FC2ブログ

犬飼龍司「癒し三姉妹 100日禁断生活」

犬飼龍司「癒し三姉妹 100日禁断生活」
(フランス書院文庫、2011年7月、表紙イラスト:野中昇)

ネタバレ有り。御注意下さい。

【あらすじ】

故郷に左遷された博明は隣家だった3姉妹の三女の由佳に慰められて付き合うようになる。由佳の恋人に相応しいかを香澄に品定めされ、更には初恋相手だった詩織とも両想いになる。

【登場人物】

多田博明
25歳。商社の営業担当社員だが、成績が振るわず故郷の支店に左遷された。高校時代に詩織に告白し撃沈している。素直で真面目だが優柔不断。

遠藤香澄
32歳。詩織と由佳の姉で博明の元隣人。40歳代の会社経営者を夫に持つが夜の営みはご無沙汰。セミロングの黒髪で知的な印象を与えるグラマラスな美女。Hカップ。

相原詩織
25歳。香澄の妹で由佳の姉。市役所に勤務し、清楚で人一倍潔癖で、気品に溢れた深窓の令嬢を思わせる雰囲気が漂う女性。
高校時代は生徒会長を務め学園のアイドル的存在だったが、幼馴染みの博明の告白を断っている。処女。

相原由佳
18歳。香澄と詩織の妹。詩織と同居している。高校3年生でバスケットボール部の主将を務める。黒髪のポニーテールで勝ち気な顔つきの、学園一の美少女。Fカップ。

【展開】

田舎で故郷の支店に左遷された博明は再会した由佳に誘われ、彼の部屋に向かい処女を捧げられます。
由佳から彼と付き合い始めた事を聞いた香澄は、偶々訪問営業で自宅にやって来た博明を品定めしようと関係を持ちます。
しかしやって来た詩織に現場を見られ激怒されるも、夏祭りに誘われ自分だけを見て欲しいと告白され神社の御神木の元で結ばれます。
想い人の詩織と結ばれるも由佳との関係を続けていた博明は本社に戻る事を告げられずにいますが、香澄の発案で3人仲良く送り出そうと提案し4Pに至ります。

【レビュー】

人妻の香澄、清純な詩織、行動派の由佳とそれぞれのヒロインは魅力的ですし、左遷されて気落ちしていた博明を慰めようと積極的に奉仕する情交場面は良いと思います。ただ各々2章ずつ攻略し最後に4Pとなる流れはテキスト通りに思われますし、例えば詩織と由佳が同居している設定を利用するとか工夫が欲しかったです。
また各ヒロインとセックスに至る背景が浅過ぎて単に淫乱なだけにも見えてしまいますので、もう少し掘り下げても良かったと思います。あとは個人の好き嫌いの問題ですが、犬飼作品の主人公は関係を持ち始めてからやたらにアナルに拘りを持つ点は、あまり好ましい流れだとは思えません。

【参考記事】

DSKさんによる本作の紹介記事はこちらです。
2011/7/22 発売→ Amazonはコチラから。「遠慮しないで。私の中にいっぱい出していいのよ……」 騎乗位で繋がりながら、妖艶に囁きかける香澄32歳。 人妻ならではの甘くとろけるような感触に、僕は我れを忘れた。 帰郷した博明の元へ、幼馴染みの次女と三女も押しかけて…… 嫉妬心も隠さず、日替わりで淫らな素顔を見せる三姉妹。 癒しを超えた癒しに狂わされる、100日間の楽園生活!★★★★☆ 求められる要素はほぼ網羅されながら突き...
癒し三姉妹-100日禁断生活(著:犬飼龍司、フランス書院文庫)

関連記事

tag : 社会人主人公 姉妹丼 処女

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR