FC2ブログ

弓月誠「年上の同居人 三人のお姉さん」

弓月誠「年上の同居人 三人のお姉さん」(フランス書院文庫、2008年3月、表紙イラスト:松原健治)

【あらすじ】
千尋の入浴姿を覗いていた事がバレて衝動的に家出した雄介。友人の姉や担任教師と女性経験を積んだ雄介は家に戻り、千尋に本心を打ち明け結ばれる。

【登場人物】
大橋雄介
17歳の高校2年生。血の繋がりの無い千尋を女性として意識している。母親を亡くし、父親は海外出張の為千尋と2人暮らし。

大橋千尋
25歳。雄介の父の友人の娘で両親の飛行機事故により孤独になった為、大橋家に引き取られている。
司書の仕事をしており、美人コンテストの常連となる位の完璧巨乳美人で真面目な性格が敬遠されるのか、男性との縁が全く無い。処女。

小林杏奈
22歳。家出した雄介が転がり込んだ友人の姉。家の中では軽装で居る事が多く見た目は派手に見えるが、雄介の様子を察し優しく導いてくれる大学3年生。巨乳。

滝川結子
28歳。雄介の担任教師。化粧っ気が無く銀縁メガネを掛けていて冷たい印象で、学校一と噂される巨乳の持ち主。
千尋の連絡で雄介の家出を知り一旦自分が預かる事を提案し、事情を知った後は雄介を優しく後押しする母性本能溢れる女性。

【レビュー】
本作の内訳は第1章と第2章は杏奈、第3章では結子、第4章と第5章では本命の千尋となります。

杏奈は弟の友人に当たる雄介の相談に乗り自ら手解きしてあげるなど、見た目と中身のギャップがポイントになります。しかし初体験に至る理由としてはいささか弱いのかもしれません。

結子は雄介の担任教師ですが、冷たく思える容貌と母性の有る性格とのギャップは杏奈と被ってしまい、やはりセックスに至る動機付けも弱く感じます。

本命で有る千尋とはセックスに至る描写がしっかり描かれており、処女の彼女なりに誘惑する意地らしさは可愛らしく感じました。

おっぱいに拘りを持つ作者らしく口戯と乳戯にページを割く割合が多くなっています。
個人的に弓月作品が好きなのはその点なのですが、3人以上の作品で全員同じベクトルを向いていると流石に変化が欲しいかなと思います。
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

年上の同居人-三人のお姉さん(著:弓月誠、フランス書院文庫)

年上の同居人-三人のお姉さん(2008/3/24) → Amazonはコチラから。 → Kindle版はコチラから。 → ハイブリッド書店【honto】はコチラ。 → 【honto】の電子書籍はコチラ。 義理の姉として慕うには、艶めかしくて美しすぎる千尋。 レオタード姿が煽情的すぎる同級生のお姉さん・杏奈。 教室では見せない痴顔で優しすぎる奉仕を施す女教師・結子。 心...

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR