FC2ブログ

高竜也「妹・美咲」

高竜也「妹・美咲」(フランス書院文庫、2000年6月)

【はじめに】

本日より「相姦の語り部」として永きに渡りフランス書院文庫を中心に活躍された高竜也さんの作品も併せて紹介していきます。
蔵書を整理した関係で2000年以降に出版された10冊を抜粋しています。宜しかったらお付き合い下さい。

ネタバレ有り。御注意下さい。

【あらすじ】

沖縄旅行で怪我をして入院した美咲の身体を清拭する内に、誰にも妹を渡したくないという想いが高まった洋平。彼に女の影を感じた美咲も兄を求め結ばれる。

【登場人物】

中川洋平
18歳。高校3年生。幼い頃に父を失っており、母と妹の3人で暮らしている。妹の美咲と1週間の沖縄旅行へやって来た。半年前にキャシーと初体験を果たしている。

中川美咲
17歳。高校2年生。典型的なお兄ちゃん娘で、有名なアイドルによく似た美少女。処女。

君岡乃里子
24歳。中学生時代の洋平の家庭教師。沖縄の友人の元へ遊びに来ていた折に洋平と再会する。

キャシー山口
17歳。日系4世の高校2年生。奔放な性格で水泳選手の為160cm程度の身長に対し筋肉質な身体をしている。早熟で数多くのボーイフレンドがおり、洋平もその内の1人と見ている。

平良沙矢
30歳。美咲が沖縄で骨折していた時に世話になった病院に勤める看護師。豊満な身体付きで離婚歴が有り、小学生の娘が居る。会議に出席する為上京した折に洋平と再会する。

【展開】

洋平は沖縄で再会した乃里子と1日だけの女体体験を果たした後、顔に付いたキスマークを見て激昂した美咲が外へ飛び出し、タクシーにはねられます。
右足首を骨折し入院した美咲は洋平に甘えるかのように身体だけでなく秘所まで清拭させ、興奮した彼に処女を捧げます。
東京に戻った洋平は相姦の罪の意識から逃れるように、帰国を前にしたキャシーや会議で上京した沙矢と一時の爛れた性行為に及びます。
しかしキャシーのボーイフレンドが洋平を逆恨みし美咲が襲われそうになり、それを助けた洋平は妹との絆から逃れられないと知り快楽に身を委ねます。

【レビュー】

全10章立てで242ページの構成となっており、細かく分かれた各章に必ず情交描写が含まれています。

美咲に取っては兄の洋平との関係を築く事が最大の関心事で有り、何かと女性にもてる洋平に怒りをぶつけるものの他の女性陣に絡む事は有りません。
途中で思わず母親と恋人の情交場面を覗き見て嫌悪感を見せたりもしますが、兄に諭されると素直になります。

洋平と関係した女性の中では乃里子とキャシーに付いては進行上必要ですが、沙矢に付いては居なくても差し支えは有りません。
またラストでは唐突に美咲が暴漢に襲われそうになりますが、正当防衛で殴られた暴漢が軽い怪我で済ませされるのは2000年以降の高作品の穏やかなパターンです。
以前の作品では主人公に逆恨みした別の男がヒロインを襲ったり、逆に主人公が暴漢を襲ったりと血を見る終わり方も珍しくなかったです。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR