美にレクチャーしながら自分も関係を持った早智枝は、2回目の面談の折に典子を挑発し、母子相姦になるように仕掛けます。
相思相愛で貴史と結ばれた典子は、同じ教え「子」だからという理由で麻美や早智枝との関係も認め、3人で貴史に過激なプライベートレッスンを施します。

【レビュー】

貴史と典子の近親相姦をベースにおきながら、典子からすれば麻美や早智枝は可愛い教え「子」で有り、母娘丼のような要素を含ませています。

毎日のように息子が自分の下着を持ち出して精を放つ事を黙認するけれど自分からは仕掛けられない典子、同じように真面目な貴史に取っては、
麻美や早智枝の後押しが無ければ関係を築けなかったのだと思いますし、2人の女教師から見ると「母」や「弟」に当たる母子への愛情が窺えます。

いつもの様にヒロインがやや暴走気味に盛り上がってしまうのはお約束なのですが、根底を支えるストーリー性が作品を重ねる度に良くなって来ているのを感じます。
関連記事

コメント

非公開コメント

タイトルは『女英語教師』

DSKです。

本作のメインタイトルは『三人の女英語教師と僕』ですね。
http://www.amazon.co.jp/dp/482961949X/

追記

DSKです。
何度もスミマセン。

下記に同じ作品の記事が見受けられます。
ダブっているようですが……。
http://ryun5969.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

Re: 追記

>DSKさん
ご指摘頂きまして有り難うございます。
新しい記事を残し、下記エントリーは削除致しました。
お返事が遅くなりまして申し訳ありませんでした。

> DSKです。
> 何度もスミマセン。
>
> 下記に同じ作品の記事が見受けられます。
> ダブっているようですが……。
> http://ryun5969.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR