FC2ブログ

山口陽「世界でいちばん淫らな旅行 僕と隣家の三姉妹と」

山口陽「世界でいちばん淫らな旅行 僕と隣家の三姉妹と」(フランス書院文庫、2011年4月)

【あらすじ】

隣家同士で温泉旅行へ行く予定だったが、親の都合で子供達4人で出掛ける事になった。
隆也は幼い頃から憧れていた長女の菜月に性の手解きを受け、それを知った美香や優奈とも深い関係になる。

【登場人物】

高杉隆也
19歳。兵藤家の隣人でひとり息子の模様。優柔不断で大人しい青年。童貞。

兵藤菜月
26歳。兵藤家の長女。大手企業に勤める夫と数年前に結婚したが仕事人間で家庭を顧みず、現在は別居している。
おっとりとして包容力が有り豊かなバストを持つ女性で、性に関しては奔放なタイプ。

兵藤優奈
19歳。兵藤家の次女で三姉妹の中では最も常識的で思った事が顔に出やすい性格。スレンダーな割にむっちりとした脚線美の持ち主。処女。

兵藤美香
17歳。兵藤家の三女で高校生。あまり感情を表に出す事が無く、何を考えているのか分かりにくい。年長の優奈よりは豊かなバストの持ち主。

【展開】

旅行に来た初日に露天風呂で隆也と鉢合わせになった菜月は彼の初心振りに興味を持ち、後から杯って来た妹たちに構わず童貞を頂きます。
その関係に気付いた美香は姉たちの目を盗みトイレで慌ただしく処女を捧げ、優奈の眠る脇で菜月と共に3Pに至ります。
流石にその矯声を聞いて目覚めた優奈から告白され処女を頂きますが、他の2人が黙っている筈も無く姉妹入れ替わっての3P、しまいには全員で4Pに至ります。

【レビュー】

隣家に住む主人公の事を三姉妹は好ましく感じていますが、その背景にあまり触れられる事も無く個々の初体験は露天風呂、トイレ、部屋で慌ただしく行われます。
その後は3人の内2人づつで3パターン、最後は全員でという流れでやや詰め込み過ぎており、後半は情交場面がずるずると続いている印象です。

三姉妹の性格付けは天然、ツンデレ、無表情と色分けされていて基本に忠実ですが、菜月は妹思いの姉という点で納得出来る言動も人妻としては恥じらいが感じられず、
美香は何を考えているのか分からない上にロボットと会話しているようで正直な所感情移入出来ません。
必然的に3人の中では常識的な優奈が最も好ましく感じられ、それが作り手の狙いだとすればメイン補正を付け過ぎですが、ストレートな作りだと思います。

あと美少女文庫の山口陽作品と共通しますが、ヒロインに搾り取られてしまう印象の主人公が多いので、もう少し肉食系でも良いのかなという気がします。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR