FC2ブログ

山口陽「【人妻三重奏】初体験マンション」

山口陽「【人妻三重奏】初体験マンション」(フランス書院文庫、2011年10月)

【あらすじ】

浩一は大学進学が決まり、一人暮らしの為の部屋が見付かるまで美冬の元で同居生活を始めるが、姉が女友達と共に催してくれた歓迎会で彼女に筆下ろしされ、夫に性的不満を抱く小百合や巴の2人の人妻とも深い関係になる。

【登場人物】

鳴海浩一
18歳。大学進学を控え住む場所を探す為、姉の美冬の元で暫く世話になる事に。童貞。

穂村美冬
25歳。浩一の実姉でブラコンの気が強い。腰まで伸ばしたストレートの黒髪に柔和な顔立ち、豊満な体付きの女性。夫はIT企業に勤めていて不在がち。

弓塚巴
31歳。美冬と同じマンションに住むヨガ教室の仲間。控えめで丁寧な口調から大人しい印象を与えるスレンダーな女性。会社員の夫が居るが、優しいだけでもの足りなさを感じている。

如月早百合
35歳。美冬と同じマンションに住むヨガ教室の仲間。美冬より豊かなバストの持ち主。明るく親しみの有る性格で初対面の浩一を弟くんと呼び、親しげに接する。40歳を越えた夫が居るが、ご無沙汰の様子。

【展開】

浩一の同居生活の初日、美冬は自慢の弟を見せようと2人の女性を呼び歓迎会を開きますが、酔った勢いで小百合に誘惑される弟に我慢出来ずに関係を結びます。
翌日浩一と出逢った巴は帰宅中の電車の中で痴女の如く彼を誘惑し、更に自宅のトイレで交わりながら一旦帰宅した夫の居る側で絶頂を迎えます。
巴の部屋から出て来た浩一を見掛けた小百合はすぐに関係を見抜き、自宅に連れ込むとアナルセックスをさせてしまいます。
翌日関係を求めて来ない浩一に不満を持った美冬は彼を誘惑し、それ以降は買い物帰りの巴やヨガの後で汗ばんだ体の小百合と共に3Pを繰り広げ、浩一を自宅に住まわせる事で話を纏め4Pに至ります。

【レビュー】

美冬に筆下ろしされつつも小百合や巴とも性的な接触を持つ出だしで物語の見せ場は終わったような気がしますが、人妻3人の暴走ぶりには呆れつつも笑える場面も有りました。

美冬は夫が居る側でもスキンシップする位の甘々お姉ちゃんで、確かに好みのヒロイン像ですが折角の相姦場面ならもう少し深みの有る描写の方が良かったです。

小百合と巴は体型や性格で相反する要素を持つのに控え目な巴が主人公に痴漢されるならともかく、逆に仕掛ける側になるなど、端からS気質の小百合と変わらない行動だったので工夫が欲しかったです。

結末は山口陽作品お馴染みの3人同時に×ませになりますが、彼女たちが主人公との関係を隠す為夫との営みも続けていたというくだりは必要な描写だったのか疑問が残ります。
個人的には生活力が無いのにヒロインを同時に×ませる描写は、主人公の無責任さしか感じられないし、夫との営み云々は更に蛇足だと感じました。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR