FC2ブログ

弓月誠「未亡人家庭教師と未亡人兄嫁」

弓月誠「未亡人家庭教師と未亡人兄嫁」
(フランス書院文庫、2007年5月、表紙イラスト:新井田孝)

ネタバレ有り。御注意下さい。
2017年9月13日レビュー再編集。

作品紹介(公式ホームページ)





【あらすじ】

1人暮らしの昌利は、彼の面倒を見る為同居生活を始めた由衣に女の魅力を感じていた。そこへ未亡人となった隣人の優香が戻って来るのだが…。


【登場人物】

甲本昌利
大学受験を控えた18歳。幼い頃に両親が離婚して父親と2人暮らしだが、父親の単身赴任により由衣の世話になっている。13年前から兄と結婚した由衣を実姉のように慕っている。童貞。

甲本由衣
35歳。昌利の兄嫁で夫は6年前に交通事故で亡くなっているが籍を抜かず、昌利の世話をする為同居生活を始めた。熟女らしく肉付きは良いが、スタイル抜群でFカップの巨乳。

奥貫優香
29歳。甲本家の隣に住み、見合い結婚の夫と共に海外で生活していたが、2年前に夫が亡くなりつい最近実家へ戻って来たばかり。昌利が中学に通っていた時に英語の家庭教師を務めていた。由衣より更に大きなの巨乳の持ち主で、小柄で体型はスリムなこともあり乳房の大きさが更に際立っている。


【展開】

単身赴任で渡米した父と入れ替わるように甲本家へやって来た由衣に欲情を覚える昌利は、予備校から帰ってくると兄嫁から汗臭いと入浴を勧められ脱衣場に向かうと洗濯物が目に留まり、パンティのクロッチの匂いを嗅ぎながらブラジャーのカップに白濁を浴びせてしまう。夕食を終えてくつろいでいたところにゲリラ豪雨により停電し、ちょうどシャワーを浴びていた由衣がバスタオル姿でリビングにやって来て、暗がりの中とは言え暑いからと全裸になってしまい激しく欲情する。しかし下着を使ったオナニーを咎められ消沈していると、何故か由衣は昌利の股間に手を伸ばし大人になった姿を見せてとペニスを露わにして手扱きを始める。兄嫁の淫らな姿に戸惑いつつも初弾を発射すると、次はパイズリフェラで精を抜かれてしまい、受験勉強に集中する為ならと奉仕を約束してくれるのであった。

由衣の奉仕から半月が経ち昌利は、あの夜の次の日から兄嫁の態度がよそよそしくなり約束を反故にされたと落胆していたが、帰宅すると模擬試験の結果が極めて良かったと由衣に報告する。彼女は涙を浮かべてまで喜んでくれただけでなく、自分から約束を破ってしまってと謝ると、今夜は好きにして良いのと告げバスタオル姿でリビングに現れる。赤の極小下着に悩殺された昌利は由衣を押し倒し四つん這いにさせると、下着越しに秘所を愛撫して指ピストンで絶頂へ導き、由衣も返礼とばかりに口唇奉仕で射精させる。なおも衰えを見せない昌利と女性上位のシックスナインを続けていたが、由衣はセックスを迫られて近親相姦を冒すことに一度は躊躇うものの自ら騎乗位となり昌利のペニスを受け入れてしまう。

由衣との関係も良好なまま昌利は上位校の受験を目指して勉強に集中していたが、ある日書店で参考書を買おうとして優香と出逢い、帰りの車中で週何回か英語の家庭教師をしてあげると提案される。喜んでお願いしたものの兄嫁には言えないと秘密を抱えることに昌利は一瞬戸迷うが、翌日に奥貫家で優香からずっと好きだったと告白されて、兄嫁が好きだと言えずに誘惑に乗ってしまう。由衣より情熱的な口唇奉仕で射精させると、次は爆乳に挟まれてのパイズリフェラまでしてくれたのに、何故か優香はもうスッキリしたでしょうと終了を告げる。再開したレッスンなど頭に入る訳もなく悶々とする昌利をからかい、優香は頃合いを見計らい少年を誘うと騎乗位で跨がり射精に導くのであった。

秋も半ばに差し掛かったある休日に由衣にドライブに誘われた昌利だったが、運転を初めて二時間が経っても会話一つ成り立たないことに兄嫁の怒りを感じずにはいられない。ふと海岸へ辿り着いたところで由衣が車を停めて浜辺に下りようと後を追うと、不意に昌利が友人の家で勉強しているのは嘘だと責められ、証拠を握られていると気付き優香との逢瀬を白状せざるを得なくなる。好きなのは由衣だから優香とは別れると昌利が言ったのを見て、由衣はそういう年頃なんだからと諭し岩陰に移動すると、ここでエッチなことをしようと誘う。少年に罰を与えるかのように尿道口弄りで絶頂させ、続けてパイズリフェラで連続射精に導くと、岩場に押し倒して騎乗位で精を搾り取り更には自ら四つん這いになって四回目を求めて来る。嫉妬に駆られてか由衣のあまりの変貌ぶりに、昌利は優香に別れを告げようと決意を固める。

翌日奥貫家を訪ねた昌利は優香に別れを切り出そうとするが、優香から最後の想い出にと寝室に誘われ横たわった女体に愛撫していると、そこへ由衣が現れて次は私にもしてねと告げられて驚きを隠せない。昌利の気持ちを知って昨晩の内に由衣が優香と話を付けていたらしく、今は三人で仲良くしようという結論に達したが、そんな真面目な話をしていても滾ったままの昌利を見て優香がからかうと一気に萎えてしまう。そんな少年を元気付けようと二人は互いの乳房を愛撫しレズ行為を始め、昌利がすっかりその気になったのを見るとダブルフェラチオで焦らしに焦らして大量射精させる。なおも衰えを見せないのを見ると二人はベッドの上で並んで四つん這いになって挑発し、始めに優香、次は由衣の順に交わり中出しすると、最後はダブルパイズリフェラで放精する。精液交換で濃厚なキスを交わす二人を見て再び欲情をした昌利は、五度目にも関わらずペニスを扱き大量の白濁を彼女たちの美貌に浴びせるのだった。


【レビュー】

幼い頃から兄嫁に憧れを抱いていた主人公と、実の弟のように可愛がっていた兄嫁の由衣の二人が同居を始めて、肉体的な関係に至るまでの展開はシンプルでまさに王道な流れだと思う。そこへかつて家庭教師を務めてくれた隣人の優香からも、意図せぬ見合い結婚という経緯もあり、これからは自分の気持ちに正直でありたいとアプローチを掛けられる。立ち回りが上手くない主人公像を描くのが弓月作品に共通するところで、本作でも優香の家庭教師の提案を由衣には告げずにいたし、優香にも由衣が好きで肉体関係を続けていると知らせずにいたので少年らしくもありらしくないところかもしれない。

「最後は一人を選ぶ」という結末は弓月作品の特徴だが、本作では二人が主人公を説得して「今だけは」三人で仲良くしようといういわゆるハーレム的な終わり方である。しかしながら「好きな子ができたら、遠慮なく言って」という二人の言葉の通り、いつかはこの関係もあるべき現実に到達せざるを得ないと遠回しに述べてもいる。これは作者の弓月誠氏がデビューしてから現在に至るまでほぼ変わらぬ考え方であり、官能面で巨乳フェチぶりをふんだんに用いられているのと共に誘惑作品らしいと言えるのかもしれない。


DSKさんのブログにて本作をご紹介なさっています。

2007/05/23 発売未亡人家庭教師と未亡人兄嫁著:弓月誠、フランス書院文庫→ Amazonはコチラから。→ Kindle版はコチラから。→ 【honto】の電子書籍はコチラ。→ ひかりTVブックはコチラ。〈電子書籍〉→ 総合電子書籍ストア【BookLive!】はコチラ。喪服から垣間見える雪白の肌が眩しすぎる兄嫁・由衣。豊乳をわざと密着させてくる隣家の家庭教師・優香。慎ましくも麗しい、未亡人という禁断の果実がふたつ。セクシーな下着の脱がし...
未亡人家庭教師と未亡人兄嫁(著:弓月誠、フランス書院文庫)





短編や美少女文庫作品を除いて第30作品目となる新刊が11ヵ月振りに刊行されます。

『ママくらべ 友人の母、彼女の母、僕の義母』
(リンク先は版元ドットコムさんのページです)

「他のふたりはもっと上手なフェラチオだったの?」
亀頭を唇に含み竿肌に舌をねっとりと這わせる裕子。
美和子や明奈とは違う心地よさに智之は溺れた!
三人の「ママ」に優しく施される日替わり手ほどき。
極上クンニ、甘蜜シックスナイン、騎乗位交合……
熟肉を堪能し、身も心も翻弄される性の楽園、開幕!



暫くの間新作の刊行が無かったので休養なさっているのかなと思いましたが、この時期の刊行となったようで嬉しい限りです。個人的には弓月誠作品は本命と対抗の二人ヒロイン作品が一番あっているのかなと思いましたが、本作では三人の「ママ」に加え彼女も性的な関係にあったとすれば、四人体制になりそうな気がします。弓月作品は本命と対抗、その他の扱いが割と明確なので読み手としては分かりやすく、ただ本命より対抗の方が良い女なのにな…というところもあるのですね。(それを意識して主人公に良い女を選べない男という残念感をもたらしているのかもしれませんが)デビューなさって14年となり既にベテランと呼ぶのに相応しいキャリアを積まれているだけに、弓月誠作品らしい変わらぬ点と変わりつつある点をしっかりと楽しみたいと思います。

関連記事

tag : 高校生主人公 童貞 近親相姦(義)

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

未亡人家庭教師と未亡人兄嫁(著:弓月誠、フランス書院文庫)

2007/05/23 発売 → Amazonはコチラから。 → Kindle版はコチラから。 → ハイブリッド書店【honto】はコチラ。 → 【honto】の電子書籍はコチラ。 喪服から垣間見える雪白の肌が眩しすぎる兄嫁・由衣。 豊乳をわざと密着させてくる隣家の家庭教師・優香。 慎ましくも麗しい、未亡人という禁断の果実がふたつ。 セクシーな下着の脱がし方も、乳房の優しい愛...

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR