FC2ブログ

2018年6月刊情報

◎フランス書院文庫2018年6月刊情報

フランス書院公式ホームページの「これから出る本」コーナーにて、6月のラインナップが発表されています。
(配本は6/22です。)
タイトルのリンク先は「版元ドットコム」さんの紹介ページです。
見事なまでに全作ヒロインは三人で揃えてきたようですが…。






鷹山倫太郎『お仕えしたいの 熟家政婦と若家政婦』




「夜のお世話もいたします」「私は朝のご奉仕も」
35歳と20歳、美人家政婦がダブルブッキング!
裸エプロン、目覚ましフェラ、逆夜這い……
正式な家政婦の座を巡って日替わりで、
競い合うように誘惑を仕掛ける聡美と千明。
寝室で勃発する、淫らな女体づくしの決着は!?



「家政婦さん」、「お手伝いさん」、「メイドさん」…と実態はあまり変わりはないのですが、その言葉の響きから受ける印象は違うのかなと思います。家政婦さんといえば川島健太郎さんの描くイラストは素敵ですね。
倒錯的な要素の強い鷹山さんの作品なだけに、家政婦二人に加えて従姉も登場する三人体制のようです。






小鳥遊葵『混浴母娘と僕【子づくり同棲】』




「今夜は娘もいないし、いつもより淫らになるわ」
湯煙が充満する浴室で妻の母と交わす熱い抱擁。
大事な場所を洗い合えば溢れる愛液と大量の恥汁。
新居に押しかけてきた美しい義母と小悪魔な義妹、
布団を川の字に並べ、互いの目を盗んで続く蜜戯。
40歳、20歳、18歳、三人の「妻」との妊活!



20歳の妻と結婚したばかりの主人公の元に妻の母と妻の妹が押し掛けてくるという状況でしょうか。
前々作のイメージに近いのかもしれませんね。表紙画は二見敬之さんだと思われます。






御堂乱『奴隷特区 そして全員が牝になった』




「お尻だけは許して! 何でもしますから……」
大災害で無法地帯となった街に人妻の絶叫が響く。
暴徒と化した男たちが白昼堂々、女に襲いかかる!
ファンに柔肌を舐められ、白濁液を浴びるアイドル。
閉じ込められたエレベーターで上司に穢されるOL。
悪夢と欲望の奴隷区を脱出する手段はあるのか?



パンデミックや戦況下など異常事態の最中の肛虐描写をお得意とする御堂さんなだけに、本作もハードな場面が多そうですね。表紙画は丹野忍さんです。






村崎忍『通い義母【したがり美熟女】』




「色々たまってるんでしょ? 私が全部してあげる」
仕事で留守がちな娘に代わり、婿の面倒を見るため、
栄養のつく食事を作りにやってきた義母・由美子。
服を押し上げる巨乳、柔らかな熟尻、癒しの笑顔……
寝所の「家事」まで気を遣われ、踏み越えた一線。
清楚な熟女が隠していた淫らな本性が露わになり……



ほぼ年一作品刊行の村崎忍さんですが、今回は11ヵ月振りとなります。「通い義母」って良い響きだなと思ったら、アダルト作品に『妻の入院 通い義母』というシリーズがあるようですね。
単独ヒロインを期待したいですがそもそも妻がいて、更にその妹もいるようですから、妻の母と妻の妹で小鳥遊葵さんの作品と被りますね…。表紙画は新井田孝さんです。









望月薫『溺れ母・溺れ姉・溺れ女教師』




(ああ、濃くて多い……これが私を狂わせていく)
呑みきれずに唇から顎に伝い落ちる白濁液。
新築のマイホームで義息子の牝犬に堕ちた朋香。
ノーパン生活、オナニー指令、強制露出。
昼夜なき調教が成熟した女体に性悦の炎を灯す。
被虐の渦は女教師、美姉までを巻き込み……



長編での前作『午後2時の禁戯 隣人妻と叔母が溺れるとき』から9年10ヵ月振りとなります。美姉ということは血の繋がりの濃い姉でしょうか?
この間何か官能作品に関わっていた(いわゆる別名義ですね)かは不明ですが、昨年より鏡龍樹さんを始めとして次々と復活なさっているので、その一環かと思われます。
表紙画は5月の『悪魔の杜』の表紙で初登場となった佐藤ヒロシさんかと思われます。日刊ゲンダイや『特選小説』のイラストで度々ご担当なさっていますね。






千賀忠輔『先生の奥さんと美姉妹を独占した七日間』




「お願い、やめてっ、立っていられない」
熟尻を抱えて後ろから蜜壺を突きあげる硬直。
ふたりきりの密室で弾ける恥汁、充満する淫臭。
夫がいない七日間、一軒家で暴走をつづける青狼。
月曜は高慢長女を征服し、水曜に熟女をイキ狂わせ、
日曜――美母娘を完全支配するハーレムが!



昨年デビューなさった千賀忠輔さんの四作品目です。タイトルでお分かりの通り、先生の奥さんとその娘たちとなりますね。
表紙画は「ももいろクローバーZ」のアルバムイラストも担当され、フランス書院文庫ではすっかりお馴染みとなった赤尾真代さんです。









◎フランス書院文庫X2018年6月刊情報


夢野乱月『未亡人獄【完全版】』




(ああ、あなたっ……理佐子、どうすればいいの?)
亡夫の仇敵に騎乗位で跨がり、愉悦に耐える若未亡人。
刻まれたMの烙印が27歳に牝を目覚めさせる頃、
親友の異変に気づいたもう一人の熟未亡人にも毒牙が!
夢野乱月の最高傑作が今、新たに生まれ変わる!



底本









御前零士『兄嫁と悪魔義弟【あなた、許して】』




「お願い……あの人が帰ってくるまでに済ませて」
縄化粧されたFカップの豊乳を揉みしだかれる結衣。
夫との幸せな結婚生活を送っていた若妻は、
居候をしていた義弟に襲われ、弱みを握られる。
露出の快楽まで覚え込まされ、ついには夫の上司と……



底本

兄嫁の滴り 柔肌に這う邪淫の荒縄 (リアルドリーム文庫12)
御前零士
キルタイムコミュニケーション
2009-03-31








DSKさんのブログでは幅広く6月の「気になる」官能作品を取り上げています。
2018年5月発売予定の官能書籍から気になる作品をDSKが独断と偏見でピックアップ!▼フランス書院文庫X※右側の画像は底本およびAudible版の表紙 2018/6/11 発売未亡人獄【完全版】(著:夢野乱月)→ Amazonはコチラから。→ ハイブリッド書店【honto】はコチラ。(ああ、あなたっ……理佐子、どうすればいいの?)亡夫の仇敵に騎乗位で跨がり、愉悦に耐える若未亡人。刻まれたMの烙印が27歳に牝を目覚めさせる頃、親友の異変に気...
2018年6月の気になる官能書籍








◎管理人が気になる2018年6月刊行作品


河里一伸『濡れ肌バイク美女』





憧れの先輩とのツーリングを夢見てバイクの免許を取った武彦は、さっそく一人旅に出る。だが行く先々でバイク美人との淫らな出会いが待っていた…!
未亡人ライダーに古びたドライブインに連れ込まれて筆下ろししてもらい、穴場的なパーキングでは痴女ライダーとまぐわい、夫婦で宿泊所を営む又従姉と不倫Hを楽しむ…。次々に快楽の誘惑を受ける武彦は、ついに念願叶って先輩と二人きりのツーリングキャンプに出かけて…!?
ライダースーツに包まれたむっちり女体は、裸よりもいやらしく男を昂ぶらせる。気鋭が描く旅情と快感のツーリングエロス長編!



意欲的に作品を刊行し続けている河里一伸さんの新作はバイクツーリングを題材としていますが、かつて「流れ板」でバイクに跨がる主人公が傾き掛けた旅館を立て直す官能作品がありましたね。




※管理人は電子書籍版を購入しましたが、公式あらすじでは主人公の名前が「武彦」なのに「裕太」になっています…。
作者ご本人のブログ記事にある通り、あらすじ段階での初歩的なミスとのことで「裕太」が正しいとのことでした。






伊吹功二『博多ふしだらバスツアー』





旅行会社に勤める武彦はバスツアーを企画し、下見のために現地の博多に赴くが、そこで待っていたのは九州美人たちとの官能的な出会いの数々だった!

天神の地下街で人妻に誘われ、屋台村のあねさん女将の熟肉を味わい、博多湾のビーチで奔放な水着人妻と肉体を貪りあう…。地域の美女たちとの快楽にまみれる一方、武彦は博多の町を案内してくれる元バスガイドの有里に惹かれ、彼女の心をモノにしようとするが…!?

九州美女の方言の誘惑に興奮度はさらに加速!
新鋭が描く地方都市ラブロマン!



竹書房ラブロマン文庫から珍しく新鋭の作家さんがデビューのようです。
九州美女というところに焦点を絞っただけに、ひょっとすると九州ご在住の作家さんなのでしょうか。

※余談になりますが、主人公の「武彦さん」はこちらの作品でした…。






◎美少女文庫2018年6月刊情報


元ネタが透けて見えそうですが…。今回は商業作品のノベライズもあります。
美少女文庫公式ホームページの「これから出る本」コーナーにて、6月のラインナップが発表されています。(配本は6/18です。)
タイトルのリンク先は「版元ドットコム」さんの紹介ページです。






山口陽/有末つかさ(イラスト)『ジャンヌ・ダルクですが召喚されて邪メイドやってます』




「貴方が、私の召喚主ですか?」国を救うため、すべてを捧げた高潔な聖女、ジャンヌ・ダルク。
英雄召喚魔術によって、憧れの彼女と一緒に暮らせるはずだったのに。
「私は自分のためにしか生きません!」食っちゃ寝、邪メイドに堕落したジャンヌ。
もう、こうなったらご主人様として彼女の性根を叩き直すしかない!
イジワルメイドに煽られるままに初体験!Mに目覚めた彼女に望まれるまま調教H!
気づけば、聖女に犬耳をつけ、犬尻尾をお尻に差して、淫乱邪ンヌのカラダを貪る日々。
あれ? どこかで選択肢を間違えた?今日も、ふしだらなジャンヌの性癖探索に応えていく!
「……ありがとう弘汰、私に新しい生き方を教えてくれて」








伊藤ヒロ/sune(イラスト)『××管理しないで、後輩(アライ)さん 最強Sデレ少女と恋をしよう』




「――先輩、私に《射精管理》させてくれませんか?」
さらさらの黒髪、小麦色の肌、白い八重歯が肉食獣を想わせる、後輩の新居薫子。
彼女と出会って、僕の人生は激変した。
「あははっ、ウケる! 先輩の童貞、私が、《逆レ騎乗位》でもらっちゃいました♪」
女子トイレで跨がる後輩に犯されて……。ペニスに男性用貞操帯まで嵌められて……。僕の××は彼女の所有物へ。
「先輩、これから射精するときは、ず~っと一生、『あらいさんだいすき』って、言わなきゃダメですよ?」
最高の搾精快感を味わいながらもあまりにひどい命令に、さすがの僕も怒って言った。
「あらいさんだいすき! あらいさん、だいしゅき!! あらいさん、だいしゅき!!」








ほんじょう山羊/ふなつかずき(原作・イラスト)『土下座で(本番まで)頼んでみた』

土下座で(本番まで)頼んでみた (美少女文庫)
ほんじょう 山羊
フランス書院
2018-06-20



「最後の頼みだ! 7Pさせてください!」
死に戻りのループを超えて、晴れて手に入れたハーレム展開。最後の願いは夢の7P!
「変態! そんなのできるわけないでしょ」
幼なじみの久志木桜も、後輩の滝川八千代、柊綾野も、柏木木葉先生も宮園円華先輩も、エルフのクリアまで呆れ果てるが、結局……
「もう! 今回だけだからね!」
仰向けになった土下のペニスに、クリアと円華がWフェラ! 膝枕しながら木葉と綾野が巨乳を顔面に押しつけて! 八千代と桜は土下の乳首を競って舐め、身体を撫で回す!
そして、四つん這いになってお尻を並べた六人は最愛の恋人に頼んでくる。
「ねえ、そろそろ」「ペニス、挿入して」「もう我慢できなくて」「奥まで突いて!」
可愛いお尻を高く掲げての頼み事!もちろん、みんなまとめて叶えちゃう!



※原作作品

土下座で頼んでみた (MFC)
ふなつ かずき
KADOKAWA / メディアファクトリー
2018-03-30




続きを読む

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

2018年5月刊情報

◎フランス書院文庫2018年5月刊情報

フランス書院公式ホームページの「これから出る本」コーナーにて、5月のラインナップが発表されています。
(タイトルのリンク先はいつもならば「版元ドットコム」さんの紹介ページですが、今回は更新が遅れているようですので、同じく近刊情報を掲載している「本が好き!ラボ」さんより引用します。)





香坂燈也『夢の混浴旅行 彼女の母、彼女の姉と』




「私で興奮してくれたの? ふふふ、いけない子」
湯面の下、俊介の硬直に細指を忍ばせる彼女の熟母。
上目遣いで反応をうかがい、ゆっくりと擦りあげる。
極上の筆おろし、温泉パイズリ、白昼露天で後ろから!?
未亡人の貴子(43)、新妻の沙英(23)、女子大生の千尋(19)
「彼女の家族」と味わう三泊四日、最高の混浴旅行!



最近またフランス書院文庫では40代ヒロインが増えてきたようで、管理人と同い年のヒロインというと…これ以上は止めておきます(苦笑)
香坂燈也さんも順調に作品を重ねており、ローテーションの核のお一人となりました。
あらすじを拝見して気になったのは、「新妻の沙英(23)」に対し、「女子大生の千尋(19)」って妻の姉ではないような…?妻の姉が実はいて三姉妹なのかもしれないですが、単純に千尋が主人公の妻だという方がしっくり来ますよね。

※お恥ずかしながら管理人は「妻の母、妻の姉」と勘違いしていました…。更に「新妻の沙英」とあったのでおかしいな?と思ったわけです。よく見れば主人公の彼女が千尋だから、「彼女の母、彼女の姉と」となるのですよね。お詫びして訂正いたします。






麻実克人『後妻狩り 父の新しい奥さんは僕の奴隷』





「もう終わりにして」「義母さんだってしたいんだろ」
ベッドに押し倒され、ショーツを引き毟られるゆう子。
夫の不在で義理の息子と二人きりになった家。
禁断の一線を越えた夜から母子の運命は狂っていく。
夫婦の寝室で、浴室で、リビングで、時と場所を選ばず
肉体を求められるうち、32歳の理性は壊れていき……



前作から25ヵ月ぶりの新刊です。単独ヒロインではなく、恐らくは主人公の前の義母(または実母)などもう一人ヒロインがいそうですね。






美原春人『いっぱいしてあげる 未亡人母娘と女上司と僕』





「ここで恵太さんと一緒に住んでもいいですか?」
住む家を失い、僕の部屋に押しかけてきた美母娘。
清楚な容貌に淫らな本性を隠す兄嫁・瑠璃子。
蒼さの残る肢体で一途な思いを伝える姪・麻衣。
見せつけ一人エッチ、起床フェラ、ほろ酔い誘惑……
眠れない日々に会社の女上司までやって来て……



2月に続いて5月とほぼ3ヵ月に1冊ペースの刊行を視野に入れているのではないかと思われます。
デビューから僅か1年ちょっとでもう5冊目という驚きもありますが、押し掛け母娘+女上司という磐石の設定のようですね。






柊悠哉『理性瓦解 兄嫁と姪三姉妹』





「義姉さん、今日から一週間、僕がご主人様だからね」
義弟がズボンから出した肉茎に舌を這わせる和泉。
夫の出張中、毎夜刷り込まれる屈辱的な快感。
心が拒んでも、痺れるような愉悦が肉体を支配し、
美熟女は戻ることのできない泥沼に堕ちていく。
聡一の毒牙は、同居する三人の娘たちにも……



デビュー作品「彼女の母・彼女の姉・過保護なママ」が誘惑作品でしたが、本作は悪魔主人公による凌辱路線のようですね。






鷹羽真『女教師は僕の宝物(おかず)』




(みどり先生のすべてを僕だけのものにしたい)
女教師のむっちり美肉で味わった初体験が忘れられない。
優しい笑顔に似合わぬ過激ボディの新体操部顧問。
憧れつづけた先生だから、見たい、犯したい、独占したい! 
逢瀬を重ねるごとにセックスの快楽にのめりこんでいく譲。
32歳の熟れきった女体も教え子の青い獣欲に呑みこまれ……



「おかず」とルビを振るくらいなので、前作「友達の美しいママ【僕専用(おかず)】」と同じように主人公のオナペット扱いされるのがみどり先生なのかなと思います。分量からして単独ヒロインでの甘々イチャイチャ路線ではないかと感じましたが…。






九十九魁『悪魔の杜【未亡人と人妻】』




「後生です、やめてください、お義父さまっ」
葬儀の夜、喪服のまま義父に蹂躙される未亡人。
艶熟した女体は、老練な性技で幾度も絶頂へ!
唇、女陰、そしてアナルにMの烙印が刻まれた頃、
26歳の人妻、娘の美南にも毒牙が迫り……
圧倒的な肉調教に美母娘が乱れ啼く悪魔の杜!



既にフランス書院からアナウンスのある通り、フランス書院文庫官能大賞の新人賞受賞作品です。

■新人賞「倶楽部マスクナイト」

毎夜、淫らなショーが繰り広げられる「倶楽部マスクナイト」。貞淑な未亡人と高貴な人妻がある事件をきっかけに、この性の楽園に招かれ、徹底的に調教されていく――。
結城彩雨、千草忠夫の系譜を継ぐ可能性を感じさせる純粋なSM小説と言えよう。未亡人と人妻は「母娘」であり、未亡人にとっては義父、人妻にとっては祖父にあたる厳一郎との濡れ場が秀逸。責めの執拗さ、そして何より世界観の素晴らしさが強く印象に残った。
現在、SM小説はセールスにつながらないことが多い。だが、この作品ならと期待させるポテンシャルがあった。異例の早さではあるが、フランス書院文庫5月刊での刊行が決定している。読者の皆様の評価が、今から楽しみでならない。


(フランス書院公式ホームページ「第20回フランス書院文庫官能大賞、結果発表」より引用)



管理人はSM小説は苦手でしかも凌辱者がお爺さんというのもどうも…。新人さんは基本的に買うのですが、今月は本作を除いた5作品を購入する予定です。






◎管理人が気になる2018年5月刊行作品


尾張弘樹『むちむちヨガ教室 巨乳インストラクターの個人レッスン』




ヨガスタジオの共同経営者である雅人は、美女たちの発する妖しい熱気に当てられて……

雅人は今はなき親友の妻・里穂の運営するヨガスタジオの共同経営者だった。
教室には妖しい美女・文香や可愛らしい新妻・美咲がいて、雅人は彼女たちの肉体に目を奪われるばかりだった。
あるとき、文香に誘われるように自宅を訪れると……。



マドンナメイト文庫からまたお一人新人さんがデビューされますね。






梶怜紀『ふしだら嫁一族』




男やもめの山本寛之は、息子の嫁の美咲から「お義父様」と慕われ、嫁の妹のはづきには「おじさま」と甘えられる実直な男。
だが彼女たちの母親の冴子から誘惑されたのをキッカケに、嫁の一族は淫らな素顔をあらわして!?
息子の清楚な妻と思っていた美咲は、欲求不満を寛之で癒すみだら嫁。彼女の妹のはづきは義父に抱かれて若い肉体を震わせる小悪魔娘。そして二人の母の冴子はダンススタジオで鍛えた熟れ肉に欲情を注がれて悶える美魔女…!
三人の美女との関係に戸惑いながらもハーレム生活を堪能してしまう男を描く、気鋭の傑作官能長編ロマン!



フランス書院文庫を活動の中心としていた作者ですが、竹書房ラブロマン文庫に進出となりました。
元々調教路線の趣が強めの印象ですけれど、どのような路線になるのでしょうね。






鷹澤フブキ『濡れる女官能小説家』




執筆で火照った女性作家の肉体を癒すのは、若手男性編集者の務め…!
出版社に勤める青年編集者の悠生は、原稿を受け取るため女流作家に誘惑されるまま、彼女たちと快楽に耽る日々を送っている。
肉欲を滾らせるベテラン熟女作家、方向性に悩むコスプレ人妻小説家、トップ女流作家の地位を争う女王様的美人作家、そして作品のために性の快楽を知ろうとする新人女性…。
気鋭の女流作家が虚実おり混ぜて描く誘惑ロマン長編!



ゲスだよねと指摘を受けるのを承知で触れますと、「虚実おり混ぜて」が気になりますよね。
やはり女王様的でしょうか。






DSKさんのブログにて、5月発売予定の「気になる」官能書籍をピックアップなさっています。

2018年5月発売予定の官能書籍から気になる作品をDSKが独断と偏見でピックアップ!▼フランス書院文庫 2018/5/25 発売悪魔の杜-未亡人と人妻(著:九十九魁)→ Amazonはコチラから。→ ハイブリッド書店【honto】はコチラ。「後生です、やめてください、お義父さまっ」葬儀の夜、喪服のまま義父に蹂躙される未亡人。艶熟した女体は、老練な性技で幾度も絶頂へ!唇、女陰、そしてアナルにMの烙印が刻まれた頃、26歳の人妻、娘の...
2018年5月の気になる官能書籍








◎美少女文庫2018年5月刊情報

2018年5月8日で美少女文庫は創刊15周年を迎えました。おめでとうございます。

ということで15周年を意識してか、それに相応しい看板作家さんが勢揃いしました。前身?に当たるナポレオン文庫出身のわかつきひかるさん、創刊メンバーの青橋由高さん、第1回美少女文庫新人賞の特別賞を受賞した上原りょうさん、第8回新人賞のほんじょう山羊さんというラインナップとなっています。






わかつきひかる/うるし原智志(イラスト)『僕の小さなエルフ義母』

僕の小さなエルフ義母 (美少女文庫)
わかつき ひかる
フランス書院
2018-05-21



王都での官吏生活に疲れて、故郷に帰ってきた新米領主マキシミリアン。
世界が嫌いになっていた青年の元に、出奔した父に買われたというエルフ奴隷が現れる。
「エルフィ、今日からマッキーのママ!」
自称義母の小さなエルフに出会って、田舎暮らしは輝きはじめる!
純粋無垢なエルフィが叶えてくれる、Hでいけないフェラチオ願い。
妹のようにかわいく甘え、母性たっぷりに受け入れてくれる夢の初体験。
毎日、湧き出た温泉でイチャイチャ中出し。
「エルフィはもう奴隷じゃないよ、僕の義母、ううん、僕の恋人、小さなエルフ妻だよ」
わかつきひかる×うるし原智志から少し疲れ気味のアナタへプレゼント。
エルフ嫁とのスローライフが奏でる小さな小さな恋の歌。



諸般の事情で刊行が先延ばしになっていましたが、ようやく発売の見込みのようです。たまたまというのか、15周年の記念月に発売となります。


ナポレオン文庫でのデビュー作品




美少女文庫での第1作

後夜祭 君をイジメたい (美少女文庫)
わかつき ひかる
フランス書院
2012-09-21








ほんじょう山羊/竹花ノート(イラスト)『狐に嫁入り 九尾の玉藻様と新婚生活』




お主はワシの“嫁”になったのじゃ……。
親に愛されず、贄として社に捧げられた僕。
待っていたのは、九尾の狐巫女・玉藻様。
「ほう、こんなに出せるか。想定以上じゃ」
契りと称して無理やり押し倒され、またがられ、精を吸われ尽くす童貞喪失。
挿入しただけで射精に至ってしまった僕は、多量の精液を玉藻様のなかへ放ち続ける。
「実によいぞ。ワシの子宮がタプタプじゃ。膣中も火傷しそうに熱いぞ……」
切なげだが嬉しそうな顔で、玉藻様が僕の連続放出を喜んでくれる。
そのことがなぜか僕には誇らしかった。
「よう頑張ったのう」
僕の頭を撫で褒めてくれる玉藻様。ひとに優しくしてもらえるなんて。

生まれて初めてのことだった。



最近の流行りなのでしょうか、エルフや鬼、狐巫女など「見た目は若いけど実年齢はかなりのもの」という異世界ヒロインが増えて来ました。まぁ色々とご事情があってのことだとは思いますが…。


美少女文庫でのデビュー作品(第8回美少女文庫新人賞受賞作品)

サムライ・凜は0勝7敗!?
ほんじょう 山羊
フランス書院
2015-05-03








青橋由高/やんよ(イラスト)『僕とるー先輩の放課後調教日誌 今日も私を躾けなさいっ! 』




☆聖夜の調教わんわん日誌☆

「お尻の穴に尻尾を生やした私、可愛い?ちゃんとご主人様のわんちゃんになれた?」
クリスマスイヴの夜というのに、肌にうっすらと汗を浮かべた瑠美の艶姿。
衝き上がる想いのままに、先輩を貫いて、失禁マーキング絶頂へと導いて!
春――僕は美人で悪戯好きな、るー先輩に恋に落ちた。
夏――僕は太陽より眩しい、るー先輩とのエッチに溺れた。
秋――僕は首輪をつけた、るー先輩のご主人様になった。
二人で始めた、二人だけの放課後調教部活。季節が巡るたび、僕はどんどんこのひとに惹かれていく!
「ねえ、いつから私のこと好きだった?」



青橋由高さんとやんよさんは昨年のこの作品以来、二度目となります。





美少女文庫でのデビュー作品

微熱~彼女は水泳部! (美少女文庫)
青橋 由高
フランス書院
2012-09-21








上原りょう/愛上陸(イラスト)『催眠恋。純愛幼なじみ、生意気義妹、高慢教師を独り占め!』




「愛たちのフェラで、気持ちよくなってね」
幼なじみの愛が、義妹の由乃が、女教師の歌織がひざまずいてトリプルフェラ。それも、元彼たちに見せつける形で!
「お兄ちゃんの、すっごい逞しい!」
競うように、幹に玉袋に舌を這わせる三人。やめてくれ!!と負け犬どもの遠吠えを心地よく聞きながら、健一はおびただしい量の生殖汁を愛たちの美貌に浴びせかける。
「もう、健一様ってば、相変わらず濃厚ね」
白濁に顔を染められたまま、対抗心も露わに両脚を広げ、挿入をせがむ催眠奴隷たち。健一は最高の征服感と共に告げた。
「さあ、誰から僕の子を受精したい?」
未来は催眠アプリで変えられる!催眠ハーレムこそ、みんなが幸せになれる純愛エンドなのだから!




美少女文庫でのデビュー作品(第1回美少女文庫新人賞・特別賞受賞作品)




続きを読む

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

2018年4月刊情報

◎フランス書院文庫2018年4月刊情報

フランス書院公式ホームページの「これから出る本」コーナーにて、4月のラインナップが発表されています。
(タイトルのリンク先は版元ドットコムさんの紹介ページです。)






天海佑人『全裸お手伝いさん』

全裸お手伝いさん (フランス書院文庫)
天海 佑人
フランス書院
2018-04-25



「炊事洗濯、下の世話までお申し付けください」
突然、僕のアパートにやって来たお手伝いさん。
優しい顔立ち、透明感のある肌、男を癒やす気遣い……
極上のベッドテクを持つ理想の熟女家政婦から、
一つ屋根の下で受けるエッチで献身的な奉仕。
淫臭に導かれ、兄嫁や女教師まで押しかけてきて……



近刊では「家政婦」繋がりの作品が続いた天海佑人さんですが、本作は随分と誘惑系のテイストが出て来ましたね。拙Twitterでもツイートしたのですが、天海佑人さんの英字表記が何故か「Haruto Mihara」となっています…。まさか美原春人さんって…という冗談(?)はさておき、書影はデジタルイメージの段階でしょうから、紙書籍が発売される頃には修正されていますよね?

美原春人さんの新刊はこちらです。(リンク先は拙ブログの紹介記事です。)

『したくてしたくて 義母と子連れの未亡人』









鏡龍樹『本当は淫らな兄嫁 未亡人兄嫁、女教師兄嫁、年下の兄嫁』




「今夜だけよ、私がこんなに淫らなのは……」
恥ずかしそうに下着を脱ぎ豊麗な裸体を晒す美希。
獣の体位で貫かれれば、唇からは恍惚の吐息が。
寂しさを隠すため男の温もりに溺れてしまう未亡人。
ふたりの義姉、さやかと結衣も蜜戯に刺激され……
貞淑な仮面を脱ぎ去り僕を狂わせる三人の艶兄嫁!



昨年復活して以来早くも三作品目の刊行となる鏡龍樹さんですが、本作も倒錯と背徳溢れる誘惑作品になるようですね。






鳴沢巧『三匹の女教師【特別調教委員会】』




「先生、イク時は、きちんと言うんだぜ」
子宮口を突き上げられ唇からこぼれる恍惚の吐息。
22歳の女体に次々と群狼の白濁が注ぎ込まれる。
女教師への欲望をすべて実現させる「調教委員会」。
輪姦辱、恥虐ヌードモデル、自宅までも支配され、
新任、人妻、未亡人――三人の聖職者は美しき獣に!



昨年デビューして以来順調に第三作品目となりますが、「特別調教委員会」という響きはいかにも綺羅光さんや御堂乱さんの作品を浮かべるも、こういうタイトルはなかったです(苦笑)






弓月誠『僕の新婚生活【妻の母、妻の姉と】』




「娘にはもったいないくらいだわ、婿様の××」
唾をまぶし、ゆっくりと手筒でしごきあげる華子。
新婚初夜を前に、フェロモンむんむんの妻の母と
気品あふれる妻の姉に「性教育」されるなんて!
未亡人の華子、独身美女の美佐江、新妻の由起乃に
昼夜なく迫られ昂ぶらされる「新生活」の結末は?



第32作品目となる弓月誠さんの新刊は妻の母と妻の姉を題材としていますが、実は既婚者の主人公を取り上げるのは初めてです。20代の主人公は複数いてそれでも童貞青年の筆下ろしというのが弓月作品の特徴でしたが、新機軸でも「らしさ」は変わらないかもしれませんね。






綺羅光『インテリ眼鏡美女、堕ちる 香里と美月』




「香里先生が隠しているマゾ性を暴いてあげるよ」
ベッドに縛り付けた女家庭教師を見下ろす真也。
きつい物言いで叱り、男を見下してきた25歳を、
裸に剥き、乳房を揉みしだき、肉茎をえぐり込む。
知的な分だけ感度も高く、理性を裏切る肉体。
香里を慕う女子大生までが悪魔の毒牙にかかり……



大ベテランの綺羅光さんらしく480ページと大容量ですね。





音梨はるか『全員“彼女”【クラスメイトの母娘と義母】 』




シングルマザーの美娘から家に招かれた修也。
遊び慣れた熟母・円香、クラスのマドンナ・沙耶。
娘の目を盗んでお母さんがこっそり僕を誘惑!?
嬉し恥ずかしのエッチな日々、乾く間もない股間。
秘密に気づいた義母めぐみは性欲を剥き出しに……
全員が彼女で全員が淫ら! 狙われる僕の運命は?



先月の拙ブログでの発売情報記事でも取り上げましたが、前回第19回フランス書院文庫官能大賞の最終選考作品よりデビューとなるようです。「クラスのマドンナ・沙耶」やその母親(円香)、主人公の義母(めぐみ)が登場しますので察しはつくかと思います。「はるか」さんだけにやはり作者は女性の方ですよね。



『マドンナ同級生と淫熟母』

王道の誘惑ものだが、〝王道〟とは何かをわかっていて、実際に描ける人はいそうでいない。特に少女・沙耶の母親が仕掛ける誘惑シーンはすばらしかった。キスをしながら少年に手コキをする描写は、五感をフルに使い、官能度を上げていた。少女以上に熟女描写が巧みなことは最大の武器になるだろう。
著者は凌辱と誘惑、どちらも書けるようだが、誘惑系を書くことをすすめる。ちなみに女性側の仕掛けのセリフが得意な人は誘惑小説が、ドSな男側の、女性をねちねちといやらしく責めるセリフが得意な人は凌辱小説が向いているようだ。
惜しむらくは、ほぼ少年視点だったことだ。言うまでもないが、三人称の魅力は視点を変換できることにある。女性側(特に熟女)の視点も読んでみたかった。心情(かっこを使った表現)自体も、終盤にいくに従ってどんどん減っていくのが気になった。


第19回フランス書院文庫官能大賞、結果発表(公式ホームページ)から引用








◎フランス書院文庫X2018年4月刊情報


結城彩雨『肛虐の凱歌(ファンファーレ)【四匹の熟夫人】』




夫の昇進パーティーで輝きを放つ准教授夫人・真紀。
会場の片隅で美貌の人妻を狙う冷酷な視線が!
自宅を侵犯され、白昼の公園で二穴を塞がれる。
嬲り抜かれた双臀を待ち受けるさらなる肛虐地獄。
四人の熟妻が覚え込まされた忌まわしき快楽!








御堂乱『闘う正義のヒロイン【完全敗北】』




守護戦隊の紅一点、レンジャーピンク・水島桃子は、
魔将軍ゲルベルが巡らせた周到な策略で囚われの身に。
強化スーツ越しに恥ずかしい部分をまさぐられるうち、
勝ち気な美貌は歪み、黒瞳は欲情に潤みはじめ……
美人特捜、女剣士、スーパーヒロイン……完全屈服!








◎管理人の気になる2018年4月発売の官能作品


竹内けん『就職先は人妻ハーレム』




憧れのお姉さん・あさみに勧誘され、彼女の会社に入社した童貞青年の正吾。美しい人妻たちが勤務する配属先で、めくるめく新入社員生活が始まった。
頼りになる先輩の杏子に密やかに筆下ろしされ、厳しい課長の由香里からS痴女責めの快楽を教わり、優しく貪欲な春奈を潮吹きで昇天させる…。そんな淫らな日々の中で、ついに女神のように慕ってきたあさみが正吾を淫靡に誘惑してきて…!? 官能ライトノベルの旗手が描く新入社員ハーレムロマン!



二次元ドリーム文庫の「ハーレム」シリーズで有名な竹内けんさんが竹書房ラブロマン文庫へ進出です。(2008年に竹書房文庫では刊行したことがあります)






美野晶『みだら和服の義母』




亡き父の後妻・美織に密かに憧れる冬弥は、彼女の主催する華道教室に集まる和服美女たちに誘惑される–。
筆下ろししてくれる淫ら人妻の千晶、グラマラスなラテン系ハーフ美女の梨沙、深窓のお嬢様・芽依が見せる欲情…。
彼女たちとの情交をへてなお、冬弥は義母への禁断の想いを加速させてゆく。ついに一線を越えて義母の肉体に思うさま欲情を注ぎ込むとき、彼女もまた艶やかな淫声をあげるのだった–!
売れた女体の魅力を俊英が描ききる、和服ハーレム長編!



あらすじと書影がAmazonに反映されましたが、最後の「売れた身体」は「熟れた身体」ではないかと…。美野作品ではすっかりお馴染みとなったメインヒロインに一途なれども、他のヒロインたちに押され気味に誘惑されて下半身は仕方なく…という巨根主人公がやり返すという展開になりそうですね。






真島雄二『三人の美人妻 弄ばれた童貞ペット』




突如、色っぽい人妻に誘われた僕は彼女たちの思いのままに肉棒を弄られ……

高校生の雅彦は電車でスタイル抜群の美人に遭遇する。一時の気の迷いで挑発的なヒップに手をやったとたん、彼女ばかりか両隣の女からも取り押さえられてしまう。だが、不思議なことに警察に突き出されることもなかった。そればかりか女たちは童貞の雅彦を秘かに弄びはじめ……。



マドンナメイト文庫では1年3ヵ月振りとなる新作です。






辻堂めぐる『処女の甘い匂い 僕のハーレム黄金時代』




なにをやってもダメな非モテの中年男・祐輔は、アクシデントで橋から落ちてしまう。目が覚めると、なぜか中 学 生になっていて……

ダメ中年の祐輔はブラックな会社からもリストラされた。人生に絶望して橋から身を投げようとするも勇気がなく引き返そうとするのだった。だが、運の悪いことに足を滑らせ、そのまま川に転落。やがて目覚めるが、なぜか中学時代に戻っていて……。



マドンナメイト文庫も新出(新人ではないところでお察しください。)の作家さんが続々と誕生していますが、なかなか長続きしませんね。フランス書院文庫とはまた違った転生ものを主題とした作品のようです。






DSKさんのブログでは4月刊行の「気になる」作品を取り上げています。
2018年4月発売予定の官能書籍から気になる作品をDSKが独断と偏見でピックアップ!▼フランス書院文庫X 2018/4/12 発売肛虐の凱歌-四匹の熟夫人(著:結城彩雨)→ Amazonはコチラから。→ ハイブリッド書店【honto】はコチラ。夫の昇進パーティーで輝きを放つ准教授夫人・真紀。会場の片隅で美貌の人妻を狙う冷酷な視線が!自宅を侵犯され、白昼の公園で二穴を塞がれる。嬲り抜かれた双臀を待ち受けるさらなる肛虐地獄。四人の...
2018年4月の気になる官能書籍








◎美少女文庫2018年4月刊情報

井の中の井守/ぼに~(イラスト)『信長とセーラー服 時をかける大和撫子』




ついに訪れてしまった、本能寺の変。運命の戦場で一条静香を待っていたのは、
「静香よ、我が妻となれ。夜伽して我が子を孕んでくれ」
恋い焦がれてきた信長からのプロポーズ。
まるで少女の殻を破るように……セーラー服から豪華な打掛に着替えて、夢幻のような一夜がはじまる。
コンプレックスだった87センチ巨乳で愛する人を喜ばせて――処女を捧げた人から何度も絶頂を与えられ、今夜も精を注いでもらう。
「産みます! 静香は、絶対に今夜、あなたの子を孕みます!」
――ついに訪れた本能寺の恋。
奥手な大和撫子が出逢ったこの恋は、きっと時を越えて奇跡を起こす……








巽飛呂彦/サークル青豆腐・ねろましん(原作・イラスト)『豊穣の隷属エルフ 奪われた王国』




――すべてが終わった。エルフたちが暮らす東の森の国は、人間によって滅ぼされた。
そして今日、王都の広場では……何人ものエルフたちが裸身を広げ、その身体には多くの男たちが群がっていた。
処女であった姫のアルフィリアの姿まで。
「国民の皆さん! お父さまぁぁ! ごめんなさい!アルフィリアはチ××欲しさに国を売っちゃいましたぁぁ!!」
森の宝石とも称えられた姫の膣と肛門へのピストンは際限なく続き、ひとりが果ててもまたすぐに別の男が代わって突きこむ。
「この国は今日から、奴隷を産み、増やして、出荷するための奴隷産出国になります!!!一生孕んで孕んで、赤ちゃん産みまぁすぅ!」
終身隷属宣言をする姫の隣では、誇り高かった女騎士ヴィルヘルミナも、気高かった母后ベアトリスも男たちに貫かれていく。








葉原鉄/みやま零(イラスト)『永遠姫の嫁入り』

永遠姫の嫁入り (美少女文庫)
葉原 鉄
フランス書院
2018-04-20



「この年で生娘だなんてみっともないねぇ」
異形の鬼。千年生きつづける桃姫。可憐な童女にして鬼女。そして、俺の初恋のひとで今夜からは俺の妻……。
「俺もはじめてで……というか俺、トワさまとはじめて会ったときから大好きで……」
あふれ出す気持ちと一緒に、初夜だというのに腰が加速する。つなぎあった粘膜をこすればこするほど想いが伝わるような気がして。
「そんなまっすぐ言われると、照れるねぇ」
トワが、にへぇとだらしない笑顔で応える。俺しか知らないトワの笑顔。俺しか知らない、最高に可愛い俺のお嫁さん。
「ああ、もう! 鬼っていうか小悪魔だろ!可愛い、ああ可愛いッ、超エロいッ! ああ、くそッ! 俺、トワさまが好きすぎる!」
何度も妻の名を呼び、彼女の内面を掘り起こす。いとしくていとしくて仕方がない。




続きを読む

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

2018年3月刊情報

◎フランス書院文庫2018年3月刊情報

フランス書院公式ホームページの「これから出る本」コーナーにて、3月のラインナップが発表されています。3/15に紹介ページが更新され、あらすじと立ち読みが追加されました。
(タイトルのリンク先は版元ドットコムさんの紹介ページです。)






上原稜『おいしい一夫多妻【隣りの四姉妹】』




「今夜は私だけを愛して、あなたの子供が欲しいの」
頬を朱に染めキャミソールを肩からはずしていく美菜子。
豊満な乳丘の先端には羞恥に震える熟れた乳首が……
「新しい嫁」は、信也が憧れつづけた隣家の四姉妹。
「第一夫人」の座を狙い、昼夜なく甘い性戯を仕掛けられ……
美菜子、綾女、翔子、栞――美女四人と一夫多妻生活!



「一夫多妻」や「第一夫人」というキーワードから、前作『夢の一夫多妻』の世界観を継承しているようです。ならば表紙イラストも八月薫さんでいけば良いのに…というのは、ちょっと欲張りな意見でしょうか。

夢の一夫多妻 (フランス書院文庫)
上原 稜
フランス書院
2017-08-18








上条麗南『都合のいい肉玩具 四匹の未亡人』




「あんっ……ご主人様の濃い精液をください……」
白昼のリビング、反り返る肉茎にフェラ奉仕する茜。
足の指を差し出されれば、男根をしゃぶるかのように
卑猥な音を立てて舐め、自らの秘所を指で慰める。
夫亡き後、当主となった義弟の性玩具にされた34歳。
青狼の毒牙は、未亡人の義母、叔母、女教師へ!



こちらの作品も前作『都合のいい身体(以下略)』と似た題名で寄せて来た感があります。フランス書院文庫では希少な女流作家によるハードな責めに注目でしょう。






なぎさ薫『ママと叔母と姉ナース 僕の入淫生活』

僕の入淫生活 (フランス書院文庫)
なぎさ 薫
フランス書院
2018-03-26



「特別な治療をしてあげる。他の患者さんには内緒よ」
カーテンを閉めきった病室に響く舌を這わせる水音。
手足を骨折した陽一は、母と姉が勤める病院に搬送。
オナニーができないせいで四六時中勃起しっぱなし。
美姉に悩みを見抜かれ、手コキやフェラで問診。
お見舞いに来た叔母はベッドに漂う淫臭に気づき……



表紙イラストを見ればお分かりのように、「姉ナース」を前面に押し出しています。母と姉が揃って「実」とはなかなかならなそうですが、姉を美姉と表示していることから、せめてお姉さんだけでも実姉であればと期待したいです。(余談ですが管理人は姉好きです)紹介ページを見ると義母が22歳で、実姉が21歳と義母娘というよりも姉妹みたいですね。






榊原澪央『孕ませ調教 未亡人兄嫁と若兄嫁』




「孕むまで義姉さんは肉便器にされつづけるんだよ」
ベッドの上、朝まで種付け交尾を強制される彩花。
夫の単身赴任中、淫獣の本性を剥き出しにした義弟。
夫婦の閨房を実験場に、何度も白濁液を注ぎ込む。
隠れたM性に目覚め、自ら懐妊をねだる30歳。
着床の魔手は同居する未亡人兄嫁にも向かい……



ストレートなまでに「孕ませ」を意識なさった題名とあらすじです。デビュー作品の『相姦四重奏』のように、何本かネジがぶっ飛んだ非現実性の強い作風に仕上がるのでしょうか。






宮坂景斗『専属、奴隷メイド 女教師と同級生』




「ご主人様、私にもっとお仕置きしてください」
女教師と同級生、二人の専属メイドは最高の美獣。 
38歳の遼子にメイド服をまとわせ濃厚フェラご奉仕を命じ、
いやがる美少女・美沙を純潔の身から調教しつくす。
「奴隷契約」を盾に昼夜なく蹂躙されつづけた二人は、
やがて自ら美尻をさらし肉茎をねだる言いなり牝に……



デビュー作品の『青獣の美餌 友達の母を 担任女教師を』から暫くの間は歳の若い(若すぎる)主人公というインモラル感を前提とした作風でしたが、本作では前作のような性豪の高校に通う主人公の路線を選ぶのでしょうか。母娘丼というシチュエーションのようなので、ヒロイン2人が母娘の可能性が高そうです。






日向弓弦『シングル母娘と僕ーふたりであいしてー』




「もう我慢できないの、お願い、奥まで入れて」
36歳の空閨を押し分けていく矢じりのような先端が、
奈摘の完熟肢体にくすぶるおんなの悦びを甦らせた。
シングルマザーと浪人生が人目を忍んで交わす逢瀬。
母への想いを不器用にしか伝えられない娘・映里香が
純潔をなげうって真佐人にけなげな誘惑を仕掛け……



拙ブログの記事2018年2月刊情報で述べたように、第19回フランス書院官能大賞の特別賞受賞作品だと思われます。あらすじから見る限り奈摘と映里香母娘との間でちょっとした事情があるようです。仲良し母娘がキャッキャウフフとばかりに主人公を誘惑するのもありですが、ギクシャクしていた関係が主人公との情交に伴い、修復されていくという流れも良いですね。(その逆に愛憎でドロドロとするのは個人的にもっと好きですが…。)楽しみにしたいと思います。






DSKさんのブログでは3月の「気になる」官能作品を多数取り上げています。
2018年3月発売予定の官能書籍から気になる作品をDSKが独断と偏見でピックアップ!▼フランス書院文庫 2018/3/26 発売シングル母娘と僕-ふたりであいして(著:日向弓弦)→ Amazonはコチラから。→ ハイブリッド書店【honto】はコチラ。「もう我慢できないの、お願い、奥まで入れて」36歳の空閨を押し分けていく矢じりのような先端が、奈摘の完熟肢体にくすぶるおんなの悦びを甦らせた。シングルマザーと浪人生が人目を忍んで交...
2018年3月の気になる官能書籍








◎管理人が気になる官能作品


早瀬真人/由衣.H(挿絵)『魅惑の温泉旅行 爛熟艶母と美姉妹』

魅惑の温泉旅行 爛熟艶母と美姉妹 (リアルドリーム文庫)
早瀬真人
キルタイムコミュニケーション
2018-03-07



突然できた義母義妹との旅行に戸惑う少年、勇介。
蠱惑的な母のボディと可愛すぎる妹たちに囲まれて
よこしまな煩悩が膨らんでいく。
「今だけは……勇介くんの好きにさせてあげる」
湯船で、旅館で、ときには野外で――
義理の家族と激しく交わる禁断の三日間!



昨年9月以来の刊行となるリアルドリーム文庫は、複数のレーベルでご活躍の早瀬真人さんの作品です。2017年は順調とは言えず年4作品に留まった同レーベルですが、フランス書院文庫やマドンナメイト文庫とも違う受け皿としてこのまま衰退していくのは勿体ない限りです。どこかで巻き返しを期待したいところです。






北條拓人/asagiri(挿絵)『ダブル母娘蜜くらべ』

※3/14に情報が追記されました。

ダブル母娘蜜くらべ (リアルドリーム文庫)
北條拓人
キルタイムコミュニケーション
2018-03-23



濡れ蜜滴る蝶たちが、僕を優しく剥いていく。
家庭の都合で一人暮らしをしている学生・研介は
二組の母娘から淫靡で熱烈な誘惑を受ける。
熟女とその娘の刺激的な肉体奉仕と、
恋人とその母親の美しい肢体に腰を躍らせていた。
「研ちゃんになら、いつでもさせてあげる」
少年は淫夢のような最高の現実を体験する!



北條さんは3月に竹書房ラブロマン文庫でも『まさぐり新生活』を刊行と精力的な活動を続けていらっしゃいます。既に管理人はこちらを読了していますが、この作品の主人公と同じくらいの年齢(大学生)の設定でしょうか?asagiriさんが描くヒロインの顔立ちは個人的に好みですが、身体は魔人みたいなんですよね…。

リアルドリーム文庫で月2冊刊行は久し振り…ではなく、上記の早瀬真人さんの作品の発売が延期となった事情によるもののようです。





貧乏大学生の恭太は、ある晩助けた老人から、不思議な古民家の管理人バイトを紹介される。
仕事内容は3人の美女が同居するその古民家のメンテナンスと、彼女たちの面倒を見ること。
だが恭太は繰り返し誘惑され、いつのまにか彼女たちからご奉仕を受けるハーレム生活が始まったのだった…!
人妻女医のむっちり肉体奉仕、引きこもりアイドルの巨乳サービス、コスプレ趣味を持った女教師の美尻接待…。
年上お姉さんたちのナマ肉壺に、いつでも中出しできる快楽にまみれた楽園生活。
やがて新たに大学きっての美女が住人に加わり、恭太の興奮はさらに加速してゆく…!








桐島寿人『双子姉弟 恥辱のシンクロ強制相姦』





叔母の探偵業をサポートする美しい双子の少年少女。あるとき、ファイルから闇オークションで性奴隷を売買する男の存在を知り……。



フランス書院文庫で3作品を書かれている桐島寿人さん名義でマドンナメイト文庫に進出です。(仮)段階では「女装して潜入」とありましたので、姉弟が男女逆の衣装で強制相姦っていうシチュエーションもありだよな…と思います。この辺りはマドンナメイト文庫らしい倒錯性に満ちた作風になりそうですね。

→購入しましたが、レビューは回避させていただきます。






桜井真琴『彼女の母と…』


彼女の母と… (二見文庫)
桜井 真琴
二見書房
2018-03-26



「お嬢さんの代わりに、おかあさん、お願いします──」 
期待の俊英による書下し官能エンターテインメント! 

涼太は42歳の上司で美人課長の礼子から厳しい言葉で説教される日々を送っていた。 
そんな彼にとって、唯一の心のよりどころはカノジョである千佳。 
Mっけがある彼女は、変わったプレイにも応じてくれるのだ。 
その日も部屋で裸にエプロンという姿にさせ交わっていた──ところに突然入ってきたのが礼子で……。 



『淫情ホテル』『人妻たちに、お仕置きを』と好調な作者による二見文庫3作品目となります。単純に「妻の母」ものでは留まらない、何かの捻りを入れてくるのではないかと期待しています。






◎美少女文庫2018年3月刊情報

美少女文庫公式ホームページの「これから出す本」コーナーにて、3月のラインナップが発表されています。
タイトルのリンク先は美少女文庫公式ホームページの紹介ページです。3/16刊行予定のためか既に更新を終えていますが、フランス書院文庫も出来れば同じように早めに対応していただけば…と思います。






伊藤ヒロ/瀬浦沙悟(イラスト)『ビキニアーマー装備の隣のママさん勇者は好きですか?』









みかど鉄狼/MtU(イラスト)『女騎士ぱんつこれくしょん』

女騎士団ぱんつこれくしょん (美少女文庫)
みかど 鉄狼
フランス書院
2018-03-19








ニシ/HIMA(イラスト)『ハーレムダンジョンで神様プレイ! 武闘家、魔法使い、猫耳剣士、エルフシスター』



続きを読む

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

2018年2月刊情報

◎フランス書院文庫2018年2月刊情報

フランス書院公式ホームページの「これから出る本」コーナーにて、2月のラインナップが発表されています。
(タイトルのリンク先は版元ドットコムさんの紹介ページです。)

AmazonのKindle版及び公式ホームページにて、「蔵出し」と称した作品の一部抜粋を集めた電子書籍が発売中です。ご購入前に参考になさってみてはいかがでしょうか?





この「蔵出し」では北都凛さんのリアルドリーム文庫作品『穢された競泳水着』の一部抜粋も収録され、完全版は3月に電子書籍(「フランス書院eブックス」?)にて発売予定だそうです。

穢された競泳水着 (リアルドリーム文庫 64)
北都凛
キルタイムコミュニケーション
2011-06-22








青橋由高『母娘温泉【子づくりの宿】』




「いいのよ、私の膣中にたっぷりそそいで」
艶めかしい汗にまみれた瑞々しい美乳を弾ませながら
肉棒を秘唇で咥えこみ淫らにくゆらす人妻の腰使い。
家族の目を盗み、温泉で興じる子づくりセックス。
未亡人女将の弥生(34)、娘姉妹の麻沙美(25)と桃華(19)が、
日替わりで白濁をおねだりする、魅惑の温泉宿!



美少女文庫の主力作家による久々の黒本オリジナル作品となりますね。(前作、前々作は短編集でした)甘々世界と少々捻りの効いた作風に接することが出来て喜ばしい限りです。






一柳和也『自我崩壊 三匹の令嬢女教師狩り』




(怖い……私が私でなくなっていく……)
教え子に後背位で貫かれ、イキ狂わされる美奈。
高潔な教育理念を掲げ、正義感の強い美教師を、
突然、放課後の卑劣な暴虐が踏みにじった!
痴態動画で弱みを握られ、白濁を注がれる日々。
28歳が快楽に目覚める頃、毒牙は同僚の女教師へ……



悪魔な教え子による女教師凌辱ものですが、こうした作品でいつも思うのは始めに攻略したヒロインへの執着が終盤になるにつれて段々と褪せていくということ。やはり男は新しい獲物の方が良いのでしょうか。






美原春人『したくてしたくて 義母と子連れの未亡人』




「もっと強く抱いて。ずっとさみしかったの……」
服を足下に脱ぎ落とし、男の胸に抱きつく佑里恵。
娘を遺し、目の前から消えた夫の温もりを埋めるため、
同じマンションの大学生を誘い、肌を重ね合わせる。
身体によみがえる亡夫が教えてくれた絶頂の悦び。
二人の関係は昭典の義母に知られることになり……



昨年デビューなさって早くも4作品目となりますが、本作辺りでこれまでの総括とこれからの方向性を見極めることになりそうだと勝手に感じております。作品では佑里恵と昭典の義母の二人が登場予定でしょうか?






御前零士『新妻姉妹【自宅ソープ奴隷】』




「奥さん、旦那以外の××を洗う気持ちはどうだい?」
自宅の浴室、泡まみれの手で肉茎をしごく理奈。
幸せな結婚生活を送っていた27歳の新妻は、
夫の上司に襲われ、「自宅ソープ嬢」に堕とされる。
客への即フェラ、接待セックス、特別アナル奉仕……
家族を守るため、屈辱に耐えながら働き続けるが……



フランス書院文庫の新作としてはまさに約1年振りとなります。
この間はフランス書院文庫Xと言いつつも、リアルドリーム文庫の既刊のリメイク、合作ばかりでしたので…。






庵乃音人『淫ら兄嫁づくし 若兄嫁、熟兄嫁、未亡人兄嫁』




「私の××で大人の世界に導いてあげる、あんっ」
押し込まれた義弟の肉茎に湿った吐息を漏らす綾花。
背徳的な姦係であるほど深まりゆく、禁忌の快楽。
夜のバスルームで、リビングで、夫の遺影の前で、
心のなかに潜む淫性をさらけだしていく三匹の美獣。
24歳、29歳、35歳――兄嫁だらけの溺れ夜、開幕!



こちらもフランス書院文庫では約1年振りとなる庵乃音人さんです。「若」、「熟」、「未亡人」と分けながらも、実は全員未亡人…なんていうことはないでしょうか?






霜月航『奥さまはS級捜査官』




「やめて、離れなさいっ……この、ケダモノっ」
32歳の裸身を突き上げる剛直、朱唇から漏れる吐息。
敵のアジトに潜入した人妻捜査官の女肉に迫る魔罠。
上下の口を休みなく犯されついには裏穴の破瓜まで……
身体を貫くエクスタシーに必死に耐える真紀だが、
調教の果て、S級捜査官は肉茎を自らねだる美牝へ!



2018年初登場の作家さんによるデビュー作品のようですが、本作に似たコンセプトの官能大賞選考作品が見られません。
従って選考作品というよりは、別レーベルで書かれている作家さんによる別名義の可能性が高いのかな?と思われます。
捜査官ネタで活躍の官能作家さんもいらっしゃいますね。
詳細が分かれば大体私が見当を付けているあの作家さんではないか?その可能性が高いと思われます。






DSKさんのブログにて、2月刊行予定の「気になる」官能作品が多数取り上げられています。
2018年2月発売予定の官能書籍から気になる作品をDSKが独断と偏見でピックアップ!▼フランス書院文庫X※右側の画像は底本の表紙。 2018/2/13 発売人妻-恥虐の牝檻【完全版】(著:杉村春也)→ Amazonはコチラから。→ ハイブリッド書店【honto】はコチラ。新居で幸せな新婚生活を送っていたまり子。初々しい美肉は淫獣をおびき寄せ、白昼に悲劇が!凄絶な輪姦プレイ、露出ショウ、剃毛刑……同じマンションに住む百合恵も毒網...
2018年2月の気になる官能書籍








◎フランス書院文庫X2018年2月刊情報


こちらの2作品となります。いずれもハードXノベルズの復刻です。
杉村春也さんの作品は900ページ超ということから、紙書籍より電子書籍でお持ちになられた方が良いのかな?と思います。













◎美少女文庫2018年2月刊情報


以下3作品となります。余談になりますが最近の一般ラノベのエッチな寄りは際どく、これは局部の露出があるか無いかの違い程度。ここまで許されるならエロラノベの存在意義ってなんだろうなと感じますね。
露出もあるけど重い展開にしても、逆に軽い展開に振っても「○○のパクり!」って断罪される風潮って厳しいよなあとは思います。こういう批判をなさる方は「一般ラノベ>エロラノベ」という意識が強く、幅広く読んでいるだけにもっともらしい説得力があるので厄介ではあります。
まぁパクりでもオマージュでも楽しくてエロければ良いのでは?とこれは私の勝手な意見ですが。









続きを読む

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

2018年1月刊情報

◎フランス書院文庫2018年1月刊情報

フランス書院公式ホームページの「これから出る本」コーナーにて、1月のラインナップが発表されています。
(タイトルのリンク先は版元ドットコムさんの紹介ページです。)






七海優『夢の子作り生活 彼女の母、彼女の姉、新任女教師と…』




「私のために、たっぷりと濃い精液を溜めてね」
ルージュの剥げた唇で亀頭を磨く美熟女・雅子。
可愛い航輝のために精のつく料理を食卓に並べ、
家族の目を盗み、時間を惜しんで肉交に励む。
ついには娘たちがいる家で情事に溺れるまでに。
最初に孕むのは誰? 女たちが火花を散らす楽園!



第12回フランス書院文庫官能大賞の新人賞を受賞されてデビューしてから4年目で5作品目とやや少なめですが、本作も題名から「子作り」と甘さを感じさせる仕上がりとなっているようです。






夏月燐『女子なぎなた部【全裸稽古】』




「卑怯者! 何度穢されても私は屈したりしない」
無惨に胴着を剥ぎ取られ、操を蹂躙される佑理。
乙女たちの汗の匂いに淫獣が招き寄せられた。
武道に奉げた純潔が極太な肉刀に貫かれる!
袴からのぞく白い太腿、弄ばれる桜色の乳首……
神聖な稽古場にもれるあえぎ声と啜り泣き!



12月にフランス書院文庫Xにて過去の作品の合本『若妻と誘拐犯』を刊行なさった夏月燐さんですが、オリジナルでは『隣人レイパー【歪愛の標的】』以来8年振りの新刊になりそうです。






小鳥遊葵『全国熟女めぐり』

全国熟女めぐり (フランス書院文庫)
小鳥遊 葵
フランス書院
2018-01-25



「女の盛りは何歳だと思う? 三十からよ」
湯けむりと田舎の静けさが熟女の理性を崩し、
するりと落ちた浴衣の奥から淫らな蜜が伝う。
快楽を知り尽くした手つき、舌這わせ、腰遣い……
久しぶりの肉交で「おんな」を取り戻す熟女たち。
女教師、兄嫁、義母……癒しを求めて僕は旅する!



「島のしきたり」が定番となっていた小鳥遊葵さんの新刊は、主人公が島を飛び出して女体巡りの旅に出るようですね。楽しみにしています。






香坂燈也『お泊まり先生 女教師、そして隣人姉妹も』




憧れていた英理子先生が「お泊まり」に来るなんて!
パジャマ代わりに僕のワイシャツを裸身に羽織り、
朝が来るまで甘美な手ほどきを受ける最高の時間。
夢の初キス、とろける生フェラ、待望の筆おろし。
有頂天の弘明に隣人姉妹が「泊まらせて」とやってきて!?
19歳、24歳、28歳――シングルベッドのハーレム体験!



『○○先生』という題名は最近のトレンドですが、女教師は典型的な官能作品のキーワードでもあります。楽しみにしています。






風吹望『絶対服従オフィス 高飛車四姉妹秘書』





くやしい。でも気持ちいい……私としたことが…… 
完全防音の役員室、バックで貫かれる美人秘書・理沙。 
社内の不正にも屈しなかった心を色調教で堕とされ、 
肉棒への服従を誓わされ、しかも絶頂を迎えるなんて。 
美尻をくねらせつつピストンをねだる25歳は知らない。
玲那、麻奈美、桃香――最愛の姉妹にも悪魔の毒牙が!



前作『華と狂犬 未亡人、そして三姉妹を』以来2年半振りとなる新作です。






千賀忠輔『奴隷義母、玩具兄嫁、熟牝家政婦』




「やめて。裂けちゃう、あの人より大きい……」
未亡人兄嫁の秘孔を狙い、うなりをあげる義弟の硬直。
まだ哀しみが癒えぬ女体への姦淫が暴走の始まり。
奥まで白濁を注ぎこまれる「淫獣儀式」の果て、
悪魔の標的は、母代わりの家政婦、後妻の義母に……
女に眠る欲望のすべてを暴いていく「調教の家」!



2017年に凌辱作風で最も活躍された新人作家さんですが、満を持しての3作品目となります。






DSKさんのブログでは1月発売予定の「気になる」官能作品をピックアップなさっています。
2018年1月発売予定の官能書籍から気になる作品をDSKが独断と偏見でピックアップ!▼フランス書院文庫 2018/1/25 発売奴隷義母、玩具兄嫁、熟牝家政婦(著:千賀忠輔)→ Amazonはコチラから。→ ハイブリッド書店【honto】はコチラ。「やめて。裂けちゃう、あの人より大きい……」未亡人兄嫁の秘孔を狙い、うなりをあげる義弟の硬直。まだ哀しみが癒えぬ女体への姦淫が暴走の始まり。奥まで白濁を注ぎこまれる「淫獣儀式」の果て、...
2018年1月の気になる官能書籍








◎美少女文庫1月刊情報


遠野渚/竹花ノート(イラスト)『とってもバブみなあまえ神ちゃん!』









ほんじょう山羊/ひなたもも(イラスト)『アイドルマスター生贄総選挙』

アイドルマスター生贄総選挙 (美少女文庫)
ほんじょう 山羊
フランス書院
2018-01-20








上原りょう/ひさまくまこ(イラスト、原作)『優等生綾香のウラオモテ』

優等生 綾香のウラオモテ (美少女文庫)
上原 りょう
フランス書院
2018-01-20

続きを読む

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

2017年12月刊情報

◎フランス書院文庫12月刊情報

フランス書院公式ホームページの「これから出る本」コーナーにて、12月のラインナップが発表されています。(タイトルのリンク先は版元ドットコムさんの紹介ページです。)






天海佑人『全裸家政婦【ふたりの兄嫁と義母】』




「旦那様、私が今夜のお相手を務めさせて頂きます」
裸エプロンを足下に脱ぎ落とし、ベッドに上がる美琴。
訳あって鳥居家の当主となった真也の生活は激変!?
どんな要望も叶えてくれる義母とふたりの兄嫁。
全裸お掃除、浴室でオッパイ洗体、お尻のご奉仕まで。
24時間、淫らな「おもてなし」をご堪能ください!



前作が『三匹の人妻奴隷家政婦』という題名なので、家政婦を題材とした作品は連続となります。(表紙イラスト担当は引き続き赤尾真代さんです。)「激変!?」「ご堪能ください!」というあらすじからコメディタッチの作品を思わせますね。






御堂乱『先生の奥さん【完全調教クラブ】』




「どうだ、奥さん。俺のでかいのが入ってるだろ」
子宮口を衝き上げられ、白い喉を仰け反らせる蓉子。
次々に体位を変えられ、カメラに撮られる淫らな姿。
落ちこぼれ生徒を家に上げたのが悲劇の始まりだった!
愛する夫にも言えず、苦痛と屈辱に耐える日々。
思い出の詰まった夫婦の愛の巣で二穴を穢され……



御堂乱さんの前々作品が『女教師【完全調教クラブ】』でしたし、先生繋がりで続編かと思われます。





神瀬知巳『ママと妹が僕の部屋に入り浸り』




「お母さんにバレないようにエッチしよっか」
コタツの中、和晴の股間に足を這わせる小悪魔。
一人暮らしの僕のアパートに押しかけてきた母娘。
狭い部屋での共同生活、視界に入る胸チラ……
兄妹の姦係に気づいた義母は叱ると思いきや、
「ママも我慢できないの」と欲情してきて……



9月に新刊を刊行なさったばかりの神瀬知巳さんですが、今までより早いピッチでの新作というのが驚きでもあり、思わず過去作品の続編ではと疑ってしまいました…。和晴という主人公は今までに登場していないので、恐らく新作とみて良いかと思います。楽しみです。






天崎僚介『夜這い未亡人【てほどき寝室】』




(やっぱり来た、私をいやらしい目で見ていたものね)
闇の中、寝たふりをして女陰を火照らせる恭子。
荒い息遣い、胸を揉む手、ふとももに忍び寄る指。
悠斗を熟女フェロモンで挑発しつづけた38歳の柔肉。
渇ききった未亡人の女体は、肉欲に溺れてしまい……
叔母、兄嫁、義母――淫らなてほどき未亡人たち!



「夜這い」、「てほどき」という言葉は最近のフランス書院文庫のトレンドになって来ました。誘惑作品のエース作家がどのように調理なさるのか、楽しみにしています。






綺羅光『人妻奴隷姉妹』

人妻奴隷姉妹 (フランス書院文庫)
綺羅 光
フランス書院
2017-12-26



「お姉ちゃんのよがり声を聞いて興奮してるのか?」
縄掛けされた肉体を深いストロークで抉られる歩未。
美姉妹を互いの眼前でいたぶり抜く容赦ない暴虐。
姉の夫の屈折した欲望が30歳と28歳を蟻地獄へ。
穢され、嬲られ、奉仕させられる屈辱の肉檻。
ドス黒い欲望に染められる人妻たちの白い肌!



キャリア30年以上の大御所もまだまだ負けぬとばかりに、コンスタントに新作を刊行なさっています。






鏡龍樹『雪国の未亡人女教師 乱れる、溺れる、堕ちる』




「お願い、私の身体をあなたの肌で温めて」
教え子の肉茎に腰を揺らし吐息を漏らすあゆみ。
真夜中の寝室、喪服のままで、身体を寄せ合い、
獣のように、性悦を貪り狂う二人は知らない。
果穂と紗栄子――二人の哀しき未亡人教師もまた、
満たされない欲望で女体を疼かせていることに……



こちらもキャリア20年以上の大ベテラン作家による新刊です。前作が約7年半振りの新刊でしたが、定期的に刊行なさるようで嬉しい限りです。






◎フランス書院文庫X

偶数月の10日前後はフランス書院文庫Xの刊行日です。今回はハードXノベルズからではなく、フランス書院文庫やリアルドリーム文庫作品からなのが特徴です。

夏月燐『若妻と誘拐犯』

若妻と誘拐犯 (フランス書院文庫X)
夏月 燐
フランス書院
2017-12-13



(もう夫を思い出せない。昔の私に戻れない……)
監禁された薄暗い六畳間にもれる若妻の呟き。
誘拐犯と二人きりの密室で朝から晩まで続く肉交。
志織の成熟した肉体は意に反して恥辱の絶頂へ。
27歳と24歳、狂愛の標的にされた人妻たち!




【元の作品】

『若妻と誘拐犯 密室の43日間』




(もう夫を思い出せない。昔の私には戻れない……)
監禁された薄暗い六畳間に、若妻の哀しい呟きがもれる。
誘拐犯と二人きりの密室で、朝から晩まで続く肉交。
対面座位で貫かれながら、清楚な美貌を染める志織。
27歳の成熟した肉体は、意に反して恥辱の絶頂へ……
狂愛の誘拐犯と美しき人妻、二人だけの43日間!
(元作品のあらすじより)



『狂愛の絆 若妻とストーカー』




誰かに見られている、誰かに尾けられている……
顔の見えない脅迫者の影におびえる若妻・有紀。
家族のいない停電の夜、男はついに自宅へ不法侵入。
夫婦の寝室で「夫」のようにフェラチオを要求。
後ろから裏穴を穢されながら、24歳は哀しく呟く。
私、大嫌いな男に犯されて感じはじめてる……



先月の北都凛さんのようにかなり久々のご登場となるのが夏月燐さんです。作品自体はちょうど12年前となりますから当時の色合いを残しているかはともかく、560ページという分量でヒロインが二人という点からすると、この両作品の合作ではないかと思われます。そもそも暫くご縁がなかった(とみられる)作家さんが何故今ごろになって?という疑問が出ましたが、来年1月にフランス書院文庫から『女子なぎなた部【全裸稽古】』が発売されるようですので、その販促とも言えるのかもしれません。(公式ホームページの紹介ページが11/30に追加されました。)






御前零士『絶望の淫鎖 襲われた美姉妹』




「それじゃ、姉妹仲良くナマで串刺しといくか」
ベッドの上、上下逆さで重ねた肉体を貫く男たち。
成績優秀な女子大生・美緒、スポーツ美少女・璃緒。
姉へのコンプレックスで妹のとった行動が悲劇を生む!
中年ストーカーに三穴を穢される絶望の肉檻!




【元の作品】

『啼きくらべ 恥辱に乱れる美少女姉妹』




可憐な美姉妹が中年男の肉罠の餌食に!
Fカップの美巨乳で容姿端麗、成績も優秀な姉・美緒。
溌剌とした健康美に満ちた美少女の妹・璃緒。
仲の良い姉妹がコンプレックスによる擦れ違いから
肉欲の権化に処女を散らされ淫獄へ堕とされてしまう!
「そんな……なかはやめ……っ、こんなのいやあッ」
(元作品のあらすじより)



御前零士さんは前回(2017年10月)の際もご登場となりましたが、慣例の通りリアルドリーム文庫時代の作品のリメイクとなりそうです。まだリアルドリーム文庫での版権が残っている状況での刊行のようでしたが、前作もフランス書院文庫X化に合わせたかのように、リアルドリーム文庫側もフェアの対象作品としているのが不思議です。
さて本作では「元の通りであれば」、フランス書院での御前零士作品としては初めての美少女凌辱ものとなるようです。こちらは412ページという分量からして、大幅に加筆されているのは間違い無さそうです。





DSKさんのブログでは、12月発売の「気になる」官能作品をピックアップなさっています。
2017年12月発売予定の官能書籍から気になる作品をDSKが独断と偏見でピックアップ!▼フランス書院文庫X※右側は底本の表紙 2017/12/13 発売若妻と誘拐犯(著:夏月憐)→ Amazonはコチラから。→ ハイブリッド書店【honto】はコチラ。(もう夫を思い出せない。昔の私に戻れない……)監禁された薄暗い六畳間にもれる若妻の呟き。誘拐犯と二人きりの密室で朝から晩まで続く肉交。志織の成熟した肉体は意に反して恥辱の絶頂へ。27歳...
2017年12月の気になる官能書籍

毎年の恒例になりました『こんな官能小説が読みたかった!2018年版』のDSKさんの書評も楽しみにしています。






◎美少女文庫

美少女文庫の方も中堅どころの作家さんで固めていて、やはり手堅い印象ですね。山口陽さんの作品は『我が家のリリアナさん』という葵渚さんのオリジナル作品がありますので、そのノベライズとなりそうです。






鷹羽シン/たくじ(イラスト)『日米俺嫁大戦 金髪処女ビッチvs.黒髪の妹巫女』




「ホウタの××、レニーの奥まで入ってマス……ワタシ、ビッチのフリまでして、やっと、バージン捧げられマシタ……。……アレ? おかしいデス。ワタシ、涙が出てきちゃいマシタ。シアワセなのに……」
青い瞳に煌めく滴を滲ませて、微笑む金髪グラマー幼なじみ・レニー。
大胆すぎる再会ハグ&キスも、爆乳を見せつける挑発コスプレ撮影会も、過剰なスキンシップデートも、スパイスーツ姿での夜這いも――全部、恋する乙女の背伸びだったのだ。
「俺も、初体験の相手がレニーで幸せだよ」
砲太は豊満ボディを力いっぱい抱きしめて、膣内の感触も肉棒で存分に堪能する。
 ――――…………
「だ、だめです! にいさまのお相手は、天孕の巫女たる、この美凪なのです!」
しかし、遠く山奥の神社から、二人の関係に嫉妬する黒髪の妹巫女が襲来して……








青橋由高/HIMA(イラスト)『僕には家事妖精(シルキー)なメイドがいます』




「絹葉の蕩け顔、見ないでくださいませ!」
屋敷や暖炉に取り憑く家事妖精の女心を奪った少年ご主人様の愛と責め。
英太郎は絹葉の両手首をがっちり握ってベッドに押しつけると、律動を激しくしてくる。
「ああいけません、顔を隠させてください」
「ダメだって、目を瞑っちゃ。いつもみたいに瞬きしないで、じっと僕だけを見つめて」
至近距離で、感じている顔を見られながら、白い貴婦人は身も心も主に捧げていく。
 気づけば絹葉はだらしなく喘ぎ、少年の腰に両脚を巻きつかせていた。
(マスターの××、また逞しくなりました。私のイキ顔に興奮してくれているんですね)
イギリスから日本へ渡って以来、妖精とも亡霊ともつかないシルキーになって以来、こんなにも人を愛しく思えるなんて……。








山口陽/葵渚(原作・イラスト)『我が家のリリアナさんと夏休み!』





「達也さんの精液、今日もこんなにいっぱい、注いでもらえて……私、とても幸せです」
両腕を広げ、満面の笑みを浮かべるリリアナさん。白銀の髪も、煌めく褐色の肌も、溢れんばかりの巨乳も、興奮をそそるお尻も、全部、アナタのもの……。
リリアナさんとの甘い甘い同棲生活も季節は夏……最高の夏休みが今始まる!
汗だく濃厚セックスに、いちゃいちゃ混浴ご奉仕、二人きりの大胆水着ショー!
何度愛しても愛し足りないリリアナさん。
時にはぬるぬるオイルマッサージで、淫魔コスプレで搾られて。
しっとり浴衣エッチでも、可愛い絶頂姿を見せてくれる……
我が家のリリアナさんは、どんな願いも叶えてくれる!

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

2017年11月刊情報

◎フランス書院文庫11月刊情報

フランス書院公式ホームページの「これから出る本」コーナーにて、11月のラインナップが既に発表されていますが、暫く登録の無かったAmazonサイトにて、榊原澪央さんの新刊がやっと登録されました。

※フランス書院文庫ホームページにて11月刊の情報がアップされたので、作品タイトルからのリンク先はそちらの作品紹介ページとしています。(11/17更新済み)






鷹山倫太郎『尼僧とシスターと僕』

尼僧とシスターと僕 (フランス書院文庫)
鷹山 倫太郎
フランス書院
2017-11-25



「マリア様、淫らな私をお赦しください……」
腕で覆った豊麗な乳房、下腹で可憐に茂る黒叢。
清廉なシスター・十和子の沐浴を覗いた瞬間から、
壮太の理性を狂わせる「最高の禁忌」が幕開いた!
欲望を法衣に隠す尼僧・芳江、純潔修道女・十和子。
二人の聖女が僕にだけ見せてくれる淫猥な素顔!



今月のインパクトある表紙第1弾ですが、川島健太郎さんが手掛けていらっしゃいます。ド直球な尼僧とシスターな組み合わせですが、個人的には誘惑作品はヒロイン二人で競い合うくらいがちょうど良いのかなと考えています。(しかしみき26歳・女子大生がいるので、ヒロインは三人かな?)楽しみですね。






榊原澪央『高慢女上司【全裸勤務】』




「偉ぶる女ほど、すぐ濡れるってのは本当だな」
デスクに手をつき、開いた股間を覗かれる美咲。
顎でこき使い、パワハラを繰り返す女上司に、
男の面子を潰された部下が牙を剥いた!
オフィスで裸身を晒し、ピストンによがる33歳。
人妻課長、女社長、秘書……三匹の淫らな社畜!



『高慢』で始まる題名は鬼龍凱さんのデビューからの三作品に共通していましたが、他の作家さんに使われるということは?というのは余談ですけど、どこかコメディな路線も窺える榊原作品なだけにパワハラを受ける主人公にあまり悲壮感を感じさせないですけどね…。表紙イラストは赤尾真代さんによるものです。

【参考作品】









水沢亜生『混浴先生 塾講師と女教師と家庭教師』




「成績アップのご褒美はお風呂でね……」
バスタオルを胸に巻き、教え子を誘った優香里は、
優しく手を添えて自らの濡れた秘部をいじらせる。
脈打つ肉棒をしごく指先、喉奥まで咥える朱唇。
びっしょり汗をかいた後は寝室で肉交レッスン。
三人の「先生」から混浴で教わる大人の愛し方!



10月に続いて新人さんがデビューとなりますが、この作者さん「みずさわ・あき」と読むようです。女優さん?と思ったのは私だけでしょうか?丹野忍さんの描くヒロインは20代後半くらいを思わせます。こちらもヒロイン三人のようですね。






北都凛『専業主婦・美帆 夫の知らない奴隷生活』




「奥さん、簡単にイッたらお仕置きだぞ」
白昼の寝室、こぼれる乳房を荒々しく揉みしだかれ、
甘蜜あふれる肉穴を犯され、何度もイキ果てる26歳。 
寿退職をして幸せな新婚生活を送っていた美帆は、
新居を斡旋した不動産屋に弱みを握られ、性奴隷に!
浴室で、リビングで続く、夫の知らない調教の日々!



フランス書院文庫Xでは過去作品の加筆修正版を出していましたが、黒本としては『新妻と誘拐犯【密室の48日間】』以来9年8ヵ月振りの新作でしょうか?(リアルドリーム文庫の作品で同じ26歳の美帆というヒロインが登場するのが若干引っ掛かりますが…。)DSKさんのブログ記事によりますと、織田nonさんによるイラストではとのことですが、確かに絵心のない私が見ても同じ方が描いたと分かるくらい特徴的であります。(公式でもアナウンスされましたので確定です。)
因みに来月フランス書院文庫Xを刊行なさる御前零士さんが帯にて、本作の推奨コメントを寄せています。

【11/11追記】いつの間にかリアルドリーム文庫での北都凛さんのこちらの作品の電子書籍での取り扱いは、ほとんどのサイトにて終了となっていました。恐らく本作の底本がこちらで、改題した上で約50ページほどの加筆と並行し全体的な修正を行ったのではないかと思われます。美帆の他にあやの34歳・人妻とダブルヒロインとなっているようです。

新妻【贖罪】 私は牝になる (リアルドリーム文庫 24)
北都凛
キルタイムコミュニケーション
2009-09-30








宗像倫『夢の女看護師寮』

夢の女看護師寮 (フランス書院文庫)
宗像 倫
フランス書院
2017-11-25



看護師寮――白衣の天使が本性を露わにする最高の楽園!
妖艶ナース・しのぶが教えてくれた秘密の初体験。
新人ナース・唯の瑞々しい奔放な美肉を味わって、
昂ぶりきった獣性は憧れつづけたナース・佳奈へ。
寮内に充満する牝フェロモンが慎司を牡へと変えていく。
すべての女を独占するまで「侵犯」は終わらない!



約1年振りの新作は「侵犯」と言いながらも完全に誘惑作品のようですし、「しのぶが教えてくれた秘密の初体験」からすると「童貞」の主人公ではないかと思われますね。今までとは違って凌辱作品ではありません。(しつこいようですが)表紙イラストは渡邉康明さんによるものでほぼ間違いないでしょう。

こちらは久し振りに渡邉康明さんがご担当なさった黒本作品です。










鷹羽真『友達の美しいママ【僕専用(おかず)】』




「一度だけ、潤一くんの思い通りにさせてあげる」
恥ずかしそうに下着を脱ぎ豊麗な裸体を晒す綾子。
四つん這いにされ貫かれれば唇からは恍惚の吐息が……
潤一の獣欲に煽られ与えてしまった38歳の完熟肉。
スマホ撮影、テレフォンセックス、コスプレ姦淫。
一線を超えた危険な関係はエスカレートしていき……



あらすじと272というコンパクトなページ数から推測するまでもなく、単独ヒロイン作品ですね。後述しますが12月には美少女文庫でも新刊が発売となります。






DSKさんのブログでは、11月の気になる官能作品を多数取り上げています。
2017年11月発売予定の官能書籍から気になる作品をDSKが独断と偏見でピックアップ!▼フランス書院文庫 2017/11/25 発売友達の美しいママ-僕専用(著:鷹羽真)→ Amazonはコチラから。→ ハイブリッド書店【honto】はコチラ。「一度だけ、潤一くんの思い通りにさせてあげる」恥ずかしそうに下着を脱ぎ豊麗な裸体を晒す綾子。四つん這いにされ貫かれれば唇からは恍惚の吐息が……潤一の獣欲に煽られ与えてしまった38歳の完熟肉。スマ...
2017年11月の気になる官能書籍








◎美少女文庫11月刊情報


ほんじょう山羊/笹森トモエ(原作・イラスト)『サキュバステードライフ 現代淫魔との同棲事情』




「ああ、すっごい! 射精されながら、奥をズンズンされるの……凄くいいわ!」
「さ、櫻待さん! 櫻待さんっ!!」
求められるがまま膣奥を抉りながら、同級生の名前を呼ぶ。
「来てっ! あああ……来てっ」
トロンッと冬子の表情が蕩けて、瞬間、射精が始まった。
サキュバスの末裔と称するセーラー服の同級生の中に多量の精液を撃ち放
つ。流しこむ。注ぎこむ。
「ああ、射精てる! あっは……幸せ」
精を幸せそうな表情で受け止めながら、冬子も絶頂に至ってくれた。
(櫻待さん、綺麗だ……)
本能のままに喘いでいる表情に、思わず見惚れる。美しい姿だった。



美少女文庫×同人サークルによるノベライズもすっかり定着化した感がしますが、今回はサークル「NANIMOSHINAI(なにもしない)」の代表作品からです。この題名は『SUCCUBUS STAYED LIFE』が正しいようですが、韻を踏まえてではないかと思われます。目次ではヒロインは櫻待さんの他に二人ヒロインがいるようです。






みかど鉄狼/米白粕(イラスト)『元勇者はロ リ エルフ村をハーレムにデキました!』




ニコラ「この、ろ り こ ん ろ り こ ん ろ り こ ん!ほら、あたしたちのちっちゃな××に××を突っこみたいんでしょ、なにが元勇者よ!」
ベリィ「はわわっ! おち×××がパンパンじゃないですか! このままじゃ、恩人のカイトさんが爆発してしまいます!」
レモン「レモンともせっくすして? レモンだけ、仲間はずれなんて嫌だもん」
社畜から魔王を倒す勇者へ転生して三百年、ず~~~っとつらい戦いと修業を続けてきた。
勇者を引退して、三人と出会って、やっとこのロ リ エルフ村で、理想のスローライフが実現できたのだ。
もう、ロ リ エルフたちとのハーレムで幸せになってもいいんじゃないか?
ベッドの上で広がる、ロ リ エルフ三人の純粋無垢な挑発ヌード!



みかど鉄狼名義での美少女文庫第二弾は、転生した元勇者と幼いエルフたちとのスローライフを題材にしたファンタジー要素満載の作品です。「デキました!」なだけにオチも何となく分かるような気はします。

※諸事情により一部ワードに改変を加えていますので、ご理解のほどお願いします。






わかつきひかる/三上ミカ『金色狼な妹と新婚スローライフ』

金色狼な妹と新婚スローライフ (美少女文庫)
わかつき ひかる
フランス書院
2017-11-20



帰ろう、妹が待つ山奥のツリーハウスへ。
両親の跡を継いで、村を守る勇者になったリヒト。
冒険の旅にも出ない村の勇者を続けてきたのは、妹を守るため……。
狼の獣人、拾い子、だとバレて村を追い出された妹のグリッタと始めた山奥暮らし。
「私のせいで……ごめんなさい」
君は謝るけれど俺は今の生活が好きなんだ。
「えへへ。幸せ。私、もう死んでもいい」
血がつながらないからこそ結ばれた初体験。
「ダメ、お兄ちゃん、私、イキそう!」
露天温泉でお湯を掛け合いながら混浴H。
「欲しいの、私、精液が欲しいの!」
 発情したグリッタのもふもふ金色毛皮を撫でながらの種付け後背位H。
やっとわかった……君を泣かせないことが俺の勇者としての役割だったんだ。



10月に刊行された『処刑姫リーゼロッテ』から2ヵ月連続での刊行となりますが、本作は元勇者のスローライフという何処かで聞いたような(以下略)、確か前にも出したような(以下略)…。

ご関係者の苦労のほどが窺えます…。

『処刑姫リーゼロッテ』は凌辱風味なのに対し、こちらはほっこりとしたわかつきひかる作品の定番路線のようですが、わかつきさんは昨年こんな作品を出していました。

わかつきひかる/八坂ミナト(イラスト)『エルフ嫁と新婚スローライフ』

エルフ嫁と新婚スローライフ
わかつき ひかる
フランス書院
2016-12-23



イラストご担当の三上ミカさんは今年の1月に刊行された作品では、サークル「アクアドロップ」での原作もなさっていました。

みかづき紅月/三上ミカ(原作・イラスト)『おやすみせっくす 僕のために眠る妹』


テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

2017年10月刊情報

◎フランス書院文庫10月刊情報

フランス書院公式ホームページの「これから出る本」コーナーにて、10月のラインナップが既に発表されています。






山口陽『本当は淫らな艶熟女 幼なじみの母、美尻社員、兄嫁』




娘の目を盗みリビングで性悦をむさぼる幼なじみの母。
お酒のせいにして牝の本性を露わにする美尻OL。
大胆衣装で豊満ボディを惜しみなく晒して誘う兄嫁。
貞淑な美貌に秘めた満たされない欲望を年下の男にぶつけ、
久々に味わう愉悦に我を忘れ腰を蠢かす36歳、37歳、39歳。
綺麗で可愛くて最高に淫ら――生唾もののおいしい熟女!




前作『お尽くしします 大正純潔娘と僕』から1年8ヵ月振りとなる新刊です。「艶熟女」というタイトルより「特選小説」誌にて掲載されていた短編を再構成したものかと思っていましたが、どうやら新作のようですね。






多久間太『嫁調教 息子の嫁、隣の嫁』




「やめて、お義父さんっ、イキすぎて、私、怖い」
息子の嫁として接するには魅力的すぎる知世。
二人きりの昼下がり、正昭が抱く劣情が暴発した! 
強制マッサージ、浴室調教、Gスポットいじり……
瑞々しい21歳の女体は、老練な性技で幾度も絶頂へ。
暴走する性衝動は隣人の美しい若嫁・梨沙子にまで!



デビューより悪魔少年、暴行集団と作品毎に趣向を変えている作者の新刊は、最近のフランス書院文庫では珍しく息子の嫁を題材としています。ヒロインの年齢が21歳と若く設定しているので、主人公である舅もそれなり初老と呼ばれるくらいの年齢かと思われます。






小日向諒『母娘休暇 てほどきは義母と美姉妹から』




弥生(38)の女膣で最高のてほどきを施された夏休み。
摩耶(26)のFカップで危険な悦びに目覚めた冬休み。
花蓮(19)の健気で清楚な魅力に溺れきった春休み。
休暇で帰省するたび僕を若牡に変貌させる美母娘。
「おっぱい見たい?」「××したい?」「何度でもして」
未亡人vs.OLvs.女子大生――甘い休日、開幕!



前作『てほどき初体験 女教師未亡人と隣りの未亡人』より4ヵ月と早いスパンでの刊行に少々驚きましたが、本作もこれまで通り斎美市を舞台に繰り広げられる誘惑作品だと思います。楽しみにしています。






上条麗南『都合のいい身体 妻の母、妻の妹は言いなり奴隷 』




「娘の代わりに私の体を自由に使ってください……」
湿ったショーツを涼子は自らずらし、濡れた秘部を晒す。
欲情の潤みを舌でねぶられ、頬を赤面させる39歳。
悪魔婿に籠絡された義母は、絶対服従の性奴隷に!
寝室で緊縛セックス、浴室でアナル姦、リビングで母娘責め。
いつしか自分から「挿入れて」とねだりはじめ……



前作『徹底服従 彼女の母、彼女の姉、義母』が約2年振りとなる刊行でしたが、本作は10ヵ月のスパンでの新作です。こちらは妻の母親と妹を題材としていますね。






なぎさ薫『したがり先生 人妻家庭教師と女教師ママ』




「今日は先生、雄太くんのために何も穿いてないの……」
捲ったスカートからのぞく白い太もも、豊かな尻……
勉強に身が入らない息子のため、親が雇った家庭教師。
やって来たのは、見目麗しくセクシーな32歳の人妻。
フェラ、手コキ、クンニ……与えられる成績アップのご褒美。
エッチな妄想が次々に叶ってゆく二人だけの密室授業!



ヒロイン設定が極めてよく似ていることから、本作は第19回フランス書院文庫官能大賞の特別賞受賞作品ではないかと思われます。そして某人気アニメの登場人物と読み方が一緒のペンネームであることから、これまでの法則に倣って既存作家さんの変名の可能性が高いのかな?と見ていますが…。そうでないにせよ非常に楽しみな作品です。






夢野乱月『甘美なる隷従』

甘美なる隷従 (フランス書院文庫)
夢野 乱月
フランス書院
2017-10-25



「君の身体に私の女である証しを刻みこんでやろう」
蕩けた真奈美の花芯を抉り抜いてくる硬い男根。
肌に食い込む緊縛、二穴責め、隷従の口上……
まだ本当の悦びを知らない25歳の肉体は、
快楽と苦痛に蝕まれ、性を開発されていくが……
調教される女の心と肉体を描く夢野乱月の新境地!



作者の夢野さんも前々作から前作までのスパンが長い割りに、前作から本作までは早い間隔で新刊となっています。夢野さんは毎作品ボリュームたっぷりな印象ですが、本作も432ページとかなり多めです。






◎フランス書院文庫X10月刊情報


御前零士『孕み妻【優実香と果奈】』




人妻の危険日を狙う 漆黒の野獣たち!

(ああ、裂けちゃうっ……あのひとより大きい)
屈強な黒人男性に組み敷かれる日本人妻。
野獣のような腰遣い、吹きかかる荒い息……
眠る夫のそばで抉り込まれる黒光りする巨根。
28歳と25歳、種付け調教される清楚妻たち!



御前零士さんはリアルドリーム文庫にて沢山の著作を手掛けてきていますが、本作もそのレーベルで出された作品の加筆修正版として発売されるようです。Amazonのレビューを拝見すると元の作品との整合性に?な意見を見掛けます。単なる継ぎ足しでない仕上がりでならば良いのではと思います。

【元の作品】









藤崎玲『美獣姉妹【完全版】』




女教師と教育実習生 ダブル牝奴隷

学園中の男から羨望の視線を浴びるマドンナ姉妹が、
教え子の奴隷にされているとは!
姉妹浣腸、アナル姦、校内奉仕……
熟臀を掲げ、責めを乞う姉に妹ができる慰めは、
美尻を並べ、恥辱を分け合うことだけだった……


※ 本作はハードXノベルズで刊行された『美獣姉妹 女教師と教育実習生』を大幅に改稿し再編集した作品です

(フランス書院公式ホームページより引用)




2005年3月にハードXノベルズにて刊行された作品を、現在のテイストに合わせた形で加筆修正なさったものと思われます。

【元の作品】









DSKさんのブログでは、10月刊行予定の「気になる」官能書籍をピックアップされた記事が紹介されています。
2017年10月発売予定の官能書籍から気になる作品をDSKが独断と偏見でピックアップ!▼フランス書院文庫X※右側は底本の表紙。 2017/10/12 発売美獣姉妹【完全版】(著:藤崎玲)→ Amazonはコチラから。→ ハイブリッド書店【honto】はコチラ。学園中の男から羨望の視線を浴びるマドンナ姉妹が、教え子の奴隷にされているとは!姉妹浣腸、アナル姦、校内奉仕……熟尻を掲げ、責めを乞う姉に妹ができる慰めは、美尻を並べ、恥辱を分け...
2017年10月の気になる官能書籍

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

2017年9月刊情報

◎フランス書院文庫2017年9月刊情報


フランス書院公式ホームページ「これから出る本」コーナーにて9月発売予定の文庫情報が出ましたが、Amazonでは9/13現在でやっと更新されたようです。書影その他が反映されたら記事を更新いたします。(もう発売まで書影更新など無さそうな雰囲気ですね。)

※タイトルからのリンク先は全て版元ドットコムさんの紹介ページとなっています。(公式ホームページの方も書影・立ち読みまで更新済みです。)






美原春人『もっとしたいの 家主母娘と女教師』




(届いてる……娘と同じ年頃の子をこんな奥まで)
膣奥を埋める肉茎、子宮を圧迫してくる長大な逸物。
夫を亡くして五年、女手一つで大家業を営む未亡人。
疼く身体をもて余し、大学生の友吾をご飯に誘うが、
我慢できず、豊乳を押しつけ、朱唇を股間へ寄せる。
姦係に気づいた美娘は、自らもつたない挑発を……



今年2月デビューで早くも3冊目という異例の早さでの刊行ですが、本作もデビュー作品からほぼ同じ甘い路線のようです。もしかすると美原さんはここまでを官能大賞に応募する予定でストックしていたとして、多少の修正はあれど商業ベースに即乗せられるのであれば大したものだなあと感心いたします。






千賀忠輔『淫獣の逆襲 女教師姉妹、そして女教師母娘を』




一匹の淫獣が、学園の秩序と風紀を狂わせた!
授業中の真面目な顔を捨て牝に堕ちる未亡人教師・響子。
引き締まった躯を晒し露出授業を強制される体育教師・茜。
保健室で調教され幾度も絶頂を遂げる養護教諭・圭澄。
クールな美貌を歪め純潔を穢されるハーフの英語教師・リサ。
22歳24歳26歳34歳――すべての美教師が牝奴隷教師に!



デビュー作品『淫獣の襲来 先生の奥さんと娘三姉妹』と同様にヒロインが4人で、しかも女教師姉妹と母娘という欲張りな主人公のようですね(苦笑)ヒロイン設定でハーフがいたり未亡人がいたりというのは分かりますが、姉妹や母娘のカップリングは誰と誰だろう?年齢からして義母娘でないと合わないよね?と余計なことを考えてしまいました。






神瀬知巳『熟女お手伝いさんと僕 ワンルームでふたりきり』




「本当にたくましくなられて……反りも長さも……」
張りつめた肉茎を指であやし、蕩けた貌を寄せる百合子。
ひとり暮らしを始めた涼一の部屋にやって来たのは、
幼い頃から身の周りの世話をしてくれた36歳の未亡人。
掃除、洗濯、料理はもちろん、ムラムラしたら性処理まで!
熟女お手伝いさん――それは夢のように淫らな「恋人」!



今年は4月に続いて早いペースでの刊行のようで、『ふたりきり』という題名は前作でもやったばかりじゃん!という突っ込みはさておき…。単独ヒロイン作品だとすれば『ふたり暮らし【義母と甘えん坊な僕】』もありましたし、果たして今回はどんな仕上がりになるのでしょうか。






御堂乱『孕蔵【くら】未亡人兄嫁と若兄嫁』




「僕の子を孕むまで義姉さんはこの蔵を出られないよ」
ねっとり突き上げられる媚肉、奥まで届く長大な肉棒。
身体をブルブル震わせ、汗の粒を雪肌に滲ませる友梨恵。
兄に虐げられた弟の憎悪は、憧れの美しい兄嫁へ!
暗い蔵の中、身も心も縛りつけた24歳にぶつける欲望。
青狼の毒牙はもう一人の未亡人兄嫁(32)へも……



最近は熟女戦隊ヒロインなどかなり尖った設定の作品が多かった印象ですが、本作では二人の兄嫁を蔵に閉じ込めて調教する凌辱作品の王道らしい展開のようですね。






弓月誠『ママくらべ 友人の母、彼女の母、僕の義母』




「他のふたりはもっと上手なフェラチオだったの?」
亀頭を唇に含み竿肌に舌をねっとりと這わせる裕子。
美和子や明奈とは違う心地よさに智之は溺れた!
三人の「ママ」に優しく施される日替わり手ほどき。
極上クンニ、甘蜜シックスナイン、騎乗位交合……
熟肉を堪能し、身も心も翻弄される性の楽園、開幕!



『喪服の女に僕は耽溺れる』以来約1年振りの刊行となりますが、弓月誠作品らしく情交場面の濃厚さと切なさを感じさせるエンディングは保証済みと言って良いでしょうね。(もしかして彼女に収斂される結末とか…?)楽しみにしています。






相馬哲生『新妻狩り、隣人妻狩り、エリート妻狩り』




柔和な笑顔が男を虜にする弁当屋の新妻・みゆき(32)
上品な雰囲気に似合わぬ豊満ボディの隣人妻・優月(30)
怜悧な美貌を鼻にかける高慢なエリート妻・櫻子(34)
美しい人妻たちを、口説いて、奪って、堕として、
手なずけ、操り、調教し、ベッドで服従を誓わせる!
夫ではない男の腕のなか、人妻は淫らな美獣に変わる!



「狩り」なので一応凌辱作品だと思いますが、相馬哲生作品は展開のあやでヒロインに主導権を奪われることも少なくないてすから、本作も主人公がねちっこく攻めていくうちにヒロインが乗り気になるかもしれませんね。ヒロインが三人と思いきや、未玖というミスキャンパスのヒロインも登場するようです。






DSKさんのブログ記事では9月の「気になる」官能作品をピックアップなさっています。

2017年9月発売予定の官能書籍から気になる作品をDSKが独断と偏見でピックアップ!▼フランス書院文庫 2017/9/26 発売新妻狩り、隣人妻狩り、エリート妻狩り(著:相馬哲生)→ → ハイブリッド書店【honto】はコチラ。柔和な笑顔が男を虜にする弁当屋の新妻・みゆき(32)上品な雰囲気に似合わぬ豊満ボディの隣人妻・優月(30)怜悧な美貌を鼻にかける高慢なエリート妻・櫻子(34)美しい人妻たちを、口説いて、奪って、堕として...
2017年9月の気になる官能書籍




◎美少女文庫2017年9月刊情報


当初は3冊刊行予定でしたが、諸般の事情?により2冊に減るようです。






朱月十話/兎塚エイジ(イラスト)『中堅冒険者と年の差パーティのごく幸せなハーレム』




とっておきの下着姿で、お尻を高く掲げてグウィンの子供を欲しがる三人の〈幼妻〉。
「冒険者も続けますが、先生の赤ちゃんならフェリアはいつでも欲しいです!」
「わらわも同じ気持ちじゃ。エルフと人間ではなかなか孕まぬからいっぱい注いでくれ」
「わぅー! アニスも、赤ちゃんつくれる!グウィンの赤ちゃん、いっぱいつくるぅ!」
 三人のショーツをそれぞれずらし、思い思いに挿入する――22歳年下の姫騎士フェリアの中へ。
80歳近く離れたエルフ・セプティナの中へ。25歳年下の天狼少女アニスの中へ!
(俺は、ただの中堅冒険者だったはずなのに、まさかこんなハーレムが待っているだなんて)
 年の差パーティギルド『灰色の狼亭』の物語はこれからも続いていく――かけがえのない幸せとともに。








ほんじょう山羊/ひなたもも(イラスト)『オカされ上手な河合さん』

オカされ上手の河合さん (美少女文庫)
ほんじょう 山羊
フランス書院
2017-09-15



「ふーん……アナルセックス、なんかに興味あるんだ。やっぱり東方くんは変態なんだ」
 言葉だけではない。春香は尻を突き出すような姿勢まで取って見せてきた。スカートの裾を捲り上げ、ギリギリ下着を見せない程度まで引き上げる。そして、とどめをひと言。
「東方くんは――ヘ・ン・タ・イ」
 ブチッ――!
「襲われるってわかってて、俺をからかってんだろ! 望み通り、変態でからかい上手な河合さんを犯してやるよ!」
 机に顔を押しつけられ、下着を引き下ろされる。尻たぶを広げられて肛門が晒される。
(東方くんって、本当に……最高ね)
 ドM系からかい女子・河合春香は、胸をキュンキュン高鳴らせる。








ご挨拶が遅くなりましたが拙ブログ開設から(もうとっくに)4年となりました。相変わらず長いだけの読み苦しいレビューで恐縮ですが、今後とも宜しくお願いいたします。

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が300冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
一部で関係者(作家さんや編集者さんなど)と思われているようですが、全くの見当違いです。
官能作品に関わる全ての方に感謝しつつ、読み続けていきたいと考えています。

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
管理人のTwitter