FC2ブログ

2018年2月刊情報

◎フランス書院文庫2018年2月刊情報

フランス書院公式ホームページの「これから出る本」コーナーにて、2月のラインナップが発表されています。
(タイトルのリンク先は版元ドットコムさんの紹介ページです。)






青橋由高『母娘温泉【子づくりの宿】』




「いいのよ、私の膣中にたっぷりそそいで」
艶めかしい汗にまみれた瑞々しい美乳を弾ませながら
肉棒を秘唇で咥えこみ淫らにくゆらす人妻の腰使い。
家族の目を盗み、温泉で興じる子づくりセックス。
未亡人女将の弥生(34)、娘姉妹の麻沙美(25)と桃華(19)が、
日替わりで白濁をおねだりする、魅惑の温泉宿!



美少女文庫の主力作家による久々の黒本オリジナル作品となりますね。(前作、前々作は短編集でした)甘々世界と少々捻りの効いた作風に接することが出来て喜ばしい限りです。






一柳和也『自我崩壊 三匹の令嬢女教師狩り』




(怖い……私が私でなくなっていく……)
教え子に後背位で貫かれ、イキ狂わされる美奈。
高潔な教育理念を掲げ、正義感の強い美教師を、
突然、放課後の卑劣な暴虐が踏みにじった!
痴態動画で弱みを握られ、白濁を注がれる日々。
28歳が快楽に目覚める頃、毒牙は同僚の女教師へ……



悪魔な教え子による女教師凌辱ものですが、こうした作品でいつも思うのは始めに攻略したヒロインへの執着が終盤になるにつれて段々と褪せていくということ。やはり男は新しい獲物の方が良いのでしょうか。






美原春人『したくてしたくて 義母と子連れの未亡人』




「もっと強く抱いて。ずっとさみしかったの……」
服を足下に脱ぎ落とし、男の胸に抱きつく佑里恵。
娘を遺し、目の前から消えた夫の温もりを埋めるため、
同じマンションの大学生を誘い、肌を重ね合わせる。
身体によみがえる亡夫が教えてくれた絶頂の悦び。
二人の関係は昭典の義母に知られることになり……



昨年デビューなさって早くも4作品目となりますが、本作辺りでこれまでの総括とこれからの方向性を見極めることになりそうだと勝手に感じております。作品では佑里恵と昭典の義母の二人が登場予定でしょうか?






御前零士『新妻姉妹【自宅ソープ奴隷】』




「奥さん、旦那以外の××を洗う気持ちはどうだい?」
自宅の浴室、泡まみれの手で肉茎をしごく理奈。
幸せな結婚生活を送っていた27歳の新妻は、
夫の上司に襲われ、「自宅ソープ嬢」に堕とされる。
客への即フェラ、接待セックス、特別アナル奉仕……
家族を守るため、屈辱に耐えながら働き続けるが……



フランス書院文庫の新作としてはまさに約1年振りとなります。
この間はフランス書院文庫Xと言いつつも、リアルドリーム文庫の既刊のリメイク、合作ばかりでしたので…。






庵乃音人『淫ら兄嫁づくし 若兄嫁、熟兄嫁、未亡人兄嫁』




「私の××で大人の世界に導いてあげる、あんっ」
押し込まれた義弟の肉茎に湿った吐息を漏らす綾花。
背徳的な姦係であるほど深まりゆく、禁忌の快楽。
夜のバスルームで、リビングで、夫の遺影の前で、
心のなかに潜む淫性をさらけだしていく三匹の美獣。
24歳、29歳、35歳――兄嫁だらけの溺れ夜、開幕!



こちらもフランス書院文庫では約1年振りとなる庵乃音人さんです。「若」、「熟」、「未亡人」と分けながらも、実は全員未亡人…なんていうことはないでしょうか?






霜月航『奥さまはS級捜査官』




「やめて、離れなさいっ……この、ケダモノっ」
32歳の裸身を突き上げる剛直、朱唇から漏れる吐息。
敵のアジトに潜入した人妻捜査官の女肉に迫る魔罠。
上下の口を休みなく犯されついには裏穴の破瓜まで……
身体を貫くエクスタシーに必死に耐える真紀だが、
調教の果て、S級捜査官は肉茎を自らねだる美牝へ!



2018年初登場の作家さんによるデビュー作品のようですが、本作に似たコンセプトの官能大賞選考作品が見られません。
従って選考作品というよりは、別レーベルで書かれている作家さんによる別名義の可能性が高いのかな?と思われます。
捜査官ネタで活躍の官能作家さんもいらっしゃいますね。
詳細が分かれば大体私が見当を付けているあの作家さんではないか?その可能性が高いと思われます。






DSKさんのブログにて、2月刊行予定の「気になる」官能作品が多数取り上げられています。
2018年2月発売予定の官能書籍から気になる作品をDSKが独断と偏見でピックアップ!▼フランス書院文庫X※右側の画像は底本の表紙。 2018/2/13 発売人妻-恥虐の牝檻【完全版】(著:杉村春也)→ Amazonはコチラから。→ ハイブリッド書店【honto】はコチラ。新居で幸せな新婚生活を送っていたまり子。初々しい美肉は淫獣をおびき寄せ、白昼に悲劇が!凄絶な輪姦プレイ、露出ショウ、剃毛刑……同じマンションに住む百合恵も毒網...
2018年2月の気になる官能書籍








◎フランス書院文庫X2018年2月刊情報


こちらの2作品となります。いずれもハードXノベルズの復刻です。
杉村春也さんの作品は900ページ超ということから、紙書籍より電子書籍でお持ちになられた方が良いのかな?と思います。













◎美少女文庫2018年2月刊情報


以下3作品となります。余談になりますが最近の一般ラノベのエッチな寄りは際どく、これは局部の露出があるか無いかの違い程度。ここまで許されるならエロラノベの存在意義ってなんだろうなと感じますね。
露出もあるけど重い展開にしても、逆に軽い展開に振っても「○○のパクり!」って断罪される風潮って厳しいよなあとは思います。こういう批判をなさる方は「一般ラノベ>エロラノベ」という意識が強く、幅広く読んでいるだけにもっともらしい説得力があるので厄介ではあります。
まぁパクりでもオマージュでも楽しくてエロければ良いのでは?とこれは私の勝手な意見ですが。









続きを読む

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

2018年1月刊情報

◎フランス書院文庫2018年1月刊情報

フランス書院公式ホームページの「これから出る本」コーナーにて、1月のラインナップが発表されています。
(タイトルのリンク先は版元ドットコムさんの紹介ページです。)






七海優『夢の子作り生活 彼女の母、彼女の姉、新任女教師と…』




「私のために、たっぷりと濃い精液を溜めてね」
ルージュの剥げた唇で亀頭を磨く美熟女・雅子。
可愛い航輝のために精のつく料理を食卓に並べ、
家族の目を盗み、時間を惜しんで肉交に励む。
ついには娘たちがいる家で情事に溺れるまでに。
最初に孕むのは誰? 女たちが火花を散らす楽園!



第12回フランス書院文庫官能大賞の新人賞を受賞されてデビューしてから4年目で5作品目とやや少なめですが、本作も題名から「子作り」と甘さを感じさせる仕上がりとなっているようです。






夏月燐『女子なぎなた部【全裸稽古】』




「卑怯者! 何度穢されても私は屈したりしない」
無惨に胴着を剥ぎ取られ、操を蹂躙される佑理。
乙女たちの汗の匂いに淫獣が招き寄せられた。
武道に奉げた純潔が極太な肉刀に貫かれる!
袴からのぞく白い太腿、弄ばれる桜色の乳首……
神聖な稽古場にもれるあえぎ声と啜り泣き!



12月にフランス書院文庫Xにて過去の作品の合本『若妻と誘拐犯』を刊行なさった夏月燐さんですが、オリジナルでは『隣人レイパー【歪愛の標的】』以来8年振りの新刊になりそうです。






小鳥遊葵『全国熟女めぐり』

全国熟女めぐり (フランス書院文庫)
小鳥遊 葵
フランス書院
2018-01-25



「女の盛りは何歳だと思う? 三十からよ」
湯けむりと田舎の静けさが熟女の理性を崩し、
するりと落ちた浴衣の奥から淫らな蜜が伝う。
快楽を知り尽くした手つき、舌這わせ、腰遣い……
久しぶりの肉交で「おんな」を取り戻す熟女たち。
女教師、兄嫁、義母……癒しを求めて僕は旅する!



「島のしきたり」が定番となっていた小鳥遊葵さんの新刊は、主人公が島を飛び出して女体巡りの旅に出るようですね。楽しみにしています。






香坂燈也『お泊まり先生 女教師、そして隣人姉妹も』




憧れていた英理子先生が「お泊まり」に来るなんて!
パジャマ代わりに僕のワイシャツを裸身に羽織り、
朝が来るまで甘美な手ほどきを受ける最高の時間。
夢の初キス、とろける生フェラ、待望の筆おろし。
有頂天の弘明に隣人姉妹が「泊まらせて」とやってきて!?
19歳、24歳、28歳――シングルベッドのハーレム体験!



『○○先生』という題名は最近のトレンドですが、女教師は典型的な官能作品のキーワードでもあります。楽しみにしています。






風吹望『絶対服従オフィス 高飛車四姉妹秘書』





くやしい。でも気持ちいい……私としたことが…… 
完全防音の役員室、バックで貫かれる美人秘書・理沙。 
社内の不正にも屈しなかった心を色調教で堕とされ、 
肉棒への服従を誓わされ、しかも絶頂を迎えるなんて。 
美尻をくねらせつつピストンをねだる25歳は知らない。
玲那、麻奈美、桃香――最愛の姉妹にも悪魔の毒牙が!



前作『華と狂犬 未亡人、そして三姉妹を』以来2年半振りとなる新作です。






千賀忠輔『奴隷義母、玩具兄嫁、熟牝家政婦』




「やめて。裂けちゃう、あの人より大きい……」
未亡人兄嫁の秘孔を狙い、うなりをあげる義弟の硬直。
まだ哀しみが癒えぬ女体への姦淫が暴走の始まり。
奥まで白濁を注ぎこまれる「淫獣儀式」の果て、
悪魔の標的は、母代わりの家政婦、後妻の義母に……
女に眠る欲望のすべてを暴いていく「調教の家」!



2017年に凌辱作風で最も活躍された新人作家さんですが、満を持しての3作品目となります。






DSKさんのブログでは1月発売予定の「気になる」官能作品をピックアップなさっています。
2018年1月発売予定の官能書籍から気になる作品をDSKが独断と偏見でピックアップ!▼フランス書院文庫 2018/1/25 発売奴隷義母、玩具兄嫁、熟牝家政婦(著:千賀忠輔)→ Amazonはコチラから。→ ハイブリッド書店【honto】はコチラ。「やめて。裂けちゃう、あの人より大きい……」未亡人兄嫁の秘孔を狙い、うなりをあげる義弟の硬直。まだ哀しみが癒えぬ女体への姦淫が暴走の始まり。奥まで白濁を注ぎこまれる「淫獣儀式」の果て、...
2018年1月の気になる官能書籍








◎美少女文庫1月刊情報


遠野渚/竹花ノート(イラスト)『とってもバブみなあまえ神ちゃん!』









ほんじょう山羊/ひなたもも(イラスト)『アイドルマスター生贄総選挙』

アイドルマスター生贄総選挙 (美少女文庫)
ほんじょう 山羊
フランス書院
2018-01-20








上原りょう/ひさまくまこ(イラスト、原作)『優等生綾香のウラオモテ』

優等生 綾香のウラオモテ (美少女文庫)
上原 りょう
フランス書院
2018-01-20

続きを読む

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

2017年12月刊情報

◎フランス書院文庫12月刊情報

フランス書院公式ホームページの「これから出る本」コーナーにて、12月のラインナップが発表されています。(タイトルのリンク先は版元ドットコムさんの紹介ページです。)






天海佑人『全裸家政婦【ふたりの兄嫁と義母】』




「旦那様、私が今夜のお相手を務めさせて頂きます」
裸エプロンを足下に脱ぎ落とし、ベッドに上がる美琴。
訳あって鳥居家の当主となった真也の生活は激変!?
どんな要望も叶えてくれる義母とふたりの兄嫁。
全裸お掃除、浴室でオッパイ洗体、お尻のご奉仕まで。
24時間、淫らな「おもてなし」をご堪能ください!



前作が『三匹の人妻奴隷家政婦』という題名なので、家政婦を題材とした作品は連続となります。(表紙イラスト担当は引き続き赤尾真代さんです。)「激変!?」「ご堪能ください!」というあらすじからコメディタッチの作品を思わせますね。






御堂乱『先生の奥さん【完全調教クラブ】』




「どうだ、奥さん。俺のでかいのが入ってるだろ」
子宮口を衝き上げられ、白い喉を仰け反らせる蓉子。
次々に体位を変えられ、カメラに撮られる淫らな姿。
落ちこぼれ生徒を家に上げたのが悲劇の始まりだった!
愛する夫にも言えず、苦痛と屈辱に耐える日々。
思い出の詰まった夫婦の愛の巣で二穴を穢され……



御堂乱さんの前々作品が『女教師【完全調教クラブ】』でしたし、先生繋がりで続編かと思われます。





神瀬知巳『ママと妹が僕の部屋に入り浸り』




「お母さんにバレないようにエッチしよっか」
コタツの中、和晴の股間に足を這わせる小悪魔。
一人暮らしの僕のアパートに押しかけてきた母娘。
狭い部屋での共同生活、視界に入る胸チラ……
兄妹の姦係に気づいた義母は叱ると思いきや、
「ママも我慢できないの」と欲情してきて……



9月に新刊を刊行なさったばかりの神瀬知巳さんですが、今までより早いピッチでの新作というのが驚きでもあり、思わず過去作品の続編ではと疑ってしまいました…。和晴という主人公は今までに登場していないので、恐らく新作とみて良いかと思います。楽しみです。






天崎僚介『夜這い未亡人【てほどき寝室】』




(やっぱり来た、私をいやらしい目で見ていたものね)
闇の中、寝たふりをして女陰を火照らせる恭子。
荒い息遣い、胸を揉む手、ふとももに忍び寄る指。
悠斗を熟女フェロモンで挑発しつづけた38歳の柔肉。
渇ききった未亡人の女体は、肉欲に溺れてしまい……
叔母、兄嫁、義母――淫らなてほどき未亡人たち!



「夜這い」、「てほどき」という言葉は最近のフランス書院文庫のトレンドになって来ました。誘惑作品のエース作家がどのように調理なさるのか、楽しみにしています。






綺羅光『人妻奴隷姉妹』

人妻奴隷姉妹 (フランス書院文庫)
綺羅 光
フランス書院
2017-12-26



「お姉ちゃんのよがり声を聞いて興奮してるのか?」
縄掛けされた肉体を深いストロークで抉られる歩未。
美姉妹を互いの眼前でいたぶり抜く容赦ない暴虐。
姉の夫の屈折した欲望が30歳と28歳を蟻地獄へ。
穢され、嬲られ、奉仕させられる屈辱の肉檻。
ドス黒い欲望に染められる人妻たちの白い肌!



キャリア30年以上の大御所もまだまだ負けぬとばかりに、コンスタントに新作を刊行なさっています。






鏡龍樹『雪国の未亡人女教師 乱れる、溺れる、堕ちる』




「お願い、私の身体をあなたの肌で温めて」
教え子の肉茎に腰を揺らし吐息を漏らすあゆみ。
真夜中の寝室、喪服のままで、身体を寄せ合い、
獣のように、性悦を貪り狂う二人は知らない。
果穂と紗栄子――二人の哀しき未亡人教師もまた、
満たされない欲望で女体を疼かせていることに……



こちらもキャリア20年以上の大ベテラン作家による新刊です。前作が約7年半振りの新刊でしたが、定期的に刊行なさるようで嬉しい限りです。






◎フランス書院文庫X

偶数月の10日前後はフランス書院文庫Xの刊行日です。今回はハードXノベルズからではなく、フランス書院文庫やリアルドリーム文庫作品からなのが特徴です。

夏月燐『若妻と誘拐犯』

若妻と誘拐犯 (フランス書院文庫X)
夏月 燐
フランス書院
2017-12-13



(もう夫を思い出せない。昔の私に戻れない……)
監禁された薄暗い六畳間にもれる若妻の呟き。
誘拐犯と二人きりの密室で朝から晩まで続く肉交。
志織の成熟した肉体は意に反して恥辱の絶頂へ。
27歳と24歳、狂愛の標的にされた人妻たち!




【元の作品】

『若妻と誘拐犯 密室の43日間』




(もう夫を思い出せない。昔の私には戻れない……)
監禁された薄暗い六畳間に、若妻の哀しい呟きがもれる。
誘拐犯と二人きりの密室で、朝から晩まで続く肉交。
対面座位で貫かれながら、清楚な美貌を染める志織。
27歳の成熟した肉体は、意に反して恥辱の絶頂へ……
狂愛の誘拐犯と美しき人妻、二人だけの43日間!
(元作品のあらすじより)



『狂愛の絆 若妻とストーカー』




誰かに見られている、誰かに尾けられている……
顔の見えない脅迫者の影におびえる若妻・有紀。
家族のいない停電の夜、男はついに自宅へ不法侵入。
夫婦の寝室で「夫」のようにフェラチオを要求。
後ろから裏穴を穢されながら、24歳は哀しく呟く。
私、大嫌いな男に犯されて感じはじめてる……



先月の北都凛さんのようにかなり久々のご登場となるのが夏月燐さんです。作品自体はちょうど12年前となりますから当時の色合いを残しているかはともかく、560ページという分量でヒロインが二人という点からすると、この両作品の合作ではないかと思われます。そもそも暫くご縁がなかった(とみられる)作家さんが何故今ごろになって?という疑問が出ましたが、来年1月にフランス書院文庫から『女子なぎなた部【全裸稽古】』が発売されるようですので、その販促とも言えるのかもしれません。(公式ホームページの紹介ページが11/30に追加されました。)






御前零士『絶望の淫鎖 襲われた美姉妹』




「それじゃ、姉妹仲良くナマで串刺しといくか」
ベッドの上、上下逆さで重ねた肉体を貫く男たち。
成績優秀な女子大生・美緒、スポーツ美少女・璃緒。
姉へのコンプレックスで妹のとった行動が悲劇を生む!
中年ストーカーに三穴を穢される絶望の肉檻!




【元の作品】

『啼きくらべ 恥辱に乱れる美少女姉妹』




可憐な美姉妹が中年男の肉罠の餌食に!
Fカップの美巨乳で容姿端麗、成績も優秀な姉・美緒。
溌剌とした健康美に満ちた美少女の妹・璃緒。
仲の良い姉妹がコンプレックスによる擦れ違いから
肉欲の権化に処女を散らされ淫獄へ堕とされてしまう!
「そんな……なかはやめ……っ、こんなのいやあッ」
(元作品のあらすじより)



御前零士さんは前回(2017年10月)の際もご登場となりましたが、慣例の通りリアルドリーム文庫時代の作品のリメイクとなりそうです。まだリアルドリーム文庫での版権が残っている状況での刊行のようでしたが、前作もフランス書院文庫X化に合わせたかのように、リアルドリーム文庫側もフェアの対象作品としているのが不思議です。
さて本作では「元の通りであれば」、フランス書院での御前零士作品としては初めての美少女凌辱ものとなるようです。こちらは412ページという分量からして、大幅に加筆されているのは間違い無さそうです。





DSKさんのブログでは、12月発売の「気になる」官能作品をピックアップなさっています。
2017年12月発売予定の官能書籍から気になる作品をDSKが独断と偏見でピックアップ!▼フランス書院文庫X※右側は底本の表紙 2017/12/13 発売若妻と誘拐犯(著:夏月憐)→ Amazonはコチラから。→ ハイブリッド書店【honto】はコチラ。(もう夫を思い出せない。昔の私に戻れない……)監禁された薄暗い六畳間にもれる若妻の呟き。誘拐犯と二人きりの密室で朝から晩まで続く肉交。志織の成熟した肉体は意に反して恥辱の絶頂へ。27歳...
2017年12月の気になる官能書籍

毎年の恒例になりました『こんな官能小説が読みたかった!2018年版』のDSKさんの書評も楽しみにしています。






◎美少女文庫

美少女文庫の方も中堅どころの作家さんで固めていて、やはり手堅い印象ですね。山口陽さんの作品は『我が家のリリアナさん』という葵渚さんのオリジナル作品がありますので、そのノベライズとなりそうです。






鷹羽シン/たくじ(イラスト)『日米俺嫁大戦 金髪処女ビッチvs.黒髪の妹巫女』




「ホウタの××、レニーの奥まで入ってマス……ワタシ、ビッチのフリまでして、やっと、バージン捧げられマシタ……。……アレ? おかしいデス。ワタシ、涙が出てきちゃいマシタ。シアワセなのに……」
青い瞳に煌めく滴を滲ませて、微笑む金髪グラマー幼なじみ・レニー。
大胆すぎる再会ハグ&キスも、爆乳を見せつける挑発コスプレ撮影会も、過剰なスキンシップデートも、スパイスーツ姿での夜這いも――全部、恋する乙女の背伸びだったのだ。
「俺も、初体験の相手がレニーで幸せだよ」
砲太は豊満ボディを力いっぱい抱きしめて、膣内の感触も肉棒で存分に堪能する。
 ――――…………
「だ、だめです! にいさまのお相手は、天孕の巫女たる、この美凪なのです!」
しかし、遠く山奥の神社から、二人の関係に嫉妬する黒髪の妹巫女が襲来して……








青橋由高/HIMA(イラスト)『僕には家事妖精(シルキー)なメイドがいます』




「絹葉の蕩け顔、見ないでくださいませ!」
屋敷や暖炉に取り憑く家事妖精の女心を奪った少年ご主人様の愛と責め。
英太郎は絹葉の両手首をがっちり握ってベッドに押しつけると、律動を激しくしてくる。
「ああいけません、顔を隠させてください」
「ダメだって、目を瞑っちゃ。いつもみたいに瞬きしないで、じっと僕だけを見つめて」
至近距離で、感じている顔を見られながら、白い貴婦人は身も心も主に捧げていく。
 気づけば絹葉はだらしなく喘ぎ、少年の腰に両脚を巻きつかせていた。
(マスターの××、また逞しくなりました。私のイキ顔に興奮してくれているんですね)
イギリスから日本へ渡って以来、妖精とも亡霊ともつかないシルキーになって以来、こんなにも人を愛しく思えるなんて……。








山口陽/葵渚(原作・イラスト)『我が家のリリアナさんと夏休み!』





「達也さんの精液、今日もこんなにいっぱい、注いでもらえて……私、とても幸せです」
両腕を広げ、満面の笑みを浮かべるリリアナさん。白銀の髪も、煌めく褐色の肌も、溢れんばかりの巨乳も、興奮をそそるお尻も、全部、アナタのもの……。
リリアナさんとの甘い甘い同棲生活も季節は夏……最高の夏休みが今始まる!
汗だく濃厚セックスに、いちゃいちゃ混浴ご奉仕、二人きりの大胆水着ショー!
何度愛しても愛し足りないリリアナさん。
時にはぬるぬるオイルマッサージで、淫魔コスプレで搾られて。
しっとり浴衣エッチでも、可愛い絶頂姿を見せてくれる……
我が家のリリアナさんは、どんな願いも叶えてくれる!

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

2017年11月刊情報

◎フランス書院文庫11月刊情報

フランス書院公式ホームページの「これから出る本」コーナーにて、11月のラインナップが既に発表されていますが、暫く登録の無かったAmazonサイトにて、榊原澪央さんの新刊がやっと登録されました。

※フランス書院文庫ホームページにて11月刊の情報がアップされたので、作品タイトルからのリンク先はそちらの作品紹介ページとしています。(11/17更新済み)






鷹山倫太郎『尼僧とシスターと僕』

尼僧とシスターと僕 (フランス書院文庫)
鷹山 倫太郎
フランス書院
2017-11-25



「マリア様、淫らな私をお赦しください……」
腕で覆った豊麗な乳房、下腹で可憐に茂る黒叢。
清廉なシスター・十和子の沐浴を覗いた瞬間から、
壮太の理性を狂わせる「最高の禁忌」が幕開いた!
欲望を法衣に隠す尼僧・芳江、純潔修道女・十和子。
二人の聖女が僕にだけ見せてくれる淫猥な素顔!



今月のインパクトある表紙第1弾ですが、川島健太郎さんが手掛けていらっしゃいます。ド直球な尼僧とシスターな組み合わせですが、個人的には誘惑作品はヒロイン二人で競い合うくらいがちょうど良いのかなと考えています。(しかしみき26歳・女子大生がいるので、ヒロインは三人かな?)楽しみですね。






榊原澪央『高慢女上司【全裸勤務】』




「偉ぶる女ほど、すぐ濡れるってのは本当だな」
デスクに手をつき、開いた股間を覗かれる美咲。
顎でこき使い、パワハラを繰り返す女上司に、
男の面子を潰された部下が牙を剥いた!
オフィスで裸身を晒し、ピストンによがる33歳。
人妻課長、女社長、秘書……三匹の淫らな社畜!



『高慢』で始まる題名は鬼龍凱さんのデビューからの三作品に共通していましたが、他の作家さんに使われるということは?というのは余談ですけど、どこかコメディな路線も窺える榊原作品なだけにパワハラを受ける主人公にあまり悲壮感を感じさせないですけどね…。表紙イラストは赤尾真代さんによるものです。

【参考作品】









水沢亜生『混浴先生 塾講師と女教師と家庭教師』




「成績アップのご褒美はお風呂でね……」
バスタオルを胸に巻き、教え子を誘った優香里は、
優しく手を添えて自らの濡れた秘部をいじらせる。
脈打つ肉棒をしごく指先、喉奥まで咥える朱唇。
びっしょり汗をかいた後は寝室で肉交レッスン。
三人の「先生」から混浴で教わる大人の愛し方!



10月に続いて新人さんがデビューとなりますが、この作者さん「みずさわ・あき」と読むようです。女優さん?と思ったのは私だけでしょうか?丹野忍さんの描くヒロインは20代後半くらいを思わせます。こちらもヒロイン三人のようですね。






北都凛『専業主婦・美帆 夫の知らない奴隷生活』




「奥さん、簡単にイッたらお仕置きだぞ」
白昼の寝室、こぼれる乳房を荒々しく揉みしだかれ、
甘蜜あふれる肉穴を犯され、何度もイキ果てる26歳。 
寿退職をして幸せな新婚生活を送っていた美帆は、
新居を斡旋した不動産屋に弱みを握られ、性奴隷に!
浴室で、リビングで続く、夫の知らない調教の日々!



フランス書院文庫Xでは過去作品の加筆修正版を出していましたが、黒本としては『新妻と誘拐犯【密室の48日間】』以来9年8ヵ月振りの新作でしょうか?(リアルドリーム文庫の作品で同じ26歳の美帆というヒロインが登場するのが若干引っ掛かりますが…。)DSKさんのブログ記事によりますと、織田nonさんによるイラストではとのことですが、確かに絵心のない私が見ても同じ方が描いたと分かるくらい特徴的であります。(公式でもアナウンスされましたので確定です。)
因みに来月フランス書院文庫Xを刊行なさる御前零士さんが帯にて、本作の推奨コメントを寄せています。

【11/11追記】いつの間にかリアルドリーム文庫での北都凛さんのこちらの作品の電子書籍での取り扱いは、ほとんどのサイトにて終了となっていました。恐らく本作の底本がこちらで、改題した上で約50ページほどの加筆と並行し全体的な修正を行ったのではないかと思われます。美帆の他にあやの34歳・人妻とダブルヒロインとなっているようです。

新妻【贖罪】 私は牝になる (リアルドリーム文庫 24)
北都凛
キルタイムコミュニケーション
2009-09-30








宗像倫『夢の女看護師寮』

夢の女看護師寮 (フランス書院文庫)
宗像 倫
フランス書院
2017-11-25



看護師寮――白衣の天使が本性を露わにする最高の楽園!
妖艶ナース・しのぶが教えてくれた秘密の初体験。
新人ナース・唯の瑞々しい奔放な美肉を味わって、
昂ぶりきった獣性は憧れつづけたナース・佳奈へ。
寮内に充満する牝フェロモンが慎司を牡へと変えていく。
すべての女を独占するまで「侵犯」は終わらない!



約1年振りの新作は「侵犯」と言いながらも完全に誘惑作品のようですし、「しのぶが教えてくれた秘密の初体験」からすると「童貞」の主人公ではないかと思われますね。今までとは違って凌辱作品ではありません。(しつこいようですが)表紙イラストは渡邉康明さんによるものでほぼ間違いないでしょう。

こちらは久し振りに渡邉康明さんがご担当なさった黒本作品です。










鷹羽真『友達の美しいママ【僕専用(おかず)】』




「一度だけ、潤一くんの思い通りにさせてあげる」
恥ずかしそうに下着を脱ぎ豊麗な裸体を晒す綾子。
四つん這いにされ貫かれれば唇からは恍惚の吐息が……
潤一の獣欲に煽られ与えてしまった38歳の完熟肉。
スマホ撮影、テレフォンセックス、コスプレ姦淫。
一線を超えた危険な関係はエスカレートしていき……



あらすじと272というコンパクトなページ数から推測するまでもなく、単独ヒロイン作品ですね。後述しますが12月には美少女文庫でも新刊が発売となります。






DSKさんのブログでは、11月の気になる官能作品を多数取り上げています。
2017年11月発売予定の官能書籍から気になる作品をDSKが独断と偏見でピックアップ!▼フランス書院文庫 2017/11/25 発売友達の美しいママ-僕専用(著:鷹羽真)→ Amazonはコチラから。→ ハイブリッド書店【honto】はコチラ。「一度だけ、潤一くんの思い通りにさせてあげる」恥ずかしそうに下着を脱ぎ豊麗な裸体を晒す綾子。四つん這いにされ貫かれれば唇からは恍惚の吐息が……潤一の獣欲に煽られ与えてしまった38歳の完熟肉。スマ...
2017年11月の気になる官能書籍








◎美少女文庫11月刊情報


ほんじょう山羊/笹森トモエ(原作・イラスト)『サキュバステードライフ 現代淫魔との同棲事情』




「ああ、すっごい! 射精されながら、奥をズンズンされるの……凄くいいわ!」
「さ、櫻待さん! 櫻待さんっ!!」
求められるがまま膣奥を抉りながら、同級生の名前を呼ぶ。
「来てっ! あああ……来てっ」
トロンッと冬子の表情が蕩けて、瞬間、射精が始まった。
サキュバスの末裔と称するセーラー服の同級生の中に多量の精液を撃ち放
つ。流しこむ。注ぎこむ。
「ああ、射精てる! あっは……幸せ」
精を幸せそうな表情で受け止めながら、冬子も絶頂に至ってくれた。
(櫻待さん、綺麗だ……)
本能のままに喘いでいる表情に、思わず見惚れる。美しい姿だった。



美少女文庫×同人サークルによるノベライズもすっかり定着化した感がしますが、今回はサークル「NANIMOSHINAI(なにもしない)」の代表作品からです。この題名は『SUCCUBUS STAYED LIFE』が正しいようですが、韻を踏まえてではないかと思われます。目次ではヒロインは櫻待さんの他に二人ヒロインがいるようです。






みかど鉄狼/米白粕(イラスト)『元勇者はロ リ エルフ村をハーレムにデキました!』




ニコラ「この、ろ り こ ん ろ り こ ん ろ り こ ん!ほら、あたしたちのちっちゃな××に××を突っこみたいんでしょ、なにが元勇者よ!」
ベリィ「はわわっ! おち×××がパンパンじゃないですか! このままじゃ、恩人のカイトさんが爆発してしまいます!」
レモン「レモンともせっくすして? レモンだけ、仲間はずれなんて嫌だもん」
社畜から魔王を倒す勇者へ転生して三百年、ず~~~っとつらい戦いと修業を続けてきた。
勇者を引退して、三人と出会って、やっとこのロ リ エルフ村で、理想のスローライフが実現できたのだ。
もう、ロ リ エルフたちとのハーレムで幸せになってもいいんじゃないか?
ベッドの上で広がる、ロ リ エルフ三人の純粋無垢な挑発ヌード!



みかど鉄狼名義での美少女文庫第二弾は、転生した元勇者と幼いエルフたちとのスローライフを題材にしたファンタジー要素満載の作品です。「デキました!」なだけにオチも何となく分かるような気はします。

※諸事情により一部ワードに改変を加えていますので、ご理解のほどお願いします。






わかつきひかる/三上ミカ『金色狼な妹と新婚スローライフ』

金色狼な妹と新婚スローライフ (美少女文庫)
わかつき ひかる
フランス書院
2017-11-20



帰ろう、妹が待つ山奥のツリーハウスへ。
両親の跡を継いで、村を守る勇者になったリヒト。
冒険の旅にも出ない村の勇者を続けてきたのは、妹を守るため……。
狼の獣人、拾い子、だとバレて村を追い出された妹のグリッタと始めた山奥暮らし。
「私のせいで……ごめんなさい」
君は謝るけれど俺は今の生活が好きなんだ。
「えへへ。幸せ。私、もう死んでもいい」
血がつながらないからこそ結ばれた初体験。
「ダメ、お兄ちゃん、私、イキそう!」
露天温泉でお湯を掛け合いながら混浴H。
「欲しいの、私、精液が欲しいの!」
 発情したグリッタのもふもふ金色毛皮を撫でながらの種付け後背位H。
やっとわかった……君を泣かせないことが俺の勇者としての役割だったんだ。



10月に刊行された『処刑姫リーゼロッテ』から2ヵ月連続での刊行となりますが、本作は元勇者のスローライフという何処かで聞いたような(以下略)、確か前にも出したような(以下略)…。

ご関係者の苦労のほどが窺えます…。

『処刑姫リーゼロッテ』は凌辱風味なのに対し、こちらはほっこりとしたわかつきひかる作品の定番路線のようですが、わかつきさんは昨年こんな作品を出していました。

わかつきひかる/八坂ミナト(イラスト)『エルフ嫁と新婚スローライフ』

エルフ嫁と新婚スローライフ
わかつき ひかる
フランス書院
2016-12-23



イラストご担当の三上ミカさんは今年の1月に刊行された作品では、サークル「アクアドロップ」での原作もなさっていました。

みかづき紅月/三上ミカ(原作・イラスト)『おやすみせっくす 僕のために眠る妹』


テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

2017年10月刊情報

◎フランス書院文庫10月刊情報

フランス書院公式ホームページの「これから出る本」コーナーにて、10月のラインナップが既に発表されています。






山口陽『本当は淫らな艶熟女 幼なじみの母、美尻社員、兄嫁』




娘の目を盗みリビングで性悦をむさぼる幼なじみの母。
お酒のせいにして牝の本性を露わにする美尻OL。
大胆衣装で豊満ボディを惜しみなく晒して誘う兄嫁。
貞淑な美貌に秘めた満たされない欲望を年下の男にぶつけ、
久々に味わう愉悦に我を忘れ腰を蠢かす36歳、37歳、39歳。
綺麗で可愛くて最高に淫ら――生唾もののおいしい熟女!




前作『お尽くしします 大正純潔娘と僕』から1年8ヵ月振りとなる新刊です。「艶熟女」というタイトルより「特選小説」誌にて掲載されていた短編を再構成したものかと思っていましたが、どうやら新作のようですね。






多久間太『嫁調教 息子の嫁、隣の嫁』




「やめて、お義父さんっ、イキすぎて、私、怖い」
息子の嫁として接するには魅力的すぎる知世。
二人きりの昼下がり、正昭が抱く劣情が暴発した! 
強制マッサージ、浴室調教、Gスポットいじり……
瑞々しい21歳の女体は、老練な性技で幾度も絶頂へ。
暴走する性衝動は隣人の美しい若嫁・梨沙子にまで!



デビューより悪魔少年、暴行集団と作品毎に趣向を変えている作者の新刊は、最近のフランス書院文庫では珍しく息子の嫁を題材としています。ヒロインの年齢が21歳と若く設定しているので、主人公である舅もそれなり初老と呼ばれるくらいの年齢かと思われます。






小日向諒『母娘休暇 てほどきは義母と美姉妹から』




弥生(38)の女膣で最高のてほどきを施された夏休み。
摩耶(26)のFカップで危険な悦びに目覚めた冬休み。
花蓮(19)の健気で清楚な魅力に溺れきった春休み。
休暇で帰省するたび僕を若牡に変貌させる美母娘。
「おっぱい見たい?」「××したい?」「何度でもして」
未亡人vs.OLvs.女子大生――甘い休日、開幕!



前作『てほどき初体験 女教師未亡人と隣りの未亡人』より4ヵ月と早いスパンでの刊行に少々驚きましたが、本作もこれまで通り斎美市を舞台に繰り広げられる誘惑作品だと思います。楽しみにしています。






上条麗南『都合のいい身体 妻の母、妻の妹は言いなり奴隷 』




「娘の代わりに私の体を自由に使ってください……」
湿ったショーツを涼子は自らずらし、濡れた秘部を晒す。
欲情の潤みを舌でねぶられ、頬を赤面させる39歳。
悪魔婿に籠絡された義母は、絶対服従の性奴隷に!
寝室で緊縛セックス、浴室でアナル姦、リビングで母娘責め。
いつしか自分から「挿入れて」とねだりはじめ……



前作『徹底服従 彼女の母、彼女の姉、義母』が約2年振りとなる刊行でしたが、本作は10ヵ月のスパンでの新作です。こちらは妻の母親と妹を題材としていますね。






なぎさ薫『したがり先生 人妻家庭教師と女教師ママ』




「今日は先生、雄太くんのために何も穿いてないの……」
捲ったスカートからのぞく白い太もも、豊かな尻……
勉強に身が入らない息子のため、親が雇った家庭教師。
やって来たのは、見目麗しくセクシーな32歳の人妻。
フェラ、手コキ、クンニ……与えられる成績アップのご褒美。
エッチな妄想が次々に叶ってゆく二人だけの密室授業!



ヒロイン設定が極めてよく似ていることから、本作は第19回フランス書院文庫官能大賞の特別賞受賞作品ではないかと思われます。そして某人気アニメの登場人物と読み方が一緒のペンネームであることから、これまでの法則に倣って既存作家さんの変名の可能性が高いのかな?と見ていますが…。そうでないにせよ非常に楽しみな作品です。






夢野乱月『甘美なる隷従』

甘美なる隷従 (フランス書院文庫)
夢野 乱月
フランス書院
2017-10-25



「君の身体に私の女である証しを刻みこんでやろう」
蕩けた真奈美の花芯を抉り抜いてくる硬い男根。
肌に食い込む緊縛、二穴責め、隷従の口上……
まだ本当の悦びを知らない25歳の肉体は、
快楽と苦痛に蝕まれ、性を開発されていくが……
調教される女の心と肉体を描く夢野乱月の新境地!



作者の夢野さんも前々作から前作までのスパンが長い割りに、前作から本作までは早い間隔で新刊となっています。夢野さんは毎作品ボリュームたっぷりな印象ですが、本作も432ページとかなり多めです。






◎フランス書院文庫X10月刊情報


御前零士『孕み妻【優実香と果奈】』




人妻の危険日を狙う 漆黒の野獣たち!

(ああ、裂けちゃうっ……あのひとより大きい)
屈強な黒人男性に組み敷かれる日本人妻。
野獣のような腰遣い、吹きかかる荒い息……
眠る夫のそばで抉り込まれる黒光りする巨根。
28歳と25歳、種付け調教される清楚妻たち!



御前零士さんはリアルドリーム文庫にて沢山の著作を手掛けてきていますが、本作もそのレーベルで出された作品の加筆修正版として発売されるようです。Amazonのレビューを拝見すると元の作品との整合性に?な意見を見掛けます。単なる継ぎ足しでない仕上がりでならば良いのではと思います。

【元の作品】









藤崎玲『美獣姉妹【完全版】』




女教師と教育実習生 ダブル牝奴隷

学園中の男から羨望の視線を浴びるマドンナ姉妹が、
教え子の奴隷にされているとは!
姉妹浣腸、アナル姦、校内奉仕……
熟臀を掲げ、責めを乞う姉に妹ができる慰めは、
美尻を並べ、恥辱を分け合うことだけだった……


※ 本作はハードXノベルズで刊行された『美獣姉妹 女教師と教育実習生』を大幅に改稿し再編集した作品です

(フランス書院公式ホームページより引用)




2005年3月にハードXノベルズにて刊行された作品を、現在のテイストに合わせた形で加筆修正なさったものと思われます。

【元の作品】









DSKさんのブログでは、10月刊行予定の「気になる」官能書籍をピックアップされた記事が紹介されています。
2017年10月発売予定の官能書籍から気になる作品をDSKが独断と偏見でピックアップ!▼フランス書院文庫X※右側は底本の表紙。 2017/10/12 発売美獣姉妹【完全版】(著:藤崎玲)→ Amazonはコチラから。→ ハイブリッド書店【honto】はコチラ。学園中の男から羨望の視線を浴びるマドンナ姉妹が、教え子の奴隷にされているとは!姉妹浣腸、アナル姦、校内奉仕……熟尻を掲げ、責めを乞う姉に妹ができる慰めは、美尻を並べ、恥辱を分け...
2017年10月の気になる官能書籍

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

2017年9月刊情報

◎フランス書院文庫2017年9月刊情報


フランス書院公式ホームページ「これから出る本」コーナーにて9月発売予定の文庫情報が出ましたが、Amazonでは9/13現在でやっと更新されたようです。書影その他が反映されたら記事を更新いたします。(もう発売まで書影更新など無さそうな雰囲気ですね。)

※タイトルからのリンク先は全て版元ドットコムさんの紹介ページとなっています。(公式ホームページの方も書影・立ち読みまで更新済みです。)






美原春人『もっとしたいの 家主母娘と女教師』




(届いてる……娘と同じ年頃の子をこんな奥まで)
膣奥を埋める肉茎、子宮を圧迫してくる長大な逸物。
夫を亡くして五年、女手一つで大家業を営む未亡人。
疼く身体をもて余し、大学生の友吾をご飯に誘うが、
我慢できず、豊乳を押しつけ、朱唇を股間へ寄せる。
姦係に気づいた美娘は、自らもつたない挑発を……



今年2月デビューで早くも3冊目という異例の早さでの刊行ですが、本作もデビュー作品からほぼ同じ甘い路線のようです。もしかすると美原さんはここまでを官能大賞に応募する予定でストックしていたとして、多少の修正はあれど商業ベースに即乗せられるのであれば大したものだなあと感心いたします。






千賀忠輔『淫獣の逆襲 女教師姉妹、そして女教師母娘を』




一匹の淫獣が、学園の秩序と風紀を狂わせた!
授業中の真面目な顔を捨て牝に堕ちる未亡人教師・響子。
引き締まった躯を晒し露出授業を強制される体育教師・茜。
保健室で調教され幾度も絶頂を遂げる養護教諭・圭澄。
クールな美貌を歪め純潔を穢されるハーフの英語教師・リサ。
22歳24歳26歳34歳――すべての美教師が牝奴隷教師に!



デビュー作品『淫獣の襲来 先生の奥さんと娘三姉妹』と同様にヒロインが4人で、しかも女教師姉妹と母娘という欲張りな主人公のようですね(苦笑)ヒロイン設定でハーフがいたり未亡人がいたりというのは分かりますが、姉妹や母娘のカップリングは誰と誰だろう?年齢からして義母娘でないと合わないよね?と余計なことを考えてしまいました。






神瀬知巳『熟女お手伝いさんと僕 ワンルームでふたりきり』




「本当にたくましくなられて……反りも長さも……」
張りつめた肉茎を指であやし、蕩けた貌を寄せる百合子。
ひとり暮らしを始めた涼一の部屋にやって来たのは、
幼い頃から身の周りの世話をしてくれた36歳の未亡人。
掃除、洗濯、料理はもちろん、ムラムラしたら性処理まで!
熟女お手伝いさん――それは夢のように淫らな「恋人」!



今年は4月に続いて早いペースでの刊行のようで、『ふたりきり』という題名は前作でもやったばかりじゃん!という突っ込みはさておき…。単独ヒロイン作品だとすれば『ふたり暮らし【義母と甘えん坊な僕】』もありましたし、果たして今回はどんな仕上がりになるのでしょうか。






御堂乱『孕蔵【くら】未亡人兄嫁と若兄嫁』




「僕の子を孕むまで義姉さんはこの蔵を出られないよ」
ねっとり突き上げられる媚肉、奥まで届く長大な肉棒。
身体をブルブル震わせ、汗の粒を雪肌に滲ませる友梨恵。
兄に虐げられた弟の憎悪は、憧れの美しい兄嫁へ!
暗い蔵の中、身も心も縛りつけた24歳にぶつける欲望。
青狼の毒牙はもう一人の未亡人兄嫁(32)へも……



最近は熟女戦隊ヒロインなどかなり尖った設定の作品が多かった印象ですが、本作では二人の兄嫁を蔵に閉じ込めて調教する凌辱作品の王道らしい展開のようですね。






弓月誠『ママくらべ 友人の母、彼女の母、僕の義母』




「他のふたりはもっと上手なフェラチオだったの?」
亀頭を唇に含み竿肌に舌をねっとりと這わせる裕子。
美和子や明奈とは違う心地よさに智之は溺れた!
三人の「ママ」に優しく施される日替わり手ほどき。
極上クンニ、甘蜜シックスナイン、騎乗位交合……
熟肉を堪能し、身も心も翻弄される性の楽園、開幕!



『喪服の女に僕は耽溺れる』以来約1年振りの刊行となりますが、弓月誠作品らしく情交場面の濃厚さと切なさを感じさせるエンディングは保証済みと言って良いでしょうね。(もしかして彼女に収斂される結末とか…?)楽しみにしています。






相馬哲生『新妻狩り、隣人妻狩り、エリート妻狩り』




柔和な笑顔が男を虜にする弁当屋の新妻・みゆき(32)
上品な雰囲気に似合わぬ豊満ボディの隣人妻・優月(30)
怜悧な美貌を鼻にかける高慢なエリート妻・櫻子(34)
美しい人妻たちを、口説いて、奪って、堕として、
手なずけ、操り、調教し、ベッドで服従を誓わせる!
夫ではない男の腕のなか、人妻は淫らな美獣に変わる!



「狩り」なので一応凌辱作品だと思いますが、相馬哲生作品は展開のあやでヒロインに主導権を奪われることも少なくないてすから、本作も主人公がねちっこく攻めていくうちにヒロインが乗り気になるかもしれませんね。ヒロインが三人と思いきや、未玖というミスキャンパスのヒロインも登場するようです。






DSKさんのブログ記事では9月の「気になる」官能作品をピックアップなさっています。

2017年9月発売予定の官能書籍から気になる作品をDSKが独断と偏見でピックアップ!▼フランス書院文庫 2017/9/26 発売新妻狩り、隣人妻狩り、エリート妻狩り(著:相馬哲生)→ → ハイブリッド書店【honto】はコチラ。柔和な笑顔が男を虜にする弁当屋の新妻・みゆき(32)上品な雰囲気に似合わぬ豊満ボディの隣人妻・優月(30)怜悧な美貌を鼻にかける高慢なエリート妻・櫻子(34)美しい人妻たちを、口説いて、奪って、堕として...
2017年9月の気になる官能書籍




◎美少女文庫2017年9月刊情報


当初は3冊刊行予定でしたが、諸般の事情?により2冊に減るようです。






朱月十話/兎塚エイジ(イラスト)『中堅冒険者と年の差パーティのごく幸せなハーレム』




とっておきの下着姿で、お尻を高く掲げてグウィンの子供を欲しがる三人の〈幼妻〉。
「冒険者も続けますが、先生の赤ちゃんならフェリアはいつでも欲しいです!」
「わらわも同じ気持ちじゃ。エルフと人間ではなかなか孕まぬからいっぱい注いでくれ」
「わぅー! アニスも、赤ちゃんつくれる!グウィンの赤ちゃん、いっぱいつくるぅ!」
 三人のショーツをそれぞれずらし、思い思いに挿入する――22歳年下の姫騎士フェリアの中へ。
80歳近く離れたエルフ・セプティナの中へ。25歳年下の天狼少女アニスの中へ!
(俺は、ただの中堅冒険者だったはずなのに、まさかこんなハーレムが待っているだなんて)
 年の差パーティギルド『灰色の狼亭』の物語はこれからも続いていく――かけがえのない幸せとともに。








ほんじょう山羊/ひなたもも(イラスト)『オカされ上手な河合さん』

オカされ上手の河合さん (美少女文庫)
ほんじょう 山羊
フランス書院
2017-09-15



「ふーん……アナルセックス、なんかに興味あるんだ。やっぱり東方くんは変態なんだ」
 言葉だけではない。春香は尻を突き出すような姿勢まで取って見せてきた。スカートの裾を捲り上げ、ギリギリ下着を見せない程度まで引き上げる。そして、とどめをひと言。
「東方くんは――ヘ・ン・タ・イ」
 ブチッ――!
「襲われるってわかってて、俺をからかってんだろ! 望み通り、変態でからかい上手な河合さんを犯してやるよ!」
 机に顔を押しつけられ、下着を引き下ろされる。尻たぶを広げられて肛門が晒される。
(東方くんって、本当に……最高ね)
 ドM系からかい女子・河合春香は、胸をキュンキュン高鳴らせる。








ご挨拶が遅くなりましたが拙ブログ開設から(もうとっくに)4年となりました。相変わらず長いだけの読み苦しいレビューで恐縮ですが、今後とも宜しくお願いいたします。

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

2017年8月刊情報

◎フランス書院文庫2017年8月刊情報


フランス書院公式ホームページ「これから出る本」コーナーにて8月発売予定の文庫情報が出ましたが、Amazonでも書影その他が反映されたので更新いたします。






一柳和也『理性崩壊 兄嫁と姪姉妹』

理性崩壊: 兄嫁と姪姉妹 (フランス書院文庫)
一柳 和也
フランス書院
売り上げランキング: 6,869


「膣に出される感触をしっかり覚えるんだぞ」
「ああっ、彩奈の奥に出して……孕ませてっ」
立ったまま後ろから熟尻を抉られ、泣き叫ぶ彩奈。
借金を肩代わりした義弟の言いなりになる兄嫁。
避妊も許されず、どんな要求にも応える愛人契約。
暴走する淫獣は可憐な姪姉妹にも狙いを定め……



昨年デビューなさった一柳和也さんの三作品目は、兄嫁と姪姉妹(兄嫁の娘)を題材としたフランス書院文庫の凌辱作風でお得意の一家丸ごと俺のモノ路線でしょうか。






小鳥遊葵『ほしがり未亡人 兄嫁、義母、女教師、美母』

ほしがり未亡人: 兄嫁、義母、女教師、美母 (フランス書院文庫)
小鳥遊 葵
フランス書院
売り上げランキング: 6,730


「ああ、長くて太いので突いて。私を狂わせて」
逞しい肩に齧りつき、対面座位で腰を揺らす美熟女。
夫を喪ったその日から『未亡人』という牝になる女たち。
亡き夫の視線を感じつつも待ち望んだ絶頂を迎える。
満たされない性への渇望で容赦なく男を食い漁るが……
兄嫁、義母、女教師、美母……濡れ乱れる喪服妻たち!



小鳥遊葵さんの新刊は四人の喪服未亡人とらしい作品になりそうです。
今回も「島」を題材とした作品に仕上がるのでしょうか?






但馬庸太『暴風檻【オリ】 二人の母と姉狩り』

暴風檻【オリ】: 二人の母と姉狩り (フランス書院文庫)
但馬 庸太
フランス書院
売り上げランキング: 6,868


(今、この家にはママと姉さんと僕の三人だけ……)
大嵐の夜、濡れた義母の柔肌に目を奪われた智也に、
暴風雨のように危険な欲望が吹き荒れはじめる!
襲いくるゲリラ豪雨、自宅の停電、交通の遮断……
『陸の孤島』と化した家で悪夢の宴が幕を開ける!
38歳、42歳、18歳……凶獣の餌食になる牝たち。



但馬庸太さんの新刊は、『母親失格 エリート家族の寝取られ転落人生』以来となります。
昨今の自主規制?の影響か、近親相姦を描く作家さんが少ないので(個人的な好みというのもあり)楽しみにしたいです。






香坂燈也『嫁の母、嫁の妹と同居中』

嫁の母、嫁の妹と同居中 (フランス書院文庫)
香坂 燈也
フランス書院
売り上げランキング: 4,400


「娘の代わりよ……私の身体で満足してほしいの」
十年の空閨を埋めるように肉棒をきつく締めつける熟膣。
娘婿に跨り恥じらいつつ千佐子は秘所を擦り合わせていく。
「私だって、ずっとあなたにご奉仕したかったの」
蜜戯に勘づいた嫁の妹・亜希が負けじと挑発をはじめ……
昼夜休む暇もない――ここは「淫らな女系家族」の楽園!



誘惑作風と凌辱作風を行き来するエース作家の香坂燈也さんの新刊は、恐らく誘惑路線でしょうか?
こちらはさながら誘惑版の一家丸ごと俺のモノなのかもしれませんね。






本城山羊『七日間同棲 受験生と三人の女教師』

七日間同棲: 受験生と三人の女教師 (フランス書院文庫)
本城 山羊
フランス書院
売り上げランキング: 4,761


「この問題ができたらご褒美にセックスしてあげる」
女教師が住み込みで教えてくれる秘密授業、開幕!
手淫サポート、騎乗位童貞喪失、魅惑の裸エプロン。
個人実習で学力も性力もアップする祐介の前に、
二人目、三人目と教え方も女体も違う別の先生が現れ……
独身(28)人妻(32)新人(22)――最高の初体験レッスン!



美少女文庫でも活躍なさっているほんじょう山羊(本城山羊)さんは、昨年3月以来の新刊となります。
女教師三人が住み込みということは、シェアハウスなのでしょうか?






冬木弦堂『人妻A 贄』

人妻A 贄 (フランス書院文庫)
冬木 弦堂
フランス書院
売り上げランキング: 25,815


「もう許して、少し休ませて……あんっ、いやっ」
柔肌に食い込む縄、女陰を穿つ剛直、三穴責め……
夫の名を呼んでいた唇からはやがて恍惚の吐息が……
人妻・弓子を襲う、悪魔屋敷のおぞましき肉調教。
清らかな女体に、恥辱の刻印が植え付けられていく。
心は貞淑、身体は淫ら――弓子29歳は究極の奴隷妻へ!



冬木弦堂さんは刊行ペースが早い上に、一作品当たりのボリュームも沢山ありますので、(御堂乱さんのように)相当なバイタリティの持ち主なんだろうなと感心いたします。
因みに本作は336ページだそうです。






◎フランス書院文庫X2017年8月刊情報


御前零士『人妻悪魔マッサージ【美央と明日海】』

人妻 悪魔マッサージ【美央と明日海】 (フランス書院文庫X)
御前 零士
フランス書院
売り上げランキング: 47,169



伝説の名作が大幅加筆で今、甦る
怒濤の書き下ろし400枚!

(あの清楚な美央がこんなに乱れるなんて!)
妻との夜の営みにマンネリを感じていた夫は、
真実を伏せ、妻に性感マッサージを受けさせる。
隠しカメラに映る美央は、淫らな施術を受け入れ始め……
28歳と26歳、貞節と性欲に引き裂かれる二匹の人妻!



性姦マッサージ ――寝取られた貞淑妻―― (リアルドリーム文庫 74)
御前零士
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 164,943



御前零士さんのフランス書院文庫X作品は、リアルドリーム文庫時代の作品の加筆修正となるようでして、本作はこの作品がベースです。
第九章から登場する「第二の人妻・明日海」が加筆部分に該当するのではないでしょうか?





巽飛呂彦『襲撃教室【全員奴隷】』

襲撃教室【全員奴隷】 (フランス書院文庫X)
巽 飛呂彦
フランス書院
売り上げランキング: 5,995



デビュー初期の傑作が大改稿で生まれ変わる
――先生、裸に剥かれる悦びを教えてやるぜ

そこは野獣の棲む学園だった!
放課後の体育倉庫、囚われた女生徒を救うため、
青狼たちの玩弄に裸身をゆだねる女教師。
三本の猛々しい剛直が襲う凄惨な凌辱の中、
美しき聖職者たちは妖しい愉悦に目覚め……








2000年代半ばより「凌辱断筆宣言」(!?)をなさっていて、基本的に企画ものに限って凌辱作品を出されている巽飛呂彦さんですが、90年代のデビュー初期の二作品の合本のようです。因みに6月に黒本が刊行されたばかりなのに、8月には美少女文庫でも新作が刊行されますね。





DSKさんによる「気になる」8月刊行作品の紹介記事です。
2017年8月発売予定の官能書籍から気になる作品をDSKが独断と偏見でピックアップ!▼フランス書院文庫X※右側の画像は底本の表紙。 2017/8/14 発売襲撃教室-全員奴隷(著:巽飛呂彦)→ Amazonはコチラから。→ ハイブリッド書店【honto】はコチラ。デビュー初期の傑作が大改稿で生まれ変わる――先生、裸に剥かれる悦びを教えてやるぜそこは野獣の棲む学園だった!放課後の体育倉庫、囚われた女生徒を救うため、青狼たちの玩弄に...
2017年8月の気になる官能書籍






◎美少女文庫2017年8月刊情報

7/18に美少女文庫公式ホームページ「これから出る本」コーナーが更新されています。

上原りょう/水龍敬(イラスト)『おいでよ!水龍敬ランド ビッチとスケベなパレードデイ』




イルミネーションも鮮やかに――水龍敬ランド恒例、エロティカルパレードが始まった。
「セックスが、こんなに素晴らしいものだなんて知らなかったわ!」
ビッチコスチュームをまとった厳格生徒会長マリカがケイイチのものを咥えれば……
「ねえ、私の中、気持ちいい?」
今日初めて絶頂の悦びを知った黒ギャル・アンナがヒロヤにまたがり腰を振る。
ここは水龍敬ランド――すべての貞操観念から解放されて、性を愉しむ夢の国。
童貞好きの女探偵も、悩める人妻も、寂しがり屋の天才少女も、ここならきっと素敵なパートナーが見つけられる。
パレードの行列の中、キャストのユウコは先輩男性キャストに貫かれながら手を振った。
「ぜひまた水龍敬ランドにお越し下さい!」







巽飛呂彦/愛上陸(イラスト)『催眠性指導』

催眠性指導 (美少女文庫)
巽 飛呂彦
フランス書院
2017-08-21



「ぶひ! 僕をバカにしてきたみんなに!性指導の成果を見せてあげるね!」
全校生徒が集められた体育館のステージで自慢の特A級美少女を次々と貫く征服感!
一糸まとわぬ全裸で並ばされ――催眠術にかかった彼氏たちから応援まで受けて――
小幡優衣、倉敷玲奈、柊鈴香、椚木詩織、そして女教師・朝岡和季は絶頂姿を晒していく!
「田中くんのチ××、気持ちいいのぉ!」
「アナルばっかり、挿入ないでぇ!」
「キモイあんたに、またイカされちゃう!」
鈴香のなかにきっちり膣内射精を決めれば、最後は、詩織と和季先生の公開3P騎乗位!
「生徒のち××で、先生、イクぅぅ!」
「詩織も、クリイキ見せちゃうぅぅ!」
(全員、ぼくの赤ちゃん孕むんだよ♪ ぼくの催眠術でずっっっっと支配してあげる!)







青橋由高/やんよ(イラスト)『僕とエルフメイド姉妹の三人暮らし』




「ああ、これがティト様の××なんですね」
ご主人様に覆いかぶさり、金の髪を揺らし、姉のフィカが騎乗位で処女を捧げれば……
「姉様のヴァージンを奪っておきながら何様ですか。私たち姉妹を、性奴隷メイドにするおつもりだったのでしょ?」
銀の髪から瞳をのぞかせ、妹のリーザが次なる挿入をねだってくる。
全財産をなげうって、囚われの身から解放してあげた双子のエルフ。
けれど、二人が選んだ道は、僕のメイドになることだった。
初恋を寄せたエルフ姉妹のキスも、処女も、巨乳も独占し、イチャイチャ奉仕してもらえる三人だけの新生活。
「ティト様、このめくるめく幸せは――」
「ずっとずっと続くんですよ!」








8月発売予定の美少女文庫は同人作品原作が2つと、安定の甘々路線の青橋由高さんの合計3作品で、6月にフランス書院文庫で刊行なさったばかりの上原りょう(上原稜)さんと巽飛呂彦さんが同人作品原作をご担当なさっています。








◎管理人の気になる官能作品


綾野馨『兄嫁の秘蜜』



憧れだったお義姉さんの秘唇は、いつのまにかぬかるんでいて……

童貞の智樹は兄嫁の菜奈に淡い恋心を抱いていた。
あるとき、菜奈のショッピングに付き合っているとき、兄が見知らぬ女性とラブホテルに入っていくのを目撃した。
それをきっかけに菜奈の気持ちが揺れ動き、智樹と禁断の関係を結ぶことになるが……。




デビュー作品『美しい義母と兄嫁と……』が王道的な誘惑作品でしたが、本作も一時の安心感を抱かせるオーソドックスな官能小説のようです。楽しみにしましょう。

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

2017年7月刊情報

【7/24更新】

●フランス書院文庫2017年7月刊情報

フランス書院公式ホームページの「編集部発」にて告知のありましたように、第18回官能大賞新人賞を受賞なさった方がデビューなさいます。特別賞の方も誘惑作風の作品でしたので、デビューの時期も含めて楽しみにしたいと思います。

「第18回フランス書院官能大賞」結果発表


「これから出る本」コーナーのあらすじ、立ち読みが更新されています。
誘惑三作品はたまたまとは言え、熟母ヒロイン&娘姉妹ヒロインという設定が丸被りになってしまっていますが、書き手による言い回しの違いを楽しめるというのもあるかもしれませんね。




先月より開始した当月刊行作品の立ち読みができるWebマガジンが公式ホームページや、AmazonのKindleストアで販売されています。(無料)作品購入前のご参考になさってみてはいかがでしょうか?









鷹山倫太郎『最高の隣人 熟母と幼なじみ姉妹』




年ごろ、熟れごろ、誘いごろ――最高の隣人生活、開幕!
慣れない手つきで肉棒に一生懸命ご奉仕を捧げる奈々。
つんけんした態度とは裏腹にベッドでは甘えてくる由香里。
夫しか男を知らない悩殺ボディの癒し系未亡人・佐和子
19歳、27歳、44歳――淫らすぎる幼なじみの母娘から、
ひとりだけ「花嫁」を選ばなくてはいけないなんて!



順調に刊行を重ねいよいよ四作品目となります。ヒロインの年代が幅広いですけど、どうせなら母娘全員をお嫁さんにしたら?なんてハーレムな考えがよぎりますね。






天海佑人『三匹の人妻奴隷家政婦 何でもお命じください』




「炊事、洗濯、夜のお供まで何なりとお申し付けください」
声を震わせ、裸エプロン姿で年下の主人にかしずく由奈。
ブリーフから猛々しい肉茎を取り出し、朱唇を近づける。
夫の借金のカタに「奴隷家政婦契約」を結ばされた人妻。
何を命じられても「かしこまりました」と従順に答え、
寝室で、浴室で、ご主人様の精液を搾り取っていく……



天海佑人さんの新刊は奴隷家政婦を題材となさっていますが、ヒロインはどうやら三人と思ったら第六章の章題に「母娘でお相手させていただきます」とあります。従って四人のようですね。






村崎忍『母娘みだら下宿 したがり未亡人大家』




「部屋に入りましょうか。このままじゃ眠れないでしょ?」
浴衣の裾をたくしあげ、腰にまたがる未亡人家主。
漆黒の翳りからツゥーッと垂れていく透明な蜜。
幾重にも層をなす肉襞がはやく、はやくと男を急かす
二度も夫を亡くした美智子は、若い学生の世話をして
寂しさを紛らわしていたが、どうにも我慢できず……



年に一作品ながらも良作を刊行し続けている村崎忍さんの新刊は、したがりな未亡人大家さんがメインのようですが、二度の死別ということから娘二人は異父姉妹の可能性が高いですね。






藤崎玲『S級秘書姉妹』

S級秘書姉妹 (フランス書院文庫)
藤崎 玲
フランス書院
2017-07-26



「あなたのこと絶対に許さない、訴えてやる!……あんっ」
白昼の会議室で声を押し殺し対面立位で貫かれる礼香。
美人秘書の切れ長の瞳が羞恥と昂奮に潤む姿がたまらない。
イラマチオ調教、ノーパン勤務指令、下剋上姦――
S級の色気を放つ秘書姉妹だからこそ犯したい、独占したい!
22歳と26歳のすべてを手に入れる危険すぎるオフィス・タブー!



S級というとなんだかアダルト動画作品のように思いますが、本作は某レーベルでの発売を前提とした作品?と感じますし、実際藤崎さんの作品でビデオ作品化されたものもありました。






鳴沢巧『一家服従【暴虐アルバム】』




ひとつ屋根の下、狂犬が暴虐の牙を剥いた!
寝室で処女の身を玩弄され、恥辱の涙を流す義妹。
Eカップの美乳を徹底的に貪られる26歳の兄嫁。
フェラチオ指導、強制ストリップ、電マ調教の果て、
新たな凌辱の標的は、36歳の未亡人義母へ……
美奈、佐緒里、静奈――悪魔のアルバムが今完成する!



1月のデビュー作品では単独ヒロインでしたが、本作では義母と兄嫁と義妹の三人のヒロインが登場する凌辱作品です。






柊悠哉『彼女の母・彼女の姉・過保護なママ』




「こんなおばさんを女として意識してくれてるのね」
ズボンの中心に顔を近づけ、朱唇を寄せる美香。
娘にかわいい彼氏ができたことを喜んでいたはずが、
初体験に失敗したと聞き、自らの肉体で女を教える。
息子を溺愛する祐一の母親に秘密を気づかれ……
42歳、23歳、34歳……三つ巴の淡い誘惑合戦!



5月の官能大賞新人賞受賞発表から僅か2ヵ月という異例の早さでデビューすることになった訳ですが、20代の若い作家さんということで枠に収まらない斬新さを期待したいですね。






DSKさんのブログにて、7月刊行予定の「気になる」官能作品を取り上げています。
2017年7月発売予定の官能書籍から気になる作品をDSKが独断と偏見でピックアップ!▼フランス書院文庫 2017/7/26 発売彼女の母・彼女の姉・過保護なママ(著:柊悠哉)→ Amazonはコチラから。→ ハイブリッド書店【honto】はコチラ。「こんなおばさんを女として意識してくれてるのね」ズボンの中心に顔を近づけ、朱唇を寄せる美香。娘にかわいい彼氏ができたことを喜んでいたはずが、初体験に失敗したと聞き、自らの肉体で女を教...
2017年7月の気になる官能書籍








●美少女文庫2017年7月刊情報


箕崎准/日吉ハナ(イラスト)『JKエルフと君の先生。』

JKエルフと君の先生。 (美少女文庫)
箕崎 准
フランス書院
2017-07-20



「ララノア、ここからが今日最後の授業だ」
「わたしの中に先生殿のそれが入るのだな」
まっすぐな縦筋にあてがわれる弘樹のペニスを、ララノアがどこか期待に満ちたような瞳で見つめていた。
人とエルフ。教師と教え子。本当はいけないことだとわかっている。しかし、ここまできて止まることはできなかった。
「……これで、わたしたちは本当の恋人同士になれるのだな」
「痛かったら、すぐに言ってくれよ。そこで止めるからさ」
「その必要はない。弘樹と恋人同士になれるというのなら、痛みぐらい耐えてみせる」
「無理はしなくていいって」
気遣いながら、弘樹は腰を押し出していく。
「んくっ……」
エルフの唇から悲鳴にも似た声が漏れた。



エルフヒロイン設定こそファンタジーですが、教え子と教師の禁断の恋愛もの自体は至ってストレートな作品だと思います。何かしらの一捻りがありそうな気もしますが…。





葉原鉄/〆鯖コハダ(イラスト)『最弱魔王ですが股間の魔剣は最強(チート)です 大邪竜、吸血鬼司教、鬼姫、勇者』




「ダキニ……くるぅどの、赤ちゃん、産む」四つ並んだ新生四天王のお尻。
「陛下、わたくしも! ノスフェラティアにも子種を注いでイキ殺してくださいませ」
「シャノンだって……勇者だったのに、魔王の赤ちゃん、孕んじゃう!」
大きさも形も柔らかさも違う四つの尻を前にして、魔王の孕ませファックは止まらない。
ロリ巨乳鬼姫、肉便器吸血鬼、悪堕ち勇者を征服して、最後は……。
「若ぁ……戦しか知らぬ吾を、よくぞここまで、はへッ、メスブタに堕としましたなぁ」
最強無敵のロリババァ、大邪竜テュポーンも絶頂陥落!
(四天王全員、完ッ全に堕としてやったぜ!これが真の征服者の愉悦というものか!)
股間の魔剣で世界のすべてを手に入れろ!



葉原さんと言えばロリ年上ヒロインが登場するのがテンプレと化していますが、本作でもしっかり登場しますね。






伊藤ヒロ/有末つかさ(イラスト)『童貞を殺す大魔王! 例のセーターを着たサキュバス姫』




「さあ、射精すがよい!そして余の膣内で死ぬがよい!」
「でるぅっ!ベルルさまぁっ!」
射精、した。
まさしく『射』精だ。信じられぬほど大量の白濁液が勢いよく噴き出したのだ。
こんな快感は初めてだ。これが童貞を失うということなのか。
体内にあるすべてのものをエネルギーに変え、天に向かって発射するかのよう……。
サキュバスを相手に童貞を失う――それは、生気を奪われての死を意味する。
人生最高の射精が、人生最後の一瞬だった。
ヨシフミはそのまま目を閉じる……

「お兄ちゃん、起きて!目を覚まして!」
妹の明日香も巻きこんで、大騒ぎのサキュバスワールドの生活はまだまだ続く!



ラノベ作品を多数刊行なさっている伊藤ヒロさんが美少女文庫へ進出です。イラストの有末さんは美少女文庫で最もフィットしていると思えるほど、可愛らしくてエロいのが良いですね。

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

2017年6月刊情報

【6/1更新】

●フランス書院文庫2017年6月刊情報

ベテランから新人まで、3年振りの刊行となる方など多彩な顔触れとなっています。






上原稜『夢の一夫多妻』

夢の一夫多妻 (フランス書院文庫)
上原 稜
フランス書院
2017-06-26



「お願いです、疼いてしょうがないんです……だから」
美乳をたわわに揺らし、和弥の硬直へまたがってくる真琴。
18歳、27歳、39歳――極上美女が僕の「妻」になるなんて。
おはようセックス、お風呂で女体奉仕、魅惑の裸エプロン。
三人の妻が代わる代わる、いたれりつくせりで大ハッスル!
性愛と淫夢に満ちあふれた最高の一夫多妻生活、開幕!



上原稜さんは2014年6月刊行の「癒しづくし 母とふたりの姉」以来、3年振りのフランス書院文庫での刊行となりますが、タイトル自体は(仮)が抜けただけです。今回随分とポップな表紙となっていますが、恐らく八月薫さんによるイラストではないかと思われます。

癒しづくし 母とふたりの姉
上原 稜
フランス書院
2015-03-20



美少女文庫での最新刊はこちらです。









小日向諒『てほどき初体験 女教師未亡人と隣りの未亡人』




「初めてだからって、恥ずかしがらなくていいのよ」
悠斗の耳元で優しくささやく隣家の未亡人・瑠美。
おっぱいの触り方、女陰の味わい方、荒腰の使い方……
濃厚レッスンを経て未亡人女教師・春奈との性交に挑む悠斗。
祝福してあげるべき立場の瑠美の心にはなぜか淫らな炎が……
二人の未亡人が競って仕掛ける甘美なてほどき三角姦係!



「体験学習 隣人母娘と年上ナース」から10ヵ月振りの刊行となりますが、小日向作品の倒錯した作品観が個人的に好きなので楽しみにしています。

最新刊はこちらです。

体験学習 隣人母娘と年上ナース
小日向 諒
フランス書院
2016-12-16








榊原澪央『帰国子女姉妹【全裸調教】』




「頼りなさそう。典型的な日本の男って感じね」
初対面から見下すような発言を繰りかえす美姉妹。
イケメン外国人と付き合い、島国根性を馬鹿にする。
高慢な20歳と18歳がネクラな青狼の標的に!
三穴に肉杭を穿たれ、奪われる理性とプライド。
気丈な顔は汗みどろに崩れ、淫性を暴かれる!



2017年注目の作家さんとして前作の帯に載せられていますが、最近は刊行ペースが上がって来ていますし、2017年は3冊目の刊行もありそうですね。






巽飛呂彦『メイド母娘vs.割烹着母娘』




「太くて硬い……私の指、火傷しちゃいそう」
美熟女の手のひらにぴったりとおさまる熱い肉茎。
みのりが男根をしごきだすと、ヌルヌルした滴が。
両隣の家は、洋のメイド母娘と和の割烹着母娘。
いつでもごっくん、ナマで中出し、お尻の穴まで……
知らず知らず競い合い、ご奉仕はエスカレートし……



題名から既にネタバレのようですが、母娘二組の誘惑合戦を繰り広げそうですね。こちらも(仮)が抜けてちょっと直しただけです…。両隣りの二組の母娘が競い合う作品を以前に拝読したなと思ったら、こちらがそうでした。

「隣人【二組の母娘】」




※今月中に再読レビューを更新したいと思います。






綺羅光『未亡人社長・瑛理子 座敷牢の美囚』




「……精子、呑ませてください。錦田さん」
屈辱の口上を述べ、肉袋の縫い目を舐め上げる舌。
怜悧な美貌を歪ませ、口技を使う相手は部下!
罠に堕ち、暗い檻の中で前後から貫かれる肢体。
股縄勤務、オフィス姦、奴隷島への『出張』……
31歳の美しき女社長がたどる牝娼婦への道!



長いキャリアをお持ちの綺羅光さんですが、刊行ペースが落ちることもなく第一人者として活躍なさっていますね。




不知火竜『義母と女教師と引きこもりの青狼』




(もう元の母子には戻れない、堕ちていくしかないのね)
義母の女膣へ狂ったように硬直を突き立てる純一。
空閨を冒される度に熟母の唇からは悦楽の嗚咽が……
引きこもった息子を不憫に思い女体を捧げる美枝子に、
元教え子の様子が気になる女教師・奈緒が訪ねてきて……
淫らな牙を研ぎ続けていた青狼は、寝室で覚醒する!



いかにもネタではないかと思ってしまうペンネームですが、果たして既存の作家さんの別名義なのか、それとも官能大賞の応募作からのデビューなのでしょうか?

因みに4月にデビューなさった千賀忠輔さんは、第14回から第16回まで3回続けて官能大賞の最終候補となられた方のようです。

千賀忠輔先生インタビュー(公式ホームページ)








●フランス書院文庫X2017年6月刊情報

結城彩雨『人妻・肛虐の運命』

人妻 肛虐の運命 (フランス書院文庫X)
結城 彩雨
フランス書院
2017-06-12



14年前にハードXノベルズで刊行されたこの作品がベースとなっているようですね。







杉村春也『【決定版】美姉妹・奴隷生活』




元々は1989年に上下刊で出された作品を1996年にハードXノベルズで刊行しています。恐らく本作をベースとしているのではないでしょうか?












DSKさんのブログでは、6月発売予定の「気になる」官能作品を取り上げています。
2017年6月発売予定の官能書籍から気になる作品をDSKが独断と偏見でピックアップ!▼フランス書院文庫X 2017/6/12 発売【決定版】美姉妹奴隷生活(著:杉村春也)→ Amazonはコチラから。→ ハイブリッド書店【honto】はコチラ。父と夫を失い、巨額の負債を抱えた洋子と奈保子。債権者と交わした契約は「奴隷契約」そのものだった!妹だけは助けたい一心で恥辱の調教を受ける洋子。緊縛、浣腸、路上ストリップ、アナル輪姦……姉...
2017年6月の気になる官能書籍








●美少女文庫2017年6月刊情報

美少女文庫公式ホームページで情報が出ましたので5/25更新します。

これから出る本(公式ホームページ)


青橋由高/HIMA(イラスト)『僕には龍神(ドラゴン)なお姉ちゃんがいます』




(やっぱりこれがお姉ちゃんの逆鱗なんだ)
汗で濡れた姉の首に張りついた小さな鱗へそっとキスをしていく。
弱点を責められた龍子の反応は、驚くほどに激しかった。
「ひゃめっ、そこはらめえぇぇぇぇ!」
汗と涙と涎にまみれた姉のイキ顔を視姦しながら容赦なく逆鱗と膣道を責め続ける辰希。
対面座位というスタイルや姉との体格差もかまわず、秘口を突きまくった。抉り続けた。
「お姉ちゃん、弟にイカされまくっちゃう!もうらめぇ、お願い、一緒にイこ? お姉ちゃんのとろとろマ××にぴゅっぴゅしよ?」
こんな余裕のない龍子は、初めてだった。
狂おしげに弟の頭を掻き回しながら、最愛の姉ドラゴンは精を放つ辰希の腕の中で壮絶なアクメを極めてくれた。



青橋由高さんとHIMAさんのコンビ継続で今回は姉もののようですが、何故にドラゴン?というのはとりあえず突っ込まないでおきましょう。






天那コータ/てんまそ(イラスト)『灼炎のエリス 私、勇者やめて雌豚になります!』




なんで、灼炎のエリスとも称えられた私が、こんな契約書を読み上げなきゃいけないの!
「ふぇ、フェラ豚契約書! 私、エリス・ヴァイオレットは、キリュウ様のフェラ豚及び、チ××ザーメン処理係として、この身を……肉便器として譲渡することを誓います!
こ、これが無様にもあなた様のチ××に敗北した認定勇者のケツ穴と新品ま××です!
い、今から丸見えになるまで、ガバ開きに致しますので、必死こいて子宮守ってる処女膜をどうぞご確認ください!
な、なお!寛大なご厚意により……わ、私の……くそほどの役にも立たない処女は便器の例外とみなされます! あ、ありがとうございます!
代わりに、その他のすべてはキリュウ様のものです! フェラ豚として肉便器として、誠心誠意チ××の限り尽くしますっ!」



天那コータさんは恐らく『異世界コンシェルジュ』などを刊行なさっている天那光汰さんのことでしょうが、ご本人がTwitterをなさっているのでその内にアナウンスが出るかと思われます。









アナルカン/西E田(イラスト)『スケベで鬼畜な師匠と素直で従順で美少女な弟子』





美少女文庫公式ホームページでは箕崎准さんの作品に代わり、アナルカンさんの作品が発売になります。6/2に近刊情報が更新されてAmazonでも予約中となりました。






◎管理人の気になる官能作品


6月はさまざまなレーベルより管理人が気になる官能作品が多数刊行されます。購入した上でレビューする予定です。


・竹書房ラブロマン文庫

河里一伸『みだらに餌づけて』




貧乏学生で童貞の彰吾は、ひょんなことからアパートの美人大家で未亡人の静乃に自宅へと招かれ、夕飯をご馳走してもらうようになる。27歳の静乃がかもし出す色気に憧れる彰吾は、彼女の友人の人妻たちから誘惑され、その媚肉快楽に浸りながらも静、乃との距離を縮めてゆき…!? 淑やかで優しい巨乳妻の静乃、筆下ろししてくれたゴージャス美妻の蘭子、快楽を求める若妻の美幸。3人の美女の手料理と肉体ご奉仕を味わい尽くすお呼ばれハーレム長編!



最近は3作品連続で竹書房ラブロマン文庫から刊行なさっている作者ですが、これはまた主人公が「搾り取られる」淫らな作風になりそうで楽しみです。






・マドンナメイト文庫

イズミエゴタ『ハーレム学園吹奏楽部 美人姉妹の禁断レッスン』

同じブラスバンドに所属する二人の姉は学校中の憧れの的で……。



毎年この時期に刊行されるイズミエゴタさん(常盤準さん)名義の3作品目ですが、「二人の姉」だけにフォーカスしてくれないかな…。でもハーレムですから上級生と下級生が登場しそうですね。






・リアルドリーム文庫

早瀬真人『恥辱の別荘地 美しき牝奴隷たち』

劣等生の浩太は同学年の美少女と美人教師に恥辱の限りを尽くすべく、合宿名目で山奥の別荘に連れ込む。用意周到に行動するが……



「行動するが……」の先にはヒロインたちに逆襲される展開に期待です。

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

2017年5月刊情報

2016年度の末日に当たる3/31に情報を入手しましたので、5月の発売予定を取り上げたいと思います。情報が更新され次第、随時記事も更新いたします。

【5/22最終更新】

●フランス書院文庫2017年5月刊情報

5月は久々の刊行となる夢野乱月さんから、2月にデビューなさったばかりの美原春人さんまで、様々な作家さんによる顔触れとなっていますね。楽しみにしています。

これから出る本(公式ホームページ)




天崎僚介『新しい淫同居人【義母と女教師】』




(こんなに綺麗なひとが新しいママになるなんて!)
義理の母として慕うには瑞々しく魅力的すぎる友梨佳。
ふとした接触や、バスタオル越しにもわかる豊麗女体が、
涼の獣欲を煽り昂ぶらせ、ついに一線を超える瞬間が!
興奮の初入浴、恍惚の初フェラチオ、禁断の初体験――
僕に最高の秘密を教えてくれる、甘く危険な新生活!



デビューして間もなく3年となる天崎僚介さんの新作も何処か懐かしさを感じさせる誘惑作品の王道をいく仕上がりになっているのかな?と期待します。




鬼龍 凱『高慢令嬢と誘拐犯 人妻ボディーガードの敗北』




「やめてったら! 痛いっ。大きすぎるっ」
「お嬢さんの穴が小さいんだよ。もう少しだ」
男の胸を叩き、押し込まれる腰から逃れる令嬢。
誘拐犯の暗くさびれた自宅でつづく性調教。
イラマ地獄、アナル強奪、恥辱のコスプレ姦……
同じ頃、監禁場所を突き止めた人妻ボディガードは……



本作も「高慢」なヒロインを堕とす作品のようですが、主人公はどちらかというと理不尽なタイプのイマドキな性格なのかなとは思います。

【これまでの作品】

高慢令嬢姉妹、堕ちる
鬼龍 凱
フランス書院
2016-04-29



「高慢令嬢姉妹、堕ちる」のレビュー記事

高慢女教師三姉妹【完全屈服】
鬼龍 凱
フランス書院
2016-09-30



「高慢女教師三姉妹【完全屈服】」のレビュー記事




美原春人『教えてあげます【押しかけ兄嫁&美母娘】』




「うれしい……私の手で感じてくれてるのね?」
握っていた肉竿を祥子がゆっくり口に呑み込む。
春、大学に進学し、一人暮らしを始めたはずが、
実家から28歳の兄嫁が転がり込んできて……
初体験、お目覚めフェラ、ノーパン誘惑……
夢のような同棲生活に義母と義妹まで加わって……



デビュー作品が親戚の美母娘でしたけど、今回は兄嫁プラス義母と義妹という組み合わせのようですね。甘くてトロトロな作りに仕上がっているのではないでしょうか。

【デビュー作品】




「お世話します【未亡人母娘と僕】」のレビュー記事




夢野乱月『花の獄 人妻散る』

花の獄 人妻散る (フランス書院文庫)
夢野 乱月
フランス書院
2017-05-25



(……ああ、いつまでこんなことが続くの……)
双臀を揺すり、上気した顔を振りたてる人妻。
昼夜を分かたず続く凌辱、奪われる誇りと理性。
美しき門下生を毒牙にかける華道の家元・葦之原瑞鳳。
奥の院と呼ばれるハーレムで飼育される牝奴隷たち。
名奈、実可子、真子――麗花が散らされる狂宴!



『人妻獄』以来約2年振りとなる夢野乱月さんの新刊は、税込み900円という価格に正比例して512頁というぶ厚い大作に仕上がっているようです。




鷹羽 真『かわいい奴隷三姉妹【言いなり】』




「わたしのすべてを、旦那さまに……捧げます」
くびれた腰に手を添え、ゆっくりと腰を突きだす良介。
女膣を肉棒で擦り立てる度に朱唇からは快楽の嗚咽が……
蘭、琴葉、つぼみ――二階堂家の三姉妹が施す甘いご奉仕。
おはようフェラ、おしおきセックス、おねだり4P……
健気に大胆に競い合う、僕専用の「かわいいドレイ」!



コンスタントに刊行を続け、遂に大台の10作品目となりました。「奴隷」や「言いなり」という題名になっていますが、公式ホームページでは明らかに「誘惑・挑発」のジャンルに位置付けられていますから、美少女文庫の作品群のようなラブラブな調教路線と考えると良いのかなと思います。




久藤貴緒『この夏、僕は隣人を調教の旅に連れ出した。』




「僕はずっと狙ってたんだよ、あなたたちのこと」
海外出張中の夫では満たされない熟妻・絢香の無防備な躯を。
朝のゴミ出しの時から男を惑わす若妻・奈緒のHカップ美乳を。
知的な雰囲気を漂わせる美人秘書・紗貴子の垂涎の美肉を。
純白のワンピースがよく似合う清楚なお嬢様・美月の純潔を。
美隣人を乗せ、僕が運転する車は地獄へと走り出した――



2014年にデビューし秋には2作品目を刊行したものの、その後の消息が掴めずにいた作者が約2年半振りに3作品目を発表します。一見すると別々の家で暮らす隣人たちと思いましたが、ストレートに四姉妹または二組の姉妹と考えた方が自然のような気がします。






DSKさんのブログでは、5月刊行の「気になる」官能作品を紹介なさっています。

2017年5月発売予定の官能書籍から気になる作品をDSKが独断と偏見でピックアップ!▼フランス書院文庫 20175/25 発売この夏、僕は隣人を調教の旅に連れ出した。(著:久藤貴緒)→ Amazonはコチラから。→ ハイブリッド書店【honto】はコチラ。「僕はずっと狙ってたんだよ、あなたたちのこと」海外出張中の夫では満たされない熟妻・絢香の無防備な躯を。朝のゴミ出しの時から男を惑わす若妻・奈緒のHカップ美乳を。知的な雰囲気を...
2017年5月の気になる官能書籍








●美少女文庫2017年5月刊情報

【4/25更新】

版元ドットコムさんにて近刊情報が更新され、5月刊行情報が発表されました。当初は4冊でしたがどうやら3冊に落ち着きそうです。




井の中の井守/おりょう(イラスト)
『戦国妖狐綺譚 もののけ巫女と武田の忍び』





「妖狐の姿で、子作りをなさい。そうすれば、『日ノ本』はあなたに失望し、解放するわ」
 更科姫の助言を受け、天蔵と千代女は夫婦の営みに入っていた。
 亜麻色の髪を白銀に変え、四本の尻尾を抱きしめられ、狐妻は夫の腕のなかで甘く喘ぐ。
「待ってたの……ずっと。また、あなたをここで迎え入れられるのを……」
 後座位で腰をうねらせていた千代女が振り向き、口付けをせがんでくる。
 愛しい雄と密着したい。そんな想いの強さが伝わる口付け。
「きてっ……! あああああ」
 白い喉を反らし、あたりに響き渡らんほどの嬌声が上がり、彼女の膣肉が一気に絞り上げるように蠕動した。
 刹那、どぶどぶっと白濁液が噴射され、千代女の奥深くに溜めこまれていく。



美少女文庫デビュー作品である『戦国犬姫!』が好調な作者の2作品目となりますが、別のレーベルでも5月に新刊を発売なさるようです。




みかど鉄狼/ゆらん(イラスト)
『転生したらエルフの王宮をハーレムにデキました!』





「私のじーすぽっと……もっともっとカイルのペニスで突いてくださぁい」
 下腹部に浮かんだ淫魔紋を輝かせて、王女エミリアが挿入&中出しをせがんでくる。
「はぷっ! ほらエミリア様が仰せだぞ」
 夢中でフェラチオする女騎士ロゼッタの頬でも淫魔紋が光を放ち……
「エミリア様のあとは、ぜひ私のお尻も!」
 ダークエルフのリエルも、淫魔紋が現れたお尻を振って誘ってくる。
「さあカイル様、エミリア様の中へどうぞ」
 メイドのクラリスに導かれ、カイルは今夜も王宮を自分専用ハーレムに変えていく!
 エルフに転生して手に入れたのは回復エロ魔法!チートでラブなハーレムを創ろう!



「異世界」、「転生」を題材とする美少女文庫の作品が増えましたが、他社で「三門鉄狼」名義で活躍中の方が美少女文庫に進出です。




わかつきひかる/樋上いたる(イラスト)
『桜の咲く頃、僕と妹(きみ)は再会する。』


桜の咲く頃、僕は妹と再会する。 (美少女文庫)
わかつき ひかる
フランス書院
2017-05-20



「最後の……セックス、かもな……」
そうだった。私はあと数時間で消えてしまう。約束された刻限に向かって、時間がどんどん経っていく。
「いや、お兄ちゃん、そんなこと言わないで……今は、今だけは、お兄ちゃんと……」
消えたくないという想いから膣ヒダをキュルッと締めると、優一がウッとうめいた。
「お兄ちゃん。出して! 精液……いっぱいちょうだい、最後だから……私……もう」
身体がガクガクッと震えはじめた。「お兄ちゃん、私、イクッ!」
絶頂を訴えた。四日間だけ、この世に戻れて、私はお兄ちゃんと結ばれた。
お兄ちゃんにかけてしまった呪いを解ければ、もう思い残すことは本当にない。



美少女文庫の常連であるわかつきひかるさんが前作から早いスパンで新刊を発売なさいますが、イラスト担当の樋上いたるさんと言えばあの美少女ゲームで有名な方ですね。どういう仕上がりになっているのでしょうか。

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR