FC2ブログ

上原稜「僕と四人の女教師 未亡人・人妻・独身・新任先生 」

上原稜「僕と四人の女教師 未亡人・人妻・独身・新任先生」
(フランス書院文庫、2008年12月、表紙イラスト:小玉英章)

ネタバレ有り。御注意下さい。

【あらすじ】

隣人の桜子に想いを寄せる一樹は彼女の弱い面を知り関係を結ぶが、彼の周辺にいた他の女教師とも相次いで関係を持つ事に。

【登場人物】

篠原一樹
16歳。高校1年生だが、陸上部で短距離走の有力選手に挙げられている。両親は海外赴任により独り暮らし。童貞。

樋口桜子
27歳。一樹の隣に住む現代文担当の教師。女子大生を思わせる若々しさに慈愛に満ちた美貌を持つ。3年前に夫と結婚したが、単身赴任の為別居生活が続いている。100cmを超えるバストの持ち主。

立花夏紀
27歳。女子陸上部の顧問教師。一樹より背が高く、ショートカットが似合うシャープな体型の女性。桜子とは幼馴染み。独身で男性経験は有る。

遠野紫織
36歳。学年主任。セミロングの髪に銀縁眼鏡をしていて厳格な性格の女性。一樹の母親の妹で夫を病気で亡くしている。小玉スイカ位の豊かなバストの持ち主。

吉野阿耶香
24歳。中途採用で赴任して来た新任教師。日英のハーフで瑠璃色の瞳に金髪と目立つ容貌。一樹と幼馴染み。処女。

【展開】

一樹の汗の臭いが染み付いたウェアをオカズに自慰に浸る桜子の様子を覗いて興奮し寝不足の一樹は、異変に気付いた夏紀に倉庫でフェラチオされ立て続けに射精に導かれます。
その帰りに電話で夫と口論する桜子と出会い彼女の部屋に連れ込まれ結ばれますが、彼女は初体験で熱を上げているだけだと諭し彼の告白を拒絶します。
彼女にフラれたと誤解した一樹は押し掛け同居生活を始めた亜耶香や、叔母の紫織、2人との3Pを知った夏紀から相次いで誘惑され関係を結びます。
一樹を見かねた夏紀はラブホテルに連れ込むと見せかけて後を追って来た桜子に本音を言わせる事に成功し、2人で代わる代わる一樹に貫かれます。
一樹に想いを寄せる4人は彼の自宅に集まり、桜子との純愛を貫けるか試すという口実で5Pに至ります。

【レビュー】

人妻で隣人、独身の顧問教師、未亡人叔母、幼馴染みの処女とそれぞれに年齢や趣向も違う4人の女教師が、主人公との複雑な関係を踏まえつつ結ばれます。

夏紀は桜子と幼馴染みという関係を踏まえて自ら積極的に動く役割を演じ、主人公や他のヒロインのお尻に手を出すなどノリノリな一方で、
いざ自分が一樹を受け入れる時になると柄にも無く恥じるリアクションが可愛らしく感じました。

幼馴染みで主人公に処女を捧げる亜耶香と叔母の紫織に付いては後付けの印象が強く、夏紀の存在も含めてメインの桜子は喰われてしまった感が有ります。

ヒロイン多数の作品は、個別に攻略→3P→全員でハーレムとなってしまうお約束の展開になるのは否めませんが、
それでも主人公が本命の桜子を選ぶという結論に導いたのは好感が持てます。
関連記事

tag : 童貞 高校生主人公 処女

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

僕と四人の女教師-未亡人・人妻・独身・新任先生(著:上原稜、フランス書院文庫)

2008/12/22 発売 → Amazonはコチラから。 → Kindle版はコチラから。 → ハイブリッド書店【honto】はコチラ。<電子書籍> 「だって先生も君とセックスしたかったから…」 清らかなブラウスを脱ぎ、肢体を見せつける女教師。 白いふとももの奥には、憧れ続けた大人への扉が! 二人きりの教室で続く年上マン・ツゥ・マン指導。 秘密に気づいた同僚女教師たちまで...

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR