FC2ブログ

星悠輝「四人の女教師が泊まりに来た七日間」

星悠輝「四人の女教師が泊まりに来た七日間」(フランス書院文庫、2014年11月、表紙イラスト:川島健太郎、白表紙版:新井田孝)

ネタバレ有り。御注意下さい。

【あらすじ】

進級した祐太は春菜が教師として赴任するのを楽しみにしていたが、不注意で小指を骨折しテニス部のレギュラーから外されるのではと不安な気持ちでいた。そこに祐太の父親が出張で1週間不在になると知った春菜は、自ら祐太の面倒を見ると名乗り出るが…。

【登場人物】

小菅祐太
高校2年生?真由子が学園長を務める中高一貫の学校に通いテニス部に所属するが、春休みに小指を骨折し次の大会のレギュラーから外されるのではと不安を抱いている。母親を亡くし、父親が海外出張の為1週間独りで暮らす事に。仮性包茎で童貞

五反野春菜
22歳。小菅家の隣家に住む幼馴染みで祐太に恋心を抱くも一度は諦めようと地方の大学を選んだが、自分の気持ちに正直になろうと決心する。母親が学園長を務める学園で教職に就いたばかりで、ショートヘアの似合う快活的かつ直情的な性格。処女

五反野麻由子
40代?春菜の母親で祐太の通う高校の学園長。かつては祐太が中学生の時の担任だったが、夫が亡くなってから現職に就いている。現在も教師が休んだ時には代理で教壇に立つ事も。長い髪にグラマラスな体型の魅力的な女性。

梅島静香
30代?2年続けて祐太の担任を務め、国語を教えている。慈悲深い優しい性格で、妹の涼子と共に学園内の人気を二分する美人。
両親がろくでもない性格で叔父に当たる前学園長に世話になっており、紹介する男性と見合い結婚するが男色家で一切関係を持たない為、今の時点で処女のまま。真面目な祐太に密かに興味を抱いている。

新井涼子
20代後半?静香の妹で数学を教える一方で、男子テニス部顧問を務めている。スタイルが良く薄いフレームのメガネを掛けて冷たい印象を与え、生徒に厳しく接する事から生徒からは賛否両論だが、それでも学園一の人気を集めている。

【展開】

始業式を迎え春菜が赴任すると知った祐太は、自宅で甲斐甲斐しく料理を作る彼女に食べさせてもらう内に味噌汁を溢されてしまい、浴室に逃げ込む。
そこに現れた春菜にぺニスが勃起していると気付かれ洗ってもらう内に射精するが、春菜に対面で抱き付かれたまま股の間でぺニスを挟まれ再び射精に導かれる。

翌日友人の結婚式の約束を思い出し祐太の世話を任された麻由子は、夕べの娘の行動と祐太の反応から2人の間に何かあったと勘づき射精に導かれたと知り、自分も負けじと性教育をしてあげると騎乗位で交わった後祐太の思うままに抱かれ一夜を明かす。

ところが翌朝祐太が心配で慌てて帰宅した春菜は麻由子が添い寝しているのを目撃し激怒するが、母親のとりなしで初めてのパイズリ奉仕に発展する。
一端仕切り直した母娘は夕飯の場で再び祐太の取り合いとなるが、麻由子は春菜の目の前で座位で交わった後、娘の処女喪失に立ち合い若い2人の快感を引き出すように愛撫に加わるのだった。

翌月曜日、羽目を外し風邪をひいた母娘をよそにレギュラー落ちの事実を伝える為涼子は小菅家を訪ねるが、祐太の泣き顔を見て根性を鍛え直すという口実で手コキから脚舐めさせ、騎乗位でのし掛かると2分我慢出来たら言う事を聞くと告げる。
大人の余裕を見せるつもりが途中で静香から電話が入り祐太に突き上げられてしまった涼子は一晩中少年の性欲発散に付き合わされる羽目になるが、翌日ずる休みしても彼の傍に居ようと決心する。

一方妹が教え子と関係しているのを知り怒り心頭の静香は翌日小菅家を訪ねると祐太の説得を試みるが、涼子は少年に自由を奪うように命じ手足を拘束して女になる為の儀式を始めると告げる。
気遣いながらも静香の純潔を奪った祐太は外に射精するが、もの足りない様子の姉の表情を見た涼子は男を喜ばす嗜みだとお掃除フェラを教え、連携して祐太の尻穴を舐めながら口内射精へ導くのだった。

次の日体育の授業で着替えようとした祐太は静香に呼び出され、来賓用のトイレの個室に連れて来られると授業をサボって自分を愛して欲しいと迫られて、後背位で愛し合う内に隣の個室に人が入って来て肝を冷やす。
しかしそれが涼子だと知ると鍵を開けて受け入れ彼女の命に従って座位に変えると、静香の陰核にちょっかいを出され思わぬ締め付けに苦戦しながらも膣内に初めて射精するのだった。

翌日体調が全快した春菜は授業を終えると、一目散に祐太の家に向かうなり体を求める内に涼子の来訪を受けて押し入れに逃げ込むが、半裸の春菜と狭い空間にいた祐太は我慢出来ずに交わってしまう。
一戦交えるなり襖を開けた涼子のしたり顔を見て関係が発覚したと悟った祐太だが、後に帰って来た麻由子のとりなしで静香と3人で入浴し彼女と後ろの穴で交わり精を搾り取られる。
夕食の場で祐太が好きで誰も退かないと確認した4人。涼子、春菜と次々に交わった祐太は麻由子とは後ろの穴でしたいと求めるのだった。

【レビュー】

2013年にデビューした作者の3作品目で、デビュー作品 「罪母【つみはは】」を思わせるような、主人公を巡ってヒロイン達がショタコン的な愛情を見せながらバトルを繰り広げている。

主人公は「両親が不在」、「怪我でレギュラーから外される不安」の2点から4人の女教師が代わる代わる自宅にやって来ては性欲も含めて面倒を見てもらうというのが流れである。
性欲を持て余す一方でまだ大人になりきれていないという描写が随所に見られ、それが近年有りがちな「精力旺盛で巨砲で男らしいガツガツした高校生」の主人公とは一線を画している。

タイトルだけでヒロインの人数から展開まで一目瞭然とはいえ、先に隣人母娘教師で3日間、姉妹教師で3日間、最後に合流という形で纏めたのは、単に日替わりで1人ずつどいう紋切り型にならないような工夫がなされている。
母娘、姉妹それぞれに処女ヒロインが1人ずつおり、他方のアシストを受けながら破瓜を迎える描写や、経験者故の情交場面のいやらしさ、特にママ代わりの麻由子に関しては作者なりの母性像が感じられた。

欲を言えば展開面での工夫の裏返しとして、7日間にしては官能描写を詰め込み過ぎてせわしなく、状況が分かりにくい箇所も有ったのでもう少しシェイプアップしても十分エロさは伝わったのかなとは感じるが、全体的には高いレベルの官能小説で実用的である。

tag : 高校生主人公 童貞 母娘丼 姉妹丼 処女 女教師

鷹羽真「居候先の美母娘【最高の浪人生活】」

鷹羽真「居候先の美母娘【最高の浪人生活】」(フランス書院文庫、2014年11月、表紙イラスト:松原健治)

ネタバレ有り。御注意下さい。

【あらすじ】

大学受験に失敗した主人公は親戚の篠原家に世話になるが、お転婆なお姉さん系の恵那と頭が切れる怜美に挟まれ肩身の狭い思いをする中でお淑やかな和風美人の梨乃に惹かれていく。

【登場人物】

木本拓真
18歳。今春の大学受験を体調不良で失敗し、厳格な両親や出来の良い兄の居る実家に居づらくなり、梨乃の申し出を受けて篠原家に居候する事になった。童貞

篠原梨乃
35歳。3年前に夫は病死している。たおやかでお淑やかな雰囲気を漂わせ、和服の似合う熟れた肢体の持ち主。男性経験は亡くなった夫だけで、経済的には恵まれた環境なのか、特に外へ出て働いている様子は無い。

篠原恵那
19歳。大学生で梨乃の娘。ラクロス部に所属し明るい茶色に染めた髪をポニーテールにし、快活な性格と健康的な肢体が魅力的な美女。拓真に対しては弟のように思い、姉たちが通った大学に一緒に通うのを心待ちにしている。男性経験は有り。

篠原怜美
32歳。梨乃の妹で女性的な魅力を持つ姉と比較されるのを嫌がり、仕事に打ち込み若くして一流企業の課長職に就いた。肩で切り揃えた黒髪にクールさを湛えた美女でプライドが高い為男性とは長く続かずにいる。義兄の死去に伴い姉と同居を始めている。

【展開】

居候生活を始めて間もなく夜食を持って来た梨乃に自慰行為を見られてしまった拓真はその日以降毎晩のように手で性欲処理して貰っていたが、ある日彼女と濃厚な接吻を交わした事から性欲を押さえ切れずに本番がしたいと求める。

拓真の性欲の強さに困惑しつつも毎晩のように抱かれる梨乃は、ある日浴室掃除で転倒し濡れた肢体に欲情した拓真と白昼交わっている最中、サークル活動を早く切り上げた恵那が帰宅しその場は誤魔化せつもりだったが、娘に関係を知られてしまう。

事情を知った恵那はある日拓真の嫉妬心を煽ろうと飲み会に出掛けるが、男子学生に飲まされ泥酔しそうになって怖じ気付き拓真に連絡し迎えに来させて事無きを得る。
帰宅途中の公園で梨乃との関係を問われた拓真は恵那の告白を受け入れ、途中で見廻りの警官に見付かりそうになり場所を点々と変えながら駅弁スタイルで繋がったまま情交を交わし、それからは梨乃の目を盗みながら毎日のように関係を持つのだった。

翌週母娘の旅行に伴い怜美と4日間2人きりとなった拓真だが、3日目の晩に仕事に一区切り付いたと怜美に誘われ外食した後に帰宅し寝込んだ怜美にマッサージだと言いながら、熟れた肢体に勃起を擦り付ける。
それに気付かぬ筈の無い怜美に咎められ母娘との関係を白状させられた拓真は顔面騎乗された上呆気なく射精してしまうが、自慢の精力の強さで立て続けに交わり怜美を夢中にさせるのだった。

帰宅した母娘は拓真が勉強を口実に怜美と2人きりで毎晩部屋に籠るのを不審に感じるが、我慢の限度を超えた恵那は怜美との関係を白状させると、その晩拓真の部屋に踏み込むなり全裸で椅子に座る少年に痴女の如く迫る怜美の姿を目にする。
そこへ恵那と示し合わせた梨乃は自由を奪われた妹に見せ付けるようにパイズリ奉仕すると、姪に熟れた肢体を愛撫され続けた怜美も了承し3人で少年の愛情を受け入れるのだった。

【レビュー】

美少女文庫でも活躍する作者のフランス書院文庫での6作品目に当たるが、これまでにも複数ヒロインが登場する作品を刊行してはいるものの、ハーレムエンドに導く展開は本作が始めてである。
こうした背景を持つ作者だけに、和風美人、快活な娘、クール系美女と極端とも言えるヒロインの書き分けは流石にしっかりしており、それぞれの特徴を掴んでいる。

メイン格の梨乃は和風美人を意識してか、普段はこの作者のヒロインに有りがちなカタカナでの淫語連発という事も無く、平仮名での喘ぎでやや抑え目にしていたのは好印象と言える。
主人公と関係を抱く内にのめり込んでいるのは寧ろ彼女の方で、それでも慎みは保ちつつ朝から主人公に精の付く食べ物を食べさせたりと、傍目から見るとバレバレな事を自然にしてしまう可愛らしさを感じられた。

恵那は主人公と梨乃の初夜を盗み聞きしてしまうも母親の境遇を思い口に出さずにいるが、流石に2回目を知り主人公への想いもあってか後先顧みずに行動を起こすのはやはり娘系ヒロインらしい。
ただ後述する怜美の存在も有って終盤で割りを食った感もしなくもなく、娘系ヒロインの良さを発揮しきれなかったのは残念である。

怜美は自分が姉や姪の保護者という気概もあり当初は主人公に対して冷たくあしらいつつ、2人きりになってから柔和し主人公にS的な態度で情交に及ぶのはやはり鷹羽作品らしいヒロインだが、それだけに梨乃や恵那との情交に気付くシチュエーションから主人公を責め立てる展開も有りかなと感じた。

終盤3人が揃って怜美がボンテージ、梨乃が赤い下着、恵那がラクロスユニフォームでしかも全員手袋着用と突拍子も無い展開に切り替わるのは作者らしい自己主張ではあるが、官能小説に合わせもう少しスムーズに切り替えられればという気がする。

tag : 童貞 母娘丼 姉妹丼

歌川響「二つの個人授業【溺れ母・溺れ姉】」

歌川響「二つの個人授業【溺れ母・溺れ姉】」(フランス書院文庫、2013年6月、表紙イラスト:野中昇)

ネタバレ有り。御注意下さい。2014年11月13日レビュー再編集。

Amazonでの取り扱いはコチラから。

【あらすじ】

若々しい母・淳子に性的な憧れを持つ健太。母の下着にイタズラをしたのがバレて怒られるが、誕生日を機に初体験を迎える。そして腹違いの姉・美加の引っ越しを手伝った際に、不倫関係を精算したばかりだという彼女の傷心を知り関係を結んでしまう。

【登場人物】

笹川健太
15歳の高校1年生。淳子の実の息子。どちらかというとキュートな印象を与える美少年。中学生の時には水泳部に所属し体を鍛えていた事や、逸物は大人を凌ぐほどで淳子や美加もその逞しさに惚れてしまうが女性経験は無い。

笹川淳子
37歳。健太の実母。20歳の時に音楽プロデューサーの夫と結婚したが3年前に死別し、生計を立てる為ピッコロ奏者として復帰。両親からは勘当同然に結婚した為身寄りが少なく、健太と2人暮らし。
名が知られるようになったが、不在がちな生活故に健太の事を気に掛けている。清楚でセミロングに伸ばした髪型で168cmの身長に対し、86-62-88と出産前のスレンダーなボディラインを維持している。

笹川美加
22歳。健太の腹違いの姉。大学進学を機に一人暮らしを始め、実父の他界後は淳子を気遣い行き来が少なくなっている。肩までかかる長さで緩やかにウエーブのかかった黒髪の女性。
身長160cmで83-58-85とスレンダーな割りに付くべき所にはしっかり肉の付いた魅力的な身体付き。つい最近まで年上の男と付き合っていたが、関係を清算している。

【展開】

地方巡業から帰宅した淳子は疲れて居眠りをしている内に見た淫夢に唆されるように寝室に移動しマッサージ器具を使って激しいオナニーに浸るが、夜中に目覚めた健太は寝室を覗いてしまい母の絶頂に合わせ射精する。
数日後洗濯物を取り込んだ健太は衝動的に彼女の部屋にある使用済みの下着を見付け出して自慰に浸り帰宅した淳子に発覚して怒られるが、ヨリを戻そうと淳子にマッサージを頼まれる。
スキンシップを図る内に健太は欲情を煽られて勃起を気付かれてしまうが一度だけの約束で淳子の手で勃起を扱かれ、
更に別の晩には酔った淳子を介抱したついでに彼女の挑発を受けて口唇奉仕を受けたりと少しずつ関係を深めていく。
誕生日に淳子からプレゼントを貰った健太はあの晩の続きを期待し半ば強引に迫るも叶わないと知り思わず家出すると口走ってしまうが、
淳子はそれを止めようと寝室に健太を導くと恥ずかしがりながらもペニスを受け入れ童貞を卒業させる。

数日後引っ越しの手伝いで美加と3年振りに再会した健太は訳有りの雰囲気を察しながらも一緒に片付けや掃除をしながら欲情と闘っていたが、その晩に美加と共に寝る事になり我慢出来ずに姉の身体に手を出してしまう。
なりゆきで美加と相互愛撫まで経験した健太は翌日姉の新居で再び欲情し浴室で乳間奉仕を受け本番は我慢しようとするが、美加から不倫関係を清算した事を打ち明けられ慰めて欲しいと懇願される。
そんな動機ではなく美加と恋人になりたいと願う健太は寝室に移動し願望を口にしながら恥じらう姉の身体を手や口で執拗に愛撫した後に正常位で交わり、翌朝は四つん這いにして再戦に挑むのだった。

健太の思い付きで淳子は夫の命日に美加と引き合わされ一緒に墓参りへ出掛ける事になるが、親密な姉弟の様子に違和感を抱きつつ宿泊した温泉旅館の個室風呂でイチャイチャする2人を見てショックを受ける。
一方の美加も淳子と健太が相姦関係にあると知り気まずくなるが、悪い事をしたのだから警察に自首するという弟の一言で恥ずかしがりながらも淳子と2人で健太を愛する事を決意する。
示し合わせたかのように母娘は健太に目隠しして腕を縛り張り合うかのように顔面騎乗で味比べをさせている内に昂ってしまい、最初は淳子、次に美加が跨がり健太の迸りを受け止める。
何とか2人が仲良くなって欲しいと願う健太は自分の変態的な趣味に付き合ってと頼み、母と姉を重ね餅にしたり、四つん這いにさせると体力に任せて交互に貫き、乱れた一夜を明かす。
こうして淳子と仲直りした美加は部屋を引き払い再び実家で同居生活を始めるが、ある日2人の処女が欲しいという弟の懇願を聞き入れ、先に後ろの穴を貫かれた淳子に秘所を舐められながら母子3人で絶頂へ昇り積めるのだった。

【レビュー】

2013年に本作でデビューした作者で、本作は比較的オーソドックスな母子相姦、姉弟相姦作品となっている。

実母の淳子の描写は演奏家としてでは無く主人公との日常生活を通じて、常識的な価値観を持つ母親から徐々に女に変わっていく様子が丁寧に書かれていて非常に好印象を受けた。
近年のフランス書院文庫の路線が官能重視で出だしから突拍子も無く安易に体を許す展開の作品も少なくないだけに、実際はこうした迷いも有って然るべきかなと思うので納得出来る流れである。

腹違いの姉の美加とは3年振りの再会という高揚感の中で互いに男として、女として成長した姿を見せられ、姉弟二人で夜を迎える内に情交に及ぶまでのプロセスがとてもいやらしくインモラルな感じも出していて良かったと思う。

終盤で母娘2人と一緒に墓参りに至りそれまで初心だった筈の健太が一転して別人に変貌し2人を攻め立てる場面や、エピローグでの取って付けたようなアナルシーンはやや拙速過ぎた気もしなくは無いが、全体的には丁寧でよく纏まった印象を受けた。

【参考記事】

愛好家Sさんのブログでの本作の紹介記事はこちらからご覧下さい。

1941『二つの個人授業【溺れ母・溺れ姉】』




近年はデビュー作品ならぬ、「1題限り」の新人さんというのをあまり目にする機会は少なく、2013年デビュー組の中で2作品目の出版に至っていないのはこの歌川響さんだけだったりします。

実母とは3章、腹違いの姉とは2章分を使って情交に至るまでのプロセスを丁寧に描くスタイルは10年前くらいだと当たり前のような流れでしたが、
近年はページ数が少ない中でいかにして無理の無い範囲で情交場面の濃度を上げていくかに苦心されているのを見る限り、こうした作品は悪くないと思いますがいかがでしょうか。

tag : デビュー作品 高校生主人公 母子相姦 姉弟相姦 母娘丼

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR