FC2ブログ

青橋由高「暗殺(アサシン)メイドはメロメロです」

青橋由高「暗殺(アサシン)メイドはメロメロです」(フランス書院美少女文庫、2013年11月、イラスト:有末つかさ)

ネタバレ有り。御注意下さい。

【あらすじ】

アサシンメイドとして働き口を探す紅葉は桂吾を標的にするが失敗し、逆に惚れてしまう。桂吾と同じ学校に通うようになった紅葉は、ある事件を乗り越えて彼との結び付きを強める。

【登場人物】

河須桂吾
17歳。高校2年生。両親は地元では有名な企業グループを経営しており、兄の出奔により後継者となる。幸運あるいは不幸が発生すると相反する要素が発動してキャンセルする能力?が有る。童貞。

紅葉・ローザ・リトヴァク
18歳。高校2年で中退。ロシア出身の祖母やハーフの母親もアサシンでメイドという家系で、黒髪のポニーテールに白い肌に巨乳の少女。
桂吾を襲い彼が狙われていると自作自演し、護衛兼メイドになる事になった。何かにつけて「殺」の付く言葉を吐く癖が有る。処女。

【展開】

暗殺メイドとして依頼の無い紅葉は桂吾を標的に襲いますが、彼の能力によりことごとくかわされてしまいます。
彼の両親に売り込みを掛けていた紅葉は護衛兼メイドとして採用され何とか桂吾にリベンジをしようとするも失敗し、逆に彼へ惚れてしまい初体験へ至ります。
桂吾の両親の取り計らいで同じ学校に通う事になった紅葉は謎の転入生・芳子に執拗に狙われる桂吾を護衛しつつも愛を育み、
文化祭のクラス劇でバトルの末に彼女の正体を知り事件が一件落着すると2人は朝から晩までイチャイチャする毎日を過ごします。

【レビュー】

美少女文庫を始め黒本でも活躍中で、「メイドの人」とも呼べるほどメイドヒロインの作品が多い青橋由高さんの新刊です。
本作を含め近11作品中4作品が単独メイドヒロインとなっていますが、今回はアサシンでメイドと捻って来たなと思います。

紅葉は桂吾の好みの女の子像をそのまま具現化した容姿ですが、一方で発作的に殺してみたい衝動に駆られるという危ない部分も有ります(苦笑)
普段は鮮魚を捌いたり、害虫を駆除したりする事で気を紛らわせていますが、ここでも食材を「殺す」発言が有ります。
それ以外は年頃の少女らしい可愛さや羞じらいも有るので、それほど気にはなりませんでした。

桂吾はある意味神がかった強運の持ち主であるけれど、基本的には惚れた男の弱みというか紅葉に振り回されていますね。
エッチになると前半は彼女が桂吾の家で奉仕する展開、中盤からは高校生活をメインに屋上や深夜の教室、人の居ない舞台上で桂吾が積極的に攻め立てるシーンが多いです。

イラストの有末つかささんは本作を含め青橋作品の近11作品中7作品を担当されており、最早黄金コンビと言えます。
有末さんの場合も基本的に可愛らしいのですが、ヒロインが凛々しい表情を見せるとより映えて見えますし、ピンクを基調とした紅葉の和風メイド服が非常によく似合っています。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR