FC2ブログ

芳川葵「放課後美術レッスン ヌードモデルは美姉と部長 」

芳川葵「放課後美術レッスン ヌードモデルは美姉と部長 」(リアルドリーム文庫、2012年11月、イラスト:猫丸)

ネタバレ有り。御注意下さい。

【あらすじ】

実姉の佳織に憧れを抱く翔吾は、幼馴染みの七瀬に本心を知られ誘惑される。彼女の挑発に乗った佳織も同じように翔吾を誘惑し結ばれる。

【登場人物】

藤村翔吾
15歳で高校1年生。美術部に所属する内気な少年。佳織に密かに憧れを抱いている。童貞。

藤村佳織
17歳で高校3年生。生徒会長と女子テニス部の主将を務めている。肩先まで伸ばされた黒髪に清楚で整った顔立ちでFカップの巨乳。処女。

立崎七瀬
17歳で高校3年生。美術部部長と生徒会の副会長を兼務している。瓜実顔で肩に掛からない程度のハニーブラウンでセミロングの髪。Dカップ。
実の弟のように想う翔吾の想いに気付き、佳織を巧みに挑発しながら幼馴染みの姉弟を結び付けようとする。性体験はある模様。

【展開】

自宅でヌードデッサンの為裸になった七瀬の姿に勃起した翔吾は彼女の口内に放出しますが、帰宅した佳織に見付かり彼女の手コキで再び発射してしまいます。
別の日にモデルになった佳織はパイズリで発射させてもらい、浮かれた様子の翔吾を見て七瀬が美術室で筆下ろしし、それを知った佳織も翔吾の告白を受け入れ自宅で結ばれます。
互いに対抗するかのように美術室では七瀬、生徒会室では佳織に誘惑される生活となった翔吾は、夏休みに七瀬の別荘で初めて2人同時の体験をする事になります。

【レビュー】

学園生活をベースにし2人のお姉ちゃんに誘惑される展開はオーソドックスで、かつ自分が最も好むパターンです。
黒本に比べページ数が少なく、5章立てをベースのリアルドリーム文庫に合わせた構成になっており、進出当初に比べ不足なく展開されています。

当初から挑発する七瀬とされる側の佳織の力関係ですが、いざ佳織が翔吾と関係を結ぶに当たっては些かこのパターンがくどくなって来たかなと思います。
佳織と翔吾は実姉弟なので多少は相姦関係に対する抵抗や畏れが感じられる筈ですが、
翔吾にその気持ちが伺いしれる反面、佳織には最後まで七瀬への対抗意識がクローズアップされている感じがします。
相姦だから暗くなくてはならない訳では無いけれど、やや底が浅く見えてしまうのはレーベルの意向かもしれませんが…。

きっかけは七瀬の挑発に乗って翔吾のモノに触れるのはともかく、相姦関係に至るまでの紆余曲折を経て結ばれてからは、
逆に吹っ切れたように佳織が七瀬に自分こそ恋人だと挑発する展開も有りだったかなと思います。

【トラックバック】

DSKさんのレビューはこちらです。

DSKの官能レビュー整理箱 放課後美術レッスン-ヌードモデルは美姉と部長(著:芳川葵、リアルドリーム文庫)
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR