FC2ブログ

里見翔「相姦蟻地獄」

里見翔「相姦蟻地獄」(フランス書院文庫、2007年8月、表紙イラスト:新井田孝)

ネタバレ有り。御注意下さい。

【あらすじ】

受験を機に実母の美貴と相姦に陥り悩んでいた透は上の階に引っ越して来た奈央に興味を抱くが、そこへ友人から自分の母親の桜子を抱いて欲しいと唐突に頼まれ、会うなり積極的な彼女に溺れていく。

【登場人物】


19歳。大学受験を一浪し、今春より三流大学に入学した。実母の美貴とは今年の受験前日から定期的に体を重ねているが、何とか相姦の罪から抜け出そうと苦悶している。

美貴
39歳。透の実母で自宅から近い場所にあるブティックを経営している。158㎝、43㎏と小柄でスレンダーながらもDカップと肉感的に見える。透を溺愛し、受験前夜に彼の緊張を解すのを口実に肉体関係に陥っている。

倉田奈央
27歳。透の上の階に数ヵ月前に引っ越して来たばかり。2歳離れた弟の涼二と表面上は「夫婦」同然に暮らすが、5年前から相姦関係に陥っている。落ち着きのある性格で、透が美貴との関係から抜け出すきっかけになればと思いを寄せている。Cカップ。

長崎桜子
39歳。透の友人の母親で5年前に夫と離婚しており、現在は歯科医と結婚前提に付き合っている。再婚を阻止しようと友人から母親を抱いて欲しいと透に依頼するが…。美貴より大柄でFカップとグラマラスな体型。

【展開】

透は上の階に越して来た奈央と親しくなりアドレスを交換するも、涼二の目も有りきっかけが掴めず美貴を彼女に見立ててバックで激しく腰を遣うが、数日後友人の長崎から母親の桜子を抱いて欲しいと唐突に懇願される。

友人の言う通り桜子から積極的に迫られ関係を結んだ透は美貴との近親相姦を断つきっかけを掴んだと考えるが、実は相姦に悩んでいた美貴が桜子に依頼したもので、互いに仕組まれたものと口に出せずに2人は頻繁に情交を重ねるのだった。

秋に入りなかなか奈央と出逢う機会が無かった透だが、ある日マンションのエントランスで彼女と逢いデートの約束を交わす。数日後デートの最中に街角で涼二を見付けた奈央は激しく動揺し、透を連れて隣のインターチェンジまでタクシーで逃げる。
人目を避けるかの如く都合良く林立するホテルに入った透と奈央はこれ迄の鬱憤を晴らそうと激しく交合し、密会を重ねたある日に大晦日の晩に駆け落ちしようと約束をする。

透は別れを切り出せぬまま着飾った桜子を見て衝動的にレイプ紛いに貫くが、ある日友人から母親が歯科医と付き合っていて結婚間近なのだと聞かされ、自分とは単に遊びの関係に過ぎず、着飾ったのは暗に別れを仄めかしていたのだと知る。
一方奈央は駆け落ちに備えてスーツケースに荷物を詰めて隠していたのを涼二に気付かれ、激しく動揺し見捨てないでと懇願する弟に非情になり切れず、透に何も告げずに人目を忍び引っ越してしまう。
奈央が居なくなったと知り泥酔して帰宅した息子を介抱した美貴は、翌朝無理をする事はないと穏やかな笑みを浮かべて抱き締める。久し振りの交合をきっかけに関係を復活させた母子は、除夜の鐘の音を聞きながら2年越しの情交に浸るのだった。

【レビュー】

2007年の作品だが2000年代前半の雰囲気を色濃く残す「相姦=禁忌」を題材にしており、互いに肉欲に溺れながらもどこかで手を打たねばと主人公と母親の美貴がそれぞれの思惑から階上の部屋に住む奈央や主人公の友人の母親の桜子と関係していく。
「蟻地獄」というタイトル通り禁断の関係に踏み出す故の苦悩も描かれているが決してダークではないし、また相姦を全肯定するようなカラッとした明るさもなく、何とも形容しがたい作風である。

奈央は長らく弟と近親相姦の関係に有り主人公と同様に清算しようとしつつもずるずると続いてしまうジレンマが描かれているし、そんな人物同士をくっ付けさせようという着想は面白いと思う。
しかしこの姉弟の絡みがことある度に挟まれており、主人公でない男がヒロインとイチャイチャしたり、終盤では情けない程に奈央にすがって甘えるくだりは正直白けてしまったのでそこは個人的には残念である。

桜子は当初息子との相姦を断ち切る為に敢えて誘惑を仕掛けて欲しいと美貴から頼まれていたし、息子同士でも彼女を抱くのを依頼している。
友人が依頼した真相が明らかになるのは終盤で母親の再婚を阻止する為だが、逆算して考えると桜子は本命が居たのに主人公ともちょくちょく密会していた事になり、彼女の心理が掴めぬままなので単なる「好き者」のように見せたのはいただけない。

そして本命である筈の美貴とは序盤から相姦関係にあるとして無駄な前置きを省いた分爛れた日常が描かれていて良かったが、展開上やむを得ないとは言え終盤まで出番が少ないのは工夫の余地が有ったかもしれない。

作品全体で約250頁弱に対し10章というのは明らかに細かくし過ぎで、ある章は主人公と桜子、ある章は奈央姉弟と視点がコロコロと変わってしまい、短編を繋ぐだけになったのは残念で、あともう一歩という印象である。

tag : デビュー作品 大学生主人公 母子相姦(実)

岡部誓「年上初体験授業 美人家庭教師と二人の高校生」

岡部誓「年上初体験授業 美人家庭教師と二人の高校生」(フランス書院文庫、2007年1月)

ネタバレ有り。御注意下さい。

【あらすじ】

家庭教師の真悠子は教え子の紗貴が痴漢されたと聞くも本人に被虐願望があると見抜き言葉巧みに百合の世界に導くが、彼女を助けた少年・優一にも興味を抱き性のペットとして紗貴とも関係を持たせてしまう。

【登場人物】

今岡優一
15歳。高校1年生。奥手で気弱な何処にでも居る少年。童貞。

相沢紗貴
17歳。高校3年生。身長は160㎝前後で標準より大きめのバストを持ち、エクボが魅力的な少女。校内一の優秀な成績で百合のような可憐さを持つが、男性経験は無い。真悠子に淡い恋心を抱いている。

岩崎真悠子
25歳。母親同士が学生時代からの友人という縁で紗貴の個人教授を務めている。本職はピラティススタジオのチーフインストラクターでプロポーション抜群、最高学府である大学を卒業し才色兼備で気の強い女性。

【展開】

寝坊していつもより遅い電車に乗り込んだ優一は車内で痴漢されていた紗貴を見付け、衝動的に痴漢男を突き飛ばして彼女を助け出す。
その場は何も言えずにいた紗貴は真悠子の授業中に痴漢された事を思い出し勉強に手が付かずにいると、真悠子から言葉巧みに自白させられ執拗に手や唇で秘所を愛撫された後で絶頂に導かれる。

ある日の放課後に痴漢から助けてくれたお礼を言いたいからと優一を公園に誘い出した紗貴は、夕闇に紛れて真悠子から指示されたように手でぺニスを扱いて立て続けに射精させるのだった。
一方教え子を自らのスクールに呼び出しピラティスを教えた真悠子は紗貴の反応から約束通り優一を射精に導いたと知って満足すると、汗まみれの秘所を口唇愛撫させながら服従の印として黄金聖水を紗貴の顔面に浴びせてしまう。
数日後紗貴を使って優一を呼び出した真悠子は自宅に連れて来ると、紗貴に手コキさせた事を持ち出し自慰やクンニリングスを強制させて、自ら仕掛けたビデオでの隠し撮りを意識しながら少年の連続射精にウットリとするのだった。

こうして少年少女を手懐けた真悠子はある日親類が所有する別荘に2人を連れ出すと、海辺で互いにオイルを塗らせた後にすっかり発情した紗貴に優一の勃起をしごかせ射精に導く。
夕飯後のポーカーゲームで勝負弱い紗貴は負け続け遂に脱ぐべき着物が無くなってラビアを見せてしまい、堪らなくなった少年少女が互いに性器に触れ合っているのに便乗し真悠子もビデオで撮影しながら3人でオナニーの見せ合いをするのだった。

浴室に舞台を移した真悠子はわざと紗貴に見せ付けるかのように優一にちょっかいを出し、散々紗貴の嫉妬心を煽った後に口唇奉仕させ、優一を促して童貞と処女喪失の儀式に導く。
自らも優一に跨がり精を受け止めた真悠子は2人をペットにしたとほくそ笑むと、帰路途中のサービスエリアのトイレに紗貴を連れ込み口唇奉仕させた後聖水を飲ませてウットリするのだった。

【レビュー】

「少年少女をペットにする」という歪んだ欲望を持つ真悠子が実質上のヒロインと言える本作だが、この時代だからという作風である。現在のフランス書院文庫では滅多にお目に掛からないが、これは編集方針だろうから致し方無いかもしれない。

真悠子は本命で優等生の紗貴に対し言葉巧みに追い込んで羞恥心を煽ると共に、自らの所有物として時に黄金聖水を飲ませてマーキングしたりとかなり突飛とも言える言動の持ち主である。
言葉の節々には「お射精」や「ハメッコ」など独特の言い回しが連呼されており、個人的には淫猥さを更に強調しているように思われる。

優一に対しても終始年上の女性としての余裕で接し、本人の気の弱さも有ってペット2号(1号は紗貴)にしているが、勿論本人の望みも踏まえてのものだからこれはこれで良いと思う。

【トラックバック】

愛好家Sさんのブログ「官能小説★綺羅光作品テイスト」においても、本作をご紹介なさっています。

1474『年上初体験授業 美人家庭教師と二人の高校生』

久野一成「未亡人叔母と独身叔母と僕」

久野一成「未亡人叔母と独身叔母と僕」(フランス書院文庫、2007年11月、表紙イラスト:新井田孝)

ネタバレ有り。御注意下さい。

【あらすじ】

交通事故で両親を亡くした優哉は、田舎暮らしの佳奈子と東京で働く杏奈の二人の叔母のどちらかに引き取られる事になり、それぞれの家で同居生活を始める。

【登場人物】

小山優哉
16歳。家族でドライブに出掛けた際に交通事故に遭い両親を亡くし、自らも重傷を負い7ヵ月も入院していた。彼の保護者として佳奈子と杏奈の2人の叔母が名乗り出ており、互いの家で同居生活を始める事になった。童貞。

及川佳奈子
36歳。優哉の母方の叔母で3年前に夫を亡くしており、婚家の両親が残した洋館で翻訳の仕事をしながら1人で暮らしている。肩過ぎまで伸ばした髪にたおやかな雰囲気と、西洋人並みのグラマラスな体付きの魅力的な女性。

向井杏奈
27歳。佳奈子の妹でトレーダーの仕事の為単身で都内に住んでいる。クールで鼻筋の通った美貌とスレンダーながらも豊かなバストとヒップを持った女性。男性関係は豊富だが、現在付き合っている男は居ない。

【展開】

佳奈子に体を洗って貰う事になり、勃起に触れる彼女の手付きに焦らされた優哉は寝室で思わずオナニーをしてしまう。
優哉が寝静まった後その痕跡を見付けた佳奈子は、ティッシュに付いた精液の臭いに酔いしれながら浴室で一人遊びに浸るのだった。

数日後水辺に連れて来られた優哉は水着姿になった佳奈子のグラマラスな肢体に惹かれ、眠っている彼女にキスをしようとしてバランスを崩し怪我をする。
怪我の介抱をして貰う為小屋に移動するが、そこで我慢出来ないと佳奈子に迫り手で精を放出させてもらう。

事故の夢を見たという優哉の為に添い寝する事になった佳奈子だが、彼が寝静まった所でぺニスの感触や精液の勢いを思い浮かべついオナニーする所をタイミング悪く目が覚めた優哉に発見される。
互いにオナニーを披露し合う内に一度は絶頂するも再びエレクトした優哉を見た佳奈子は手ではもう満足しないだろうと吸茎し、迸りを口内で受け止めるのだった。

その後進展の無いまま上京した優哉は杏奈と共にプールへやって来るが、彼女の魅力に当てられて勃起してしまいそれに気付いた杏奈に触られて焦らされる。
杏奈は優哉をホテルの部屋に連れ込むといやらしい事をしてしまったという姉の告白を思い出し、対抗意識を燃やしながら浴室で再び寸止めして追い込み寝室にて手で射精に導くのだった。

翌週末仕切り直しとばかりにファッションホテルに連れられて来た優哉は、自分へ振り向かせようとする杏奈にパイズリやフェラチオで熱心に奉仕され立て続けに精を搾り取られる。
本番へ導こうとする杏奈を制し一旦は素股して貰うが、我慢出来ないとセックスしてしまう。

どちらが引き取るか話し合う為佳奈子の元へ向かった2人だが、杏奈は夕食の場で姉に酒を勧めながら言外に甥と親密だと匂わせて嫉妬心を煽る。
杏奈の計らいで佳奈子と2人きりになった優哉は彼女を寝室に連れて行くと改めて好きだと告白し、受け入れた彼女と念願の初夜を迎えると体位を変えながら立て続けに3回も情交に及ぶのだった。

【レビュー】

前作よりブランクを置いて勝負に打って出た感が窺える3作品目だが、基本的には前2作品と流れは変わらず穏やかで優しい雰囲気を湛えた作風である。

始めに引き取られた佳奈子は貞淑さを秘めた30代女性で甥に対して男を意識してしまい、終いには添い寝している主人公の脇で堪らずにオナニーしてしまう所まで弾けてはいる。ここで主人公が怪我をしていて思うようにいかないのが残念である。

次に訪れた杏奈は終始主人公をリードし時には焦らしたりと一筋縄にはいかないものの、基本的には甥の癒しになればと思慮する面から姉への想いを重視したりと優しい性格の方が強調されている。

終始控え目な描写に留まったのは主人公の両親が交通事故に遇い亡くなったという設定が尾を引いた気がしてならず、よく有りがちだが両親が海外赴任中に主人公の不注意で事故に巻き込まれ怪我をしたでも良かったような気がする。
そして佳奈子と杏奈は互いを意識する節は有るが競い合う訳でもなく、主人公の初体験が佳奈子ならともかく杏奈と素股から合体に至ったのならば尚更ハーレムな流れの方がスッキリしたと思われ、実に勿体無い終わらせ方だったかもしれない。

【トラックバック】

DSKさんのレビューブログにおいて、本作をご紹介なさっています。

未亡人叔母と独身叔母と僕(著:久野一成、フランス書院文庫)

月里友洋「邪淫の血族 美獣四姉妹」

月里友洋「邪淫の血族 美獣四姉妹」(フランス書院文庫、2007年1月)

ネタバレ有り。御注意下さい。

【あらすじ】

憧れの従姉の由真が家の為に同業の家に嫁ぐも離婚したと知った康臣は、同じく従姉の長姉の頼みで酒造に携わる事になる。再会した他の従姉妹から迫られつつも、ある日杜氏を任された康臣は由真と相思相愛の仲だと知り、結ばれる事になる。

【登場人物】

竹宮康臣
23歳。大学で醸造学を学び卒業後勤めた食品会社が倒産し、現在は従姉の須恵子に頼まれ松嵜家の手伝いをしている。三女の由真に恋心を抱いていたが、彼女が突然結婚し即離婚した事に複雑な心情を持っている。

松嵜須恵子
33歳。父を亡くした後、長女として実家の酒造会社を取り仕切っている。長年冬にやって来る蔵人の青年と付き合っており、結婚を機に独立して家を由真に譲ろうとしていたが、昨年に別れてしまい醸造の知識のある康臣に何とか望みを託そうとしている。

松嵜かのん
26歳。酒造りの家業に馴染めず、実家に暮らしながらも市内の商社に勤めており、若くして主任に就くなどやり手の様子。昔から従弟の康臣にちょっかいを出す癖が有り、久々に再会した彼に性的な奉仕を求める。Gカップのグラマラス美女。

松嵜由真
24歳。康臣と互いに小さい時から強く意識していたが、実家の窮状を救うべく同業の他社の元に嫁ぐも1週間で出戻っている。万事控えめで大人しいが、とある事情から元嫁ぎ先から援助を引き出すなど芯の強さを持った女性。処女。

松嵜奈々緒
19歳。短大に通っており、未成年ながら杜氏仕込みの利き酒が出来るおませな女性。以前付き合っていた彼氏が居たが、酒の好みが合わずに半年で別れている。かのんと共に積極的に康臣を求めるが、実は彼と両想いの由真の事を気に掛けている。

【展開】

松嵜家に来て早々に康臣に浴室で身体を洗うように求め、自分の肢体に欲情したのを知ったかのんは指遣いで絶頂を向かえ、立て続けに2回も康臣に抱かれます。

ある日杜氏から姉妹の中で奈々緒が利き酒の名手と聞かされた康臣は、彼女から純米酒の飲み比べをさせられる内に次第に彼女の胸の谷間や股の間に酒を注いで彼に飲ませ高まる内に次第に淫靡な雰囲気になるとセックスを迫り関係を持ちます。

修行に精を出し気が付けば大晦日まで禁欲生活を送っていた康臣はかのんと奈々緒に誘われ部屋で3Pに挑みますが、運悪く呼びに来た由真に目撃され最悪の雰囲気のまま新年を迎えます。

ところが杜氏が病に倒れたとの一報を聞き須恵子から杜氏になって欲しいと頼まれた康臣は自信が無いと固辞し、ふと涙を流した彼女に抱いて欲しいとせがまれ関係を持ちます。

翌日見舞いに伺った康臣は杜氏から諭され任を引き受けますが、その後に面会に訪れた由真も杜氏に諭された様子で、翌朝の酒造りの前に康臣を呼び出すと口移しで伝統の酒の味を伝授し仲直りします。
数日後由真に告白した康臣は、初めてだから優しくして欲しいと言われ結婚した筈なのにと訝ります。実は嫁ぎ先が男色趣味で全く身体に触れられず、寧ろ康臣に操を捧げたかったから好都合だったし、不正をネタに資金援助を取り付けた彼女に意外にしたたかだと感心しつつ、彼女と結ばれます。

康臣を新しい杜氏に迎え酒造りに成功したのを喜ぶ姉妹から酔った勢いで迫られた康臣は、焚き付けられ積極的になった由真と激しいセックスに至ります。

【レビュー】

パラダイスシリーズで1作品刊行していた月里友洋さんが黒本(フランス書院文庫)で唯一出版された作品です。

デビュー作品
月里友洋「若妻保母さん いけないご奉仕」

タイトルを見る限りは「邪淫」や「美獣」と付くのでいかにもダークな凌辱作品にも見えますが、実際は主人公の成長物語を交えた姉妹ハーレム作品です。

本作が発売された当時はまだハーレムものと言っても個々の攻略を終えた後に彩りを添える程度という傾向が強かったですが、青年主人公のサクセスストーリーを交えた路線は個人的には各ヒロインの色付けがしっかりしている点からもかなり好みの作風です。

しかし黒本の戦略としては他社レーベルで成功を納めているこの路線での競合を避けるかのように以降はエロ強化に傾倒していく訳で、そうした点からも割と貴重な作品だなと感じます。

メインは三女の由真だというのは始めから分かってはいるものの、前半は次女のかのんと四女の奈々緒に主導権を握られ、途中で長女の須恵子を挟みつつ、ようやく由真というお約束的な展開で、官能成分としては長女が蛇足なようにも見えます。

当時の黒本は300頁弱の分量がスタンダードなだけに本作もそれに従った形ですが、須恵子や由真の交合場面はやはり最後までしっかり描けるともう少し深みが増したかなという気もします。
プロフィール

にゃら

Author:にゃら
千葉県在住の会社員。40代を迎えましたが、まだまだフラフラと迷う日々を送っています。
フランス書院文庫を中心に官能小説だけで蔵書が200冊近くになりました。整理したいと思いつつも手離し難く、最近電子書籍に目覚めて古い本から順に移行させつつも、まだまだ購入量の方が多いといったところです。
因みに一部で広報担当だとか、出版関係だとか思われているようですが、ただの会社員ですのであしからず(苦笑)

〈誘惑官能小説〉
主にヒロイン側からのアプローチで結ばれる官能小説。「私がオトナにしてあげる」などの舞台設定が好きな方にオススメします。
自分の年齢の半分以上(!?)官能小説に触れて来ていますが、最近は趣向の多様化もあって、一口に誘惑と言っても色々と華やかになっています。
なお個人的な好みが色濃く反映されていますので、作品によっては辛めな感想になりますが、その辺はご容赦下さい。

〈コメント〉
どなたでも書き込み自由ですが、管理人が許可するまではコメント欄に反映されないので、その辺りはご理解下さい。

〈リンク・トラックバック〉
基本的にフリーですし、特にお知らせ頂かなくて構いません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR