FC2ブログ

上原稜「【初体験指導】四人の女教師」

上原稜「【初体験指導】四人の女教師」
(フランス書院文庫、2013年6月、表紙イラスト:新井田孝)

ネタバレ有り。御注意下さい。

【あらすじ】

付き合い始めたクラスメイトから手コキされただけで、あっという間に果ててしまった修太郎。
部活の顧問教師の純と初体験をした彼は、相次いで兄嫁や新米教師、義母と関係に及ぶ。

【登場人物】

皆川修太郎
17歳。高校2年生で陸上部に所属。母を亡くし、父は亜紀と再婚して間も無く海外赴任した為、彼女とはしっくりいっていない。

倉林純
27歳。体育教師で陸上部の顧問。仁美とは同級生で仲が良い。カマを掛けると直ぐにバレてしまう素直な性格。ショートカットに日焼けした肌、伸びやかな肢体。Fカップ。

皆川仁美
27歳。修太郎の兄の妻だが、仕事人間ですれ違いの生活が続いている。栗色の髪にクールな雰囲気を漂わせる英語教師。気さくで生徒から人気が有る。Gカップ。

金松理恵
22歳。国語教師だが日米のハーフで彫りの深い顔立ちだが、それにコンプレックスを感じ、瞳や髪の色を変えて清楚に見せている。大学生の時に付き合っていた彼が居た。Hカップ。

皆川亜紀
39歳。修太郎の父の後妻で学年主任。公私区別無く自他共に厳しい性格だが、なかなか打ち解けない修太郎の様子に心を砕いている。Iカップ。

【展開】

クラスメイトに告白され手コキだけであっさり終わった修太郎は純に相談すると、ゴム付きながらもセックスレッスンをしてくれます。
修太郎と親しげな純の様子に不審を抱いた仁美は彼女にカマを掛けて事情を知ると、修太郎を保健室に呼び出し純の代わりだと告げ中出しまで許してしまいます。
レッスンをするなら徹底的にと考えた仁美は理恵を標的に定め、傷心の修太郎を慰める口実で彼女にデートをさせてラブホテルで関係を持たせます。
休み時間にイチャイチャする修太郎と教師3人の様子に不審を抱いた亜紀は純を問い詰め、彼を教室に呼び自分が代わりに慰めてあげると告げ結ばれます。
しかし修太郎が部活をサボって一日中純や仁美とセックス三昧なのを知った亜紀は、理恵と組んで母子で面接の練習と言いつつ3Pに及び対抗します。
修太郎がクラスメイトとエッチに及ぶのを知り失恋したと早とちりした4人は純の部屋でやけ酒をあおりますが、彼女とは別れたという修太郎が現れると5Pで乱交に至ります。

【レビュー】

4人の女教師が出るという点で作者の既刊で有る「僕と四人の女教師 未亡人・人妻・独身・新任先生 」をベースにしているのだと思います。

勿論違いも有り、序盤で修太郎に手コキするクラスメイトは相当な遊び人で評判は芳しくないという逆補正を付け、彼にまとわり付く悪い女とさせています。
純と仁美の暴走っぷりはかなりのもので理恵や亜紀を巻き込みますが、相変わらずの主人公の絶倫っぷりにだけ惚れたように見えます。
仁美は兄嫁、亜紀は義母ですが相姦云々の欠片も感じませんし、他の2人に付いても主人公に惹かれるようなエピソードが用意されていません。

本作を年上女性たちの暴走っぷりを描いたラブコメディと捉えるならそれも有りかもしれませんが、個人的には単にエロければそれで良いのかという疑問は有ります。
主人公が絶倫でメリハリも無くひたすら性描写を延々と並べるだけでは、流石に何処が見せ場なのか良く分かりません。
関連記事

tag : 高校生主人公 童貞 母娘丼

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR