FC2ブログ

巽飛呂彦「クラスメイトの美母娘」

巽飛呂彦「クラスメイトの美母娘」(フランス書院文庫、2013年2月)

ネタバレ有り。御注意下さい。

【あらすじ】

ある日春樹の部屋の隣に越して来たのは元アイドルの母だった。更にクラスメイトになった彼女の娘は現役アイドルで、2人と親密な関係になってしまう。

【登場人物】

有田春樹
16歳。ごく普通でありふれた高校1年生。童貞。

松江怜奈
36歳。元アイドルで一般男性と結婚したが、性格の不一致から離婚した。法律事務所に勤めている。ロングヘアで柔らかな雰囲気の女性。Eカップ。

松江由理菜
16歳。高校1年生。売り出し中のアイドルユニットに所属し、ロングヘアで意志の強い目付きをしたCカップ。処女。

【展開】

引っ越し初日に春樹を業者と勘違いした事から、彼は母娘と知り合う事に。
偶然飛んで来た下着を拾った春樹が怜奈に届けようと部屋に入った時にバスタオル姿の彼女と鉢合わせになり、そこからセックスに至ります。
頻繁に密会するようになった春樹は怜奈にアイドル時代の衣装でコスプレエッチさせるも、2人と鉢合わせになり衝動的に由里菜が家を飛び出してしまいます。
由里菜の想いを知った春樹は、怜奈の立ち会いで彼女の処女を頂き、由里菜とも学校で関係を持つようになります。
由里菜との関係を知り自分の事は棚に上げつつ、娘に節度を持った付き合いを告げる怜奈と、負けじと反論する由里菜は仲直りし春樹を共有する事に決めます。

【レビュー】

今時と思える設定要素を含めたアイドルの母娘丼を題材にした作品です。
始めは母親の怜奈、中盤は娘の由里菜、終盤は母娘でとバランス良く纏まっており、誘惑作品とはこういうものという教科書的な作りになっています。

怜奈は36歳という年齢の割には言動に若々し過ぎる感も有りますが、娘との交際も認めつつ自分の事を棚に上げて節度の有る付き合いをしなさいと言うのは可愛らしさを感じます。

由里菜は怜奈と春樹の付き合いを知り、母親の幸せを願う気持ちと嫉妬の感情が絡み合い、自分も春樹が好きなのに気付く流れは良かったと思います。

【トラックバック】

本作品に付いてのDSKさんの紹介記事はこちらからどうぞ。

DSKの官能レビュー整理箱 クラスメイトの美母娘(著:巽飛呂彦、フランス書院文庫)

【関連作品】

暫く誘惑作品が続いていた巽飛呂彦さんの次作品は凌辱作品になります。紹介記事はこちらからどうぞ。

巽飛呂彦「魔獄弓道場 引き裂かれた胴衣 」
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR